ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

妊婦の悩み―逆子(さかご)・・・連載8

2005-10-15 08:19:30 | 診断即治療と虹彩学
先日、当院へ来られている方から、奥さんの逆子で相談を受けましたので、足の小趾の「至陰」(しいん)というツボへのお灸を教えました。



そのご主人が、家へ帰ってから、奥さんにお灸をしたそうですが、かなり熱かったらしく、「その後はお灸をさせてくれません」と言うので、奥さんも当院へ足を運んでもらい、お灸をしながら「このお灸は、非常に有名な逆子の灸で、当院でもこのお灸で何人も逆子を直してきたので、続けてみたらどうですか」と話しておいた。

それから、一週間ほど過ぎたでしょうか、旦那さんから以下のようなメールが入りました。


妻は検診だったのですがお陰様で逆子が治っていたみたいです。さすがに驚きを隠せない様子です。どうもありがとうございました。お灸はこのまま続けた方が良いですか?また教えてください。よろしくお願いします。


こういう報告があると、一日中ニコニコしてしまう。(笑)


久々の「妊娠出産に関する記事」ですので、連載のURLを入れておきます。
連載1  2  3  4  5  6  7


妊婦出産に関する用語は、こちらの辞典でどうぞ。
妊婦さんから出産経験者のお話もあるから、わかりやすいよ。


質問はあるが、ここには書けないという人は、こちらのメールでどうぞ。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二ユーマネー、団子三兄弟が... | トップ | NYダウ2週間振りで上げる:... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む