ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

巨鍼の威力。首が左に回せない。頭を後ろに倒せない。膝が痛くて歩けない。

2013-10-04 09:15:42 | 診断即治療と虹彩学
久々にホームページを更新。こちら↓

10月27日の 巨鍼療法講習会案内 を載せました。

今回の講習は、最近の臨床でインパクトのあった臨床の解説をさせて頂きます。
明日からすぐに使える臨床例になると思います。

勿論、講習前日までにインパクトのある臨床例があれば、それも紹介します。
注視してほしいのは、「どのような場合に、どのように考え、どのように治療するか」です。

則ち、私がいつも口癖のように言っている「客観的診断と再現性ある治療」を論理的に解説できるようになってほしいと考えているわけです。

また、今回の講習では講義にも慣れた浜屋鍼灸院の 浜屋俊先生 にも講義をしてもらいます。

実技は新城がします。(^―^) ニコリ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白の彼岸花(スケッチ&コメン... | トップ | 「決められる日本、決められ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む