ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

NYダウ34ドル高、10営業日続伸、過去最高値更新、一方、ドル売られ1ドル=112.68円

2017-02-24 11:15:56 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


トランプ米大統領は23日、米製造業幹部と会談、雇用創出を強調した。GE,ダウ・ケミカル、ロッキード・マーチンなど米大手幹部20人以上を招いて非公式会合を開いた。企業幹部は税制、貿易、規制、インフラ4項目の作業グループに分かれて意見交換したと24日付けWSJ紙電子版でTedMann記者が書いた。TedMann記者は「ジョン・ケリー米国土安全保障長官はティラーソン米国務長官とメキシコを訪問し、米国の移民政策と国外退去措置の強化をメキシコ側に説明した。ケリー長官は米国は移民対策で軍事力を使うことはないとの見解を示した。」と書いた。24日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」でスペインTVEは「ティラーソン国務長官とケリー国土安全保障長官がメキシコを訪問、ビデガライ外相と会談した。ケリー長官は不法移民は厳しく取り締まるが大量の強制送還はおきないと語った。メキシコ国民でなくても違法行為があれば送還するとの発言があったことで新たな火種となっている。メキシコ政府との話し合いは今後も継続される。」と伝えた。豪ABCは「米国閣僚とメキシコ外相が会談した。トランプ大統領の発言でメキシコ米国関係は悪化していた。アメリカ政府はメキシコ間での事態の鎮静化を図ろうとしている。」と伝えた。

24日朝放送の韓国KBSは「北朝鮮通信は22日、韓国政府はマレーシアで北朝鮮男性が毒殺されたと初めて伝えた。金正男氏殺害には一切触れていない。一方、ある大国は米国に振りまわされていると中国を非難した。中国は北朝鮮から石炭の輸入中断を発表した。友好国である中国を非難するなど支離滅裂の状態にある。一方、マレーシア政府は北朝鮮との断交もありうる。外交官特権のない航空会社職員の逮捕を強行することを示唆した。」と伝えた。中国CCTVは「米国際貿易委員会は中国からのタイヤ製品に反ダンピングが認められなかったと発表した。今回の決定は中国と米国がウイン・ウインの関係にある証だ」と伝えた。上海、東方衛視は「北朝鮮は金正男死亡と認めていない。遺体引き渡しもマレーシア政府に求めていない。」と伝えた。香港TVBは「北朝鮮とマレーシア関係が緊張状態にある。北朝鮮はマレーシアに隠すことのないよう要請した。」と伝えた。タイMCOTテレビは「タイから中国への輸出が前年比34.4%増加した。一方、中国からタイへの輸入は0.4%増にとどまった。タイ輸出の急増は中国との国境貿易が整備された結果である。」と伝えた。

24日朝放送のドイツZDFは「イラク政府軍は米軍の協力を受けてイラク、モスル奪還に前進した。一方、第4回目のシリア和平協議がジュネーブで23日開催された。アサド政権側、反政府側が同席した。しかし、早期解決のめどは全く見られない。」と伝えた。フランスF2は「フランス大統領選挙戦でバイル氏がマクロン氏支持に回る。現在までの支持率はルペン氏26.5% ,マクロン氏22.5%、フィオン氏20.5% ,バイル氏5%となっていた。」と伝えた。

23日NY市場でNYダウは34ドル高、20,810ドルと10営業日続伸。NY外為で円買いが進んだ。1ドル=112.68円、1ユーロ=119.18円で取引された。NY原油(WTI)は原油在庫減でバレル54.45ドルへ反発、NY金はドル安でオンス1,250.20ドルへ上昇した。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エキテンさんへの広告で ア... | トップ | トランプ米大統領の28日米議... »
最近の画像もっと見る

経済学」カテゴリの最新記事