ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

体温を下げる実験

2005-04-15 11:25:50 | 診断即治療と虹彩学
砂糖の入った飲食物を食べると、体が冷えることを証明する簡単な実験方法が
ありますので、暇な時にやってみてください。

1. 二つのコーヒーカップに、交互にコーヒー(お茶でも可)を注ぎます。
2. 片方には何も入れず、片方には砂糖を入れます。
3. 交互に飲んでみてください。

砂糖を入れたコーヒーは飲めますが、何も入れてないコーヒーは熱くて飲めま
せん。そして、砂糖を入れたコーヒーを立て続けに3杯ほど飲むと、胃の動きが
止まってしまい(カフェインも砂糖も関係している)、それを続けると、腸内細
菌との関係もありますが、体質によっては「胃潰瘍」を作ることもできます。

また、二つの氷に塩と砂糖をかけてみても、塩をかけたほうは融けにくいので
すが、砂糖をかけた氷は早く融けてしまいます。

塩は陽性の作用(収縮作用)があり、砂糖は陰性の作用(拡散作用)があるか
らですが、それらを我々が食べても、体内で同じ変化が起こるわけです。

すなわち、砂糖は、「冷やす」とか、「緩める」という働きがあるので、砂糖の
入った飲食物を常食していると、体が冷えたり、細胞が緩んだりするわけです。
体が冷えると、新陳代謝が悪くなり、細胞が緩むと感染もしやすくなりますの
で、いろんな病気の原因になるわけです。

砂糖を摂り過ぎているか否かは、虹彩分析のシュガーリングによってわかります。
詳しくは、診断革命の本に書いてありますが、ちょっと値段が高い。






地震や台風への義援金は、トラベルジャーナリスト寺田直子さんが熱心で、
彼女のブログのほうに詳しく載っていますので、こちらでどうぞ。




hallickの 虹彩&治療院のHP        ばーばさんの自分と社会の近未来予測 

Kenさんの経済学のもくじ           Kenさんのスケッチのもくじ



奇跡の二胡・劉鋒さんの公式HP

グリーンコーディネイトの風路北山






この絵は、幅寄せ用として、ホームページ製作のプロで、面倒見のいい
polestarさんが作ってくれたものです。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米企業業績鈍化懸念、NY株大... | トップ | 六甲森林植物園の紫陽花 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
げっ。。。 (polestar)
2005-04-15 15:25:16
HP制作って、ゲー術家のお仕事みたいなモンで、値段のつけようがないのよ、本来。

日当でもらうと安すぎるし、デザイン料取ると詐欺だし。

面倒見の良い、と書かれると値切られるぅ~ (ToT

それはそうと・・・ (polestar)
2005-04-15 15:30:04
たしかに入れ立てのブラック・コーヒーは熱くて飲めないのに、何か入れると多少飲めるよになるのは、そのせいかな?

ただし・・・わたしは砂糖が嫌いなので、砂糖入りコーヒーは駄目です。

甘いものは嫌いじゃないんだけど・・・



※ すると、夏の暑い時に甘いかき氷を食べるのはいいのかな?

暑くてたまらないときは、まんじゅうでも食べるといいのかな?

ちなみに、今日は暑い!

Tシャツ一枚でも、暑い。

夏までには溶けてなくなってるよ (←わたしがです
関西価格。 (hallick)
2005-04-15 18:43:51
polestarさんはご存知だと思いますが、関西価格というのが

ありまして、同じ商品でも関東の値札より、5~10%高く表示

されているそうです。(笑)

最初から値引きされるのを考えて、値引き用の定価が上乗せ

されているわけです。



HPの依頼を受けた時に、「見積表」を出しておけばいいのでは

ないでしょうか。(関西は関西価格で・・・笑)



ここには書いてありませんが、体温の上げ下げについては、

次回以降の記事に書こうと思っています。

土地柄にもよるのかな・・・ (polestar)
2005-04-15 22:18:34
そういえば、そうですね。

静岡の人は

「値切ることを恥」

と感じる土地柄でして、値切ると下品と思われます。

逆に関西に行くと

「ねぎらなアホや」

と笑われる。



親切とか良心的とか面倒見がいいっていう言葉が、

「サービスで、タダが当たり前」

と勘違いされるのは怖いなーと思ったの。
土地柄かも。 (hallick)
2005-04-16 07:47:03
「面倒見がいい」とか「親切」とか「良心的」というのは、「値切る」

とか「タダにしてもらう」という意味ではなく、親身になって物事を

してくれる人の修飾語として使っているのですが・・・。



例えば、大工さんに棚を作ってもらったとします。

大工さんが、「棚を作った材料の余りがありますので、まな板作って

おきましょうか」(5分~10分程度の仕事)とまな板を作った時、

発注者側は、「頼んでもないことを、材料が余っているからと言って、

気軽に作ってくれた」ということに感謝して、「あの人は、面倒見が

いい」とか「あの人は優しい人だ」というわけです。



勿論、大工さんが、まな板制作費を請求することはないのですが、

大工さんとしては、「素人では、余った材料は捨てるだけだから、

まな板で喜んでもらえるならいいや」と思っているわけで、発注者

も「材料が余ってもったいと思っていたら、思わぬプレゼントだ」と

喜ぶわけです。



これを面倒見がいいとか、親切だと言っているわけです。

これ、全てpolestarさんが和尚さんや私にやっていることなのです。



Polestarさんは関西のこともよく知っているので、今更説明の必要もな

いと思いますが、関西、特に大阪では、「値切る」というよりも、交渉

する時間を遊んでいるように思えるのです。



例えば、お店で買い物をする時に、「1万円です」と言われたら、

「あ、そー、それでナンボすんの?」と、定価を無視して質問をします。

それはほんとにデパートでも一緒で、とにかく「値引き交渉」から始ま

るのです。



店員「お客さんは目が高い、これはいいですよ、たった1万円ですから」

お客「ほー!で、ナンボにしてくれんの」

店員「またー、これはもううちでギリギリで、ほんまカツカツですねん」

お客「キョービ(この頃)、定価で買う人おらへんで、9千円にしとき!」

店員「いやー、それではうちは赤出してしまいます。9800円で・・・」

お客「それでは、ヤスーしたことにならへんがな、9200円ではどうや」

店員「よっしゃー勉強させてもらいましょう。9500円ではどうですか」

お客「しゃーないなー、9400円なら買うわ、負けへなんだら要らんわ」

店員「わかりました。では中とって9450円で頼みますわ」



てな感じで、周囲で見ている人たちも、その交渉の技術(?)を見学して

楽しんでいるのです。



ひどい人は、料理店で5千円程度の食事をした後でも、「負けてーや」と

交渉を始めますが、私にはそんな勇気はありません。

それどころか、きれいなお姉さんに「はい、ありがとうございます。

4800円になります」と言われたら、思わず「安いなー、お釣りはいいよ」

と言ってしまいそうになります。(笑)



もっとひどい人を見たことがあります。

食事をしながら、ウエトレスを呼んで、「ちょっと悪いけどタバコ忘れた

んや、コックさんから一本もらってきて」だって。

あれにはびっくりしました。

あれは関西でも「恥」とみなします。



ウワー!すごく長くなってしまった。

うんうん、御意。 (polestar)
2005-04-16 08:55:13
材料が余っていれば、どんなお客様にだって、まな板一枚 (わたしの場合は、その時々によっていろいろ) はプレゼントしたい気持ちはあるけれど、

「それがない」

と文句を言われてもとっても困るのでHPには何も書いていません。

が、クリスマスの時期に注文をくれた人にはクリスマスプレゼント、バレンタインの時期なら小さなチョコレート、その他の時期でメーカーからの販促品がある時は100%お客様に還元したいと思っています。

わたしが個人で使っても、意味ないですからね。

今までのプレゼントの中ではNTT特製Tシャツというのが一番豪華だったかな。

注文された商品より高価だったかも(笑

ここにはコッソリ書くけれど、もらえない人には不満でしょうし、

「もらえるとわかっていたら注文したのに・・・じゃ、二度とオタクには注文しない」

という反応に出てしまう場合もあります。

親切が仇になることも多いし、余計なことをしたために

「あのまな板、あと十枚欲しい。お金は払う」

などと言われても断るしかない場合もある。

断られると、やっぱり気分のいいものではないのが人情。

商売に関しては、わたしは交渉が苦手と自覚しているので、一切の交渉には応じないことにしています。

わたしの商売で もし交渉に応じれば、『術』の上手な人が得をして純朴な人ほど損をすることになりますから、『駆け引きはしない』 をモットーに仕事をしています。



え?

と、驚くかもしれませんが

「高く買って安く売る」

これがわたしの基本理念です。

具体的に言うと・・・メーカーから提示された値段より、高めに交渉するのです。

「500円にしてあげますよ」

と言われても

「580円でいいです」

と答える。

メーカーからは不思議がられますよ(笑

昨日は単価10円20円で競る商品の買い付けの端数を60円にしたら、先方から50円ですと言われて驚きました。

こっちは60円払うって言ってるのに、50円にしてくれとは、どういう魂胆なのかと思ってしまいました。

(間を取って55円という交渉もできるし、このご時世なのに、十銭単位の計算が出てくる業界です)

薄利多売の10円って、大きいんですよ!

千倍で10,000円、万倍で100,000円ですからね・・・



逆に、お客様に対してはこれ以上安くしたら赤字が出るという価格を、いつでも提示していますので、そこからの値引きということは到底できない数字と(ある意味自信を持って)提示しています。

これは、交渉が上手な地域の方と、下手な地域の方との価格差をなくす為と、やっぱり自分の為ですね・・・交渉されると、わたしは弱いんです。

だから、大阪商人が値切り倒した値段で、はじめっから白旗振って商売しています。

そうすると、人の足下を見てくる相手が、とても良くわかります。

たとえばメイン取引先のメーカー某など(笑
体温を下げるという話題 (polestar)
2005-04-16 08:57:53
メートルはあがってしまった? (笑
話題をかえようかな。 (hallick)
2005-04-16 09:13:11
体温が上がる話にすればよかったかな。

いやいや、これは血圧の上がる話がいいかもねー。



あ、でも大阪の人は値段については敏感なところがあり、

「ここは値切れない」と察知すれば、交渉はしないと思います。

私も交渉は苦手で、よっぽどでないと「安くして」って言えない

のです。



でも、中国へ行くようになってからは、そうでもないかな。

中国では10m行くと10倍も変わっていることがありましたからね。

10倍ですよ、10倍。

それを中国の友達に話したら、「すぐ外人ってわかるからだ」と

言われました。

「なんで外人は10倍なの?」って思いましたが、深く考える必要

のない値段でしたので、笑って忘れました。

あわせて読む