ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

虹彩でわかること・・・臨床連載―46

2005-09-02 11:59:07 | 診断即治療と虹彩学

     虹彩分析図≪無断使用禁止≫



虹彩分析でわかる主な範囲は、以下のようなものです。
「虹彩学で病名がわかる」ということはありません。

1. 体質の強弱と病気の予兆
2. 好んで食べた食物
3. 系統的な臓器器官の強弱
4. 炎症とその位置
5. ある種の薬品投与の経歴
6. 過去の病因と修復の有無
7. 病気の根本的な原因
8. 病気の根本的な治療方針

虹彩で分析できない事柄は、
1. 特定の栄養素の過不足
2. 現時点での病名や妊娠の有無
3. 過去の手術や怪我
4. 精神的な障害
5. 慢性的な骨格系の障害
6. 余命
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風が吹けばおけ屋が儲かる?... | トップ | お多賀さんでイベント »
最近の画像もっと見る

あわせて読む