ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

巨針は免疫機能を高める治療法 (1)

2007-08-18 11:07:38 | 診断即治療と虹彩学
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)



虹彩分析 の勉強をすると、「免疫機能」の重要さを再認識させられる。

虹彩で変化しやすいのは、瞳孔縁から虹彩分割輪までの間で、この範囲は腎・小腸・大腸等の免疫とも関係する器官が映し出されています。


赤丸と青丸の間が免疫力とも関係のあるところです

そもそも免疫とは何かといいますと、生まれながらに人間が持っている、自己防衛機能のことで、外部から侵入してくる細菌やウイルスと戦ったり、体内で発生するガン細胞などの異物から身を守ったりする機能のことで、皮膚、腸管、脾臓、リンパ節、扁桃、胸腺、骨髄、血管などの組織が協力しあって構成されている系統のことです。

免疫機能が正常に働いてない病気に、アトピー性皮膚炎があるのですが、巨針を使うと、その場で炎症が治まり、赤くなっていた皮膚がその場で正常な皮膚に変化していくのを見ることができる。


この方はアトピー性皮膚炎ではありません。


即ち、巨針療法は免疫力を一気に上げることができる治療のひとつなのです。
ですから、巨針の技術を習得した人は、その威力を発揮させて治療効率を上げることが出来るわけです。

ただ、巨針の技術を習得するには、年単位の時間がかかるのと、少々勇気が要るのと、患者さんへの深い愛情が必要になってくるので、儲け主義の人には向かない。

巨針は、術者と鍼が一心同体になり、患者さんの痛みがわからないとできない治療だし、普通の鍼(毫鍼)と比べると、短期間に病気や症状を治してしまうからです。

それでも巨鍼療法を習得したい人が多いようですので、後2~3年もすると巨鍼の治療が、多くの都道府県で受けられるようになるかも知れないと思うこの頃です。
ジャンル:
習い事
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米公定歩合0.5%下げ、NYダウ... | トップ | ICカード定期券の個人情報... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事