ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

パソコン使用での目の痛み

2008-11-27 09:06:31 | 診断即治療と虹彩学
パソコンを長時間使用していると目が痛くなる時がある。
パソコンの種類や、眼鏡のあるなし、或いは使う時の環境等々によって痛み方は違いますが、目の構造で観察からすると、結膜に異常が起っている。

下の写真は、パソコンを8~9時間使用した後に、
「眼球が脹れたように痛い」
と訴えてきた人のスクレラ写真ですが、結膜が脹れているのがよくわかる。





こんな場合は、心包経と腎経で治療するのですが、あと少しポイントになる治療点と治療法がある。

虹彩やスクレオロジーで体を観ていると、いろんなことがわかってきたのですが、最近、おもしろい治療法を見つけてしまった。

それは、ツボを使うのですが、従来からあるツボを使うもこともあれば、新たに設定したツボを使うこともあり、それらのツボを使えば、歯科医が悩む「神経を抜いても痛む歯」の治療にも十分使える。
一経絡に一つのツボだから、任督を入れて14のツボを覚えれば治療が可能になる。
しかも、忘れようとしても忘れられないほど非常に覚えやすい。(^o^)
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米公的資金注入拡大でドル95... | トップ | 神戸ワイワイ会:有田民宿「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む