ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

地政学的リスクからNYダウ113ドル安、メイ英首相、英総選挙,前倒し6月8日実施好感、英ポンド急伸

2017-04-19 12:15:18 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「メイ英首相が6月8日に総選挙を実施する方針を表明した。18日のNY外為市場で英ポンドが6ケ月ぶりの高値、1ポンド=1.2841ドル、2.2%高と急伸した。ドルは対円で売られ1ドル=108.43円で取引された。英国が欧州連合(EU)離脱交渉に臨む上で総選挙実施はメイ首相にとって基盤強化のチャンスになると受け止められた。17日の世論調査によれば、保守党の支持率は44%,23%の労働党を21ポイント上回った」と19日付けブルームバーグ電子版でAlexandriaArnod記者らが書いた。金融市場では、債券が買われ利回りが低下、ドルが売られた。日本円は対ユーロで1ユーロ=116.30円で取引された。NYダウは欧州の株安の流れを受けて反落、NYダウは113ドル安、20,523ドルで取引を終えた。ゴールドマンザックスなど金融株が下げをリードした。NY原油(WTI)は続落、バレル51.41ドル、NY金は続伸、オンス1,291.70ドルで取引された。

19日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「メイ首相は2020年実施を予定していた総選挙を6月8日に実施することを閣議決定したと語った。」とトップニュースで報道したと伝えた。英BBCは「政府も国民も驚いています。EU離脱に向けて後押しを必要としていた。労働党は圧力をかけていた。メイ首相はEU離脱をより確実により安定化するためだ。全ては国民のために考えを変えた。今は政治ゲームをやっている時でない」と話した。メイ首相は一貫して2020年まで総選挙はないと述べていた。議会では2/3の賛成が必要になる。労働党も賛成の意向である。承認される見込みである。直近の世論調査で支持率は保守党44%労働党23%となっている。英国のEU離脱には国民の40%が反対している。」と伝えた。

19朝放送の香港TVBは「18日、日本を訪れたペンス米副大統領は日本の安倍首相と会談した。記者会見の席上、ペンス氏は『アメリカは北朝鮮に圧力をかけ続ける。トランプ大統領が今ここに来ていても同じことを言うだろう。日本、韓国、中国に協力を求める。平和は力なしには得られない。北朝鮮の非核化に日本、中国と密接に連携して行く決意だ。』と語った」と伝えた。19日放送の中国CCTVは「18日、習国家主席は中国軍事委員会で演説し改革を進め、軍事力強化をさらに進める。世界一流の軍隊に高めなければならないと話した。
習国家主席は一帯一路世界フオ―ラム会合を開催する。110ケ国が参加する予定だ。メディア含めて1,200人の参加を予定している。」と伝えた。

19日朝放送のドイツZDFは「トルコ国民投票結果は無効であると野党代表が声明を出した。一方、トルコユルドウム首相は『選挙結果は既に決まった事実である』と述べた」と伝えた。19日朝のフランスF2は「テロ計画容疑者2人を18日拘束した。フランス警察当局は数日前から2人を監視していた。容疑者はトルコ系の男でクレマン(23)、メラル(29)で自宅から武器、爆発物が発見された。大統領選挙戦立候補者を狙っていた。」と伝えた。豪ABCは「外国人長期滞在者を制限する」とターンブル首相は18日語ったと伝えた。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森田登代子さん大いに語るat... | トップ | 歯科でのスカルセラピーを試... »
最近の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事