ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

英総選挙出口調査結果、コニー前FBI長官証言後、様子見でNYダウ8ドル高、NY外為市場で一時1ポンド=139円台へ急落(学校で教えてくれない経済学)

2017-06-09 12:09:08 | 経済学
「英ポンドが対ドルで、8日の英総選挙の出口調査予測結果を受けて前日比2%急落、1ポンド=1.2709ドルで取引された。英ポンドは対円でも下げ、一時1ポンド=139円台まで値下りした」と9日付けブルームバーグ電子版でEmmaRoss記者が書いた。8日のNY外為市場で1ドル=110.02円、1ユーロ=123.24円で取引された。NY株式市場では英総選挙やコニー前FBI長官証言の影響は見られず、様子見した。NYダウは8ドル高、21,182ドルで取引を終えた。NY原油(WTI)はバレル45.64ドルとほぼ変わらず。NY金はポンドⅠ,276.30ドルと続落した。

9日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「8日午後英総選挙投票が締め切られた。直後の出口調査結果では650議席中、保守党314議席、労働党266議席と保守党は過半数326議席維持がむつかしくなった。選挙直前の支持率で労働党コービン党首の追い上げで選挙戦開始当時あったメイ首相と一時20ポイント差が7ポイント差に迫っていたことを裏付ける結果があくまで出口調査の段階だが明らかになった。出口調査通りの結果になれば、メイ首相退陣に伴い労働党が出口調査の34議席予想のスコットランド独立党、自由民主党との連立の可能性も出て来る。」と伝えた。9日朝放送のフランスF2は「英総選挙の出口調査予想では保守党が14議席失い、労働党が34議席増える。メイ首相は保守党の議会での基盤強化、保守党圧勝を狙い、前倒し総選挙実施のリスクを取ったが裏目となった。」と伝えた。

9日朝放送の米ABCは「コニー前FBI長官が米上院情報特別委員会での証言で「トランプ氏がウソをつくかもしれないと懸念したため会ったあと車に乗ると話しの内容をメモに残した。トランプ氏がコニー氏に司法妨害したかについて聞かれたコニー氏は「モラー特別検察官に委ねる」とのみ答えた。コニー氏は「フリン氏のことはほっておいてもらいたい」とトランプ氏は話したと証言。コニー氏は「トランプ氏の私に対する捜査中止指示と受け止めた」と証言した。一方、トランプ大統領の弁護士は「コニー氏はウソをついている。トランプ大統領とコニー氏とのやり取りで、コニー氏が言うようなやり取りはなかった」と話した。9日朝放送のフランスF2は「コニー前FBI長官が8日、米議会公聴会で証言し「トランプ大統領がウソをつくと懸念しメモをようにした。」と語った。コニー氏は「トランプ氏からロシア捜査を中止するよう何度も言われた。」と話した。」と伝えた。

9日朝放送の「ワールドニュース」で韓国KBSは「文韓国大統領は北の新型地対艦ミサイル発射に対しては毅然たる態度で臨むが北朝鮮との対話は継続」と語った。文大統領は近く訪米、トランプ大統領と会談する。」と伝えたあと「崔外相候補に多数の野党が反対」と伝えた。中国CCTVは「カザフスタンを訪問中の習主席はシベリア鉄道開所式に臨席、カザフスタンが陸路のハブとしての重要な役割を果たす」と語ったと伝えた。フランスF2は「モロッコで従来より10万年古い30万年前の人骨の化石が発見された。」と伝えた。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英総選挙、コニー前FBI長官証... | トップ | 蒙色灸での治療 »
最近の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事