ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

スポーツコンディショニングの課題

2014-04-12 08:18:47 | 診断即治療と虹彩学
スポーツをする時に問題になるのは姿勢で、普段から姿勢の悪い人がスポーツをすると怪我が多いようです。

60代後半の方で、後頭部痛の患者さんが来たのですが、腰椎後弯がありましたので、本人は何も言わなかったのですが、

「腰も痛いでしょう」と言うと、

「はい。ずっと前からですので」と諦めたような返事が返ってきた。

5回目の治療の時だったと思いますが、腰椎後弯が治ってきているので、

「腰はだいぶ楽になったんじゃないですか?」と聞くと、

「ええ、腰は痛くなくなりました」と言う。

その後、スポーツ鍼灸の訓練をしているときに閃きました。

骨格矯正の原理を応用してスポーツ鍼灸に組み込めば、腰椎や肩甲骨間の凝りが取れるはずだと。
それがスポーツコンディショニングで使う「徒手矯正」です。

腰椎後弯を即効的に治す方法は、前々から考えてはいたのですが、なかなか辿り着かなかった。
やっと見つけた新療法!

この手法を使うと、スポーツ鍼灸がさらに発展すると思われます。
腰椎後弯や猫背を治す方法なので、きっと多くの患者さんにも喜ばれるだろう。


スポーツ鍼灸(スポーツコンディショニング)の講習は、4月27日に行います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江口竜太郎のスポーツコンデ... | トップ | 「ロシアはウクライナを救い... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む