ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

トランプラリー継続、NYダウ68ドル高、過去最高値更新、ドル買い一服もドル先高感優勢

2016-11-26 10:30:28 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


感謝祭明けの25日のNY外為市場ではドルが対円、対ユーロ共に小幅下げた。対円では1ドル=113.06~10円、1ユーロ=119.72~82円で取引された。ただ、ドルはここ3週間では1995年以来最大の上げ幅だった。ドルは対円で10%上昇した。ドナルド・トランプ次期米大統領がインフレと成長加速につながる政策をとれば米国債利回りと日本国債利回り差から2017年は1ドル=120円とソシエテ・ジェネラルグローバルストラテジスト、キット・ジャックス氏は話したと26日付けブルームバーグ電子版でChikakMogi記者、AnchaleeWorrachate記者は書いた。NY株式市場では感謝祭明けの短縮取引だったがNYダウは68ドル高、19,152ドルで取引を終えた。債券を売った資金が株式市場へ流れている。来週はGDP統計、雇用統計、製造業活動指数が発表される。景気回復の手係りが示される。株価の上昇維持には企業利益拡大が欠かせないと26日付けブルームバーグ電子版でAnna-LouiseJackson、LuWang記者が書いた。一方、NY原油(WTI)はOPEC総会で減産合意ができないとの観測から売られ、バレル46.01ドルへ反落した。NY 金はオンス1,178.28ドルと安値圏で取引を終えた。

26日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で韓国KBSは「朴槿恵韓国大統領の支持率が4%、不支持率が96%と韓国ギャラップが25日発表した。26日、20万人を超える朴大統領退陣要求の大規模デモが予定されている。12月2日に朴大統領弾劾決議を野党と与党一部議員で進めている。」と伝えた。11月29日付けのニューズウイーク誌日本版では「朴大統領の支持率は下がっているが、与党並みに野党の支持率も下がっている。ポスト朴の未来像を建設的に議論しようとする空気は今のところ韓国社会にない。徒労感や虚無感を打ち破りたいためただ『打倒、朴』を叫ぶ。韓国人は『ウリナラ』という言葉を使う。ウリ(私たち)のナラ(国)。自分たちが所属する「ウリ組織」「ウリ団体」の理想や理念を大規模デモにぶつけているだけだ。」と前川祐輔ニューズウイーク、ソウル編集部記者が書いていた。

26日朝放送の英BBCは「感謝祭翌日の金曜日、ブラック(黒字)フライデーのロンドン市内の買い物客はまばらだ。ネットによる買い物が40%に達したことが影響しているようだ」と伝えていた。26日付けのブルームバーグ電子版でLindseyRupp記者、SarahVery記者は「小売り世界最大のウオールマートは今年、電子商販売を2300万商品へ3倍に拡大した。感謝祭の一日のウエッブサイトへのアクセスの約70%がモバイル端末からだったと発表した。電子取引のアマゾン・ドット・コムに対抗するためウオルマートなど小売店は値引き幅を拡大、同時にオンライン販売での品ぞろえを拡充している。」と書いた。

26日朝放送のフランスF2は「フランス共和党大統領選挙予備選でのフイオン氏とジュペ氏とのテレビ討論会はお互いに攻撃し合うこともなく静かに終わった」と伝えた。英BBCは「EUが議決したトルコのEU加盟交渉凍結にエルドアン大統領はトルコに住む300万の避難民に国境を開放すると語った。」と伝えた。日本は表向きは不気味なほど静かだ。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨床実践塾の準備で次々と実... | トップ | きょうのセミナー会場は「た... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む