ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

むくみの見分け方と家庭療法

2005-04-21 10:20:25 | 診断即治療と虹彩学
お笑い小噺に人気 があるようで、ネタ探しに苦労しそうですが、続けられる間は
続けるつもりですので、よろしくお願い致します。


では、本題に入ります。
昨日、上瞼が浮腫むのは腎臓で、下まぶたが浮腫むのは膀胱、手足が浮腫むの
は心臓という話をしましたが、症状が現れるのは、陰陽のどらかが優勢になっ
ているからで、調和している時には症状は現れないものです。

ということは、浮腫みの反対もあることが考えられるはずで、反対の症状とは
何かと言いますと、「萎む」(しぼむ)です。
これも本で読んだことはないのですが、陰陽を考えながら臨床をしていると、
自然に見えてくるのです。

「老化とともに上瞼が下がってきた」なんていう話を聞いたこともあると思い
ますが、老化とは「萎む」ことで、 陰性の拡張作用に対して、陽性の収縮 とい
う現象が現れ、萎んでくるわけです。

すなわち、「浮腫む」とは、陰性作用で腫れていることであり、「萎む」とは陽
性作用で収縮して「萎える」(なえる)わけで、具体的には「シワ」になり、垂
れ下がります。その時には、腸も垂れ下がっている場合が多いので、腸を整え
る目的で、ミネラルスープ等を使うといいようです。。

この場合に、 食事療法 を実行するとすれば、浮腫みの出る人は陰性の強いコー
ヒー、アルコール、砂糖、酢の物、南国で取れる農産物等で作られた飲食物を
避けて、中庸の食物を選んで食べるようにし、「小豆コンブ」というのを食べ、お茶
の代わりに「梅醤番茶」を飲みます。

萎んでいる人は、陽性の強い塩分を少し抑えて、肉や魚の動物食を控えて、少し
陰性な食物を摂るようにします。
(野菜サラダや少量のアルコール程度を摂り、砂糖や果物は骨や甲状腺を壊し
ますので摂りません)
そして、HPにある家庭療法の「太もも踏み」「足浴」をします。

また、瞼も手足も浮腫むという人がいますが、腎臓が主なのか、心臓が主なの
かを見分けるには、足の脛骨(けいこつ)の平面になったところをしばらく
押さえて、指を離した時の状態で判断します。



指を離しても、指の形が残っているようであれば腎臓で、指の形は消えるが、
撫でてみると中のほうで窪みがあるという場合は心臓からきています。
腎臓からの場合は、上記の「太もも踏み」や「足浴」のどちらでもいいのです
が、心臓からきている浮腫みの場合は、心臓に負担がかかりますので、足浴は
しないでください。

※腎臓か心臓かを判断するには、虹彩分析のほうが正確であることを付け
加えておきます。

心臓からきていると思われる場合は、胸の真ん中にある「ダン中」というツボ
を押さえてみて、痛みがあれば、そこに線香かタバコを近づけて、熱くなった
ら離す、熱さが冷めたらまた線香を近づけるというようにして、10~20回ほど
行います。



ダン中のとり方は、乳頭と乳頭を結んだ線上で、正中線と交わる辺りに指1本
を当て、上下に動かしてみて、痛みのあるところを探します。
注意:おばあさんの乳頭は垂れ下がっていますので、だいたいの目安で行って
ください。(←ほんとは、こんな冗談みたいなことまで書きたくないのですが、
最近は何でも質問をしてくる人がいますので、敢えて書きました)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国:今年1~3月期GDP9.... | トップ | NY株式はお天気相場:米国... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日もむくんでますw (oga)
2005-04-21 16:20:10
『お笑い小噺』よませていただきましたw

全部おもしろかったけど、中でも『子供の体温』が ウケタ><

本当の話???

「平熱」の意味も分からない親がいるんですね・・・・w

ツッコミを入れた後、ツッコミ返してきたその患者さん・・・

やっぱり関西はいいなぁ☆

けれどある意味心配な部分も・・・・・

平熱の意味が分からないってことは、子供の本当の平熱も知らないのだろうか?

アタシはせめて平熱くらいの意味・・・じゃなくて子供の平熱を把握しているお母さんになりたいですw
ogaさんへ、 (hallick)
2005-04-21 18:24:21
子供の熱の話は、私の友達が市の保育園に勤めている時の話で、

保育園に医師が訪問してきて行う「健診」での話です。



これは、母親が突っ込みを返したのではなく、医師が精神病の患者

さんを連れてきたと思われたそうで、カンカンに怒っていました。(笑)



「平熱」の意味を知らないのは、自分や子供が元気な証拠なのですが、

ちょっとこれでは困りますよねー。



「お笑い小咄」は少し「下ネタ風」になってしまいましたので、若い

お嬢さん方には、読みにくいかも知れません。



ご了承ください。
ダブルパーンチ! (彩色)
2005-04-21 21:55:34
hallickさんの記事を読んでいると、

私、もう少し歳を重ねたら、一気に体に症状が表れそうだわーと心配になります。。。

浮腫みと萎みのダブルパーンチが・・・。

でもまだ、今は若さピチピチですからねっ!(とか言っているうちに、すぐに体が動かなくなっちゃいそー。あっ今でもちょびっと危なー)





お笑い小咄、良いですね~

毎回楽しみにしてるんですよ。

私もちょーっぴりネタに貢献できたようで、嬉しいです!

って、私じゃなくて、Tバック表記を使用した人のおかげですねー。





今日、hallickさんから例のレポートが届きました。

本当にありがとうございます!

これから、読ませてもらいます。

彩色さんへ、 (hallick)
2005-04-22 00:03:53
>私、もう少し歳を重ねたら、一気に体に症状が~



急いでも重ねられないのが歳で、嫌がおうでも重なるのも歳です。

ここに書く記事は病気や治療の話が多いので、こんな記事に

なってしまい、読んだ人は、「あっ、こんな症状ある!」なんて思

うこともあるかも知れませんが、基本は、「食欲がある」「快眠」

「快便」「毎日楽しい」が揃っていれば、健康に心配ないと考えて

いいでしょう。ただし、彩色さんの年齢では、です。

ですから、ご心配なく!



「お笑い小噺」を読んで頂いて、ありがとうございます。

彩色ちゃんのネタも使わせてもらいましたが、あれは何度考え

てもヒットですよね。(←いつの間にか彩色「ちゃん」になっている)

ありがとうございます。



よっぽど彩色ちゃんのブログにリンクさせようかと思ったのですが、

HPはいろんな人がアクセスしてきますので、なにかあったら

困ると思ってリンクは避けました。



レポートが無事届いたようで良かったです。

お役に立てば嬉しいです。

あわせて読む