ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

米企業決算発表支援NYダウ一時130ドル高も利上げ観測台頭、77ドル高で終了、ドル買われ1ドル₌104円台回復

2016-10-25 11:00:17 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「米国は1898年のフィリピン侵攻と暴力による制圧を償っていない。米国と訣別すると宣言したドゥテルテ大統領の愛国心は、フィリピンの左派寄りの政党に共通するこうした思いを映し出している。植民地支配が残した傷跡だ。71歳のドゥテルテ大統領はミンダナオ島の州知事の家に生まれた。そこはカトリック教徒が圧倒的に多い地域にあってイスラム教徒が多数占めていた。」と24日付けWSJ紙電子版でTreforMoss記者が書いた。25日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」でフィリピンABS-CBNは「ドゥテルテ大統領のアメリカとの決別発言後、フイリピン訪問中のラッセル米国務次官補との会談を終えたヤサイ比外相は『フィリピンはアメリカとの関係は従来通り維持する』と記者会見で語った。ラッセル氏は『アメリカは困惑している。ドゥテルテ大統領の発言はフィリピン単独の問題ではない。他の同盟国を狼狽させている。』と語った。」と伝えた。ドゥテルテ大統領は25日日本を訪問する。26日に安倍首相と会談を予定している。ドゥテルテ大統領が日本でどのような発言をするか注目されるとNHK/BS「キャッチ!世界のトップニュース」が伝えた。

「EUが悩むカナダとの貿易協定、そして自らの将来」と題して24日付けWSJ紙電子版でSimonNixon記者は「EUの問題は、民主主義でなさすぎることではない。民主主義的でありすぎることだろう」と書いた。NHK/BS「ワールドニュース」でドイツZDFは「EUとカナダとのCETA(包括的経済貿易協定)が人口350万人ベルギー南部ワロン地域の反対で当初予定されていた5億のEUとカナダとの調印が延期される見通しとなった。ワロン地域議会は反対する農業関係者を説得しているが成功していない。トスクEU大統領は締結をまだ諦めていないと語った」と伝えた。一方、フランスF2は「俗にいうジャングル、カレー難民キャンプ解体が25日に始まる。難民分散が24日始まった。あくまで一時的措置である。一端分散して収容されるが来年4月までには他に出て行かなければならない。」と伝えた。英BBCは「フランス、カレー、ジャングルには2,000人が収容されている。他の場所に強制送還される難民を乗せたバス60台が24日未明出発した。行き先は明らかにされていない。難民の大部分がイギリスを希望している。イギリスに家族が確認されれた200人の子供はイギリスに送られる。」と伝えた。アジア関係では25日朝放送の韓国KBSは「朴槿恵大統領は任期中に憲法改正するよう国会に要請した。現在の大統領5年制度は政策の継続性を損なう。1948年に出来た制度である。企業は安定した投資が出来ない。一貫性がないため北の脅威を許している」と朴大統領は憲法改正の必要性を訴えたと伝えた。中国CCTVは「ドゥテルテ大統領と習国家主席との間で南シナ海問題を一時凍結する。中国赤十字は台風被害に10万ドル支援を決めた。中国政府は積極的支援を決めた」と伝えた。

24日のNY市場では米企業業績堅調を材料にNYダウが一時130ドル上げた。後場に入り年内利上げ観測が強まり77ドル高、18,223ドルで取引を終えた。NY外為市場では利上げ期待からドル上昇、1ドル=104.31円、1ユーロ=113.38円でと取引された。NY原油WTIはイラクが適用除外を求めたためバレル50.12ドルへ反落。NY金は1,262ドルへ下落。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本画家、森田りえ子さん大... | トップ | 「減産はロシアの選択肢にな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む