ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

足が痛い 歩けない

2009-05-21 08:33:50 | 診断即治療と虹彩学
4月初旬に来られた患者さんで、「左足の親趾が痺れ、左足首から外側のスジが痛みカチカチになり、だんだん上に上がってきて、太ももの外側も痛んできた。10分も歩くと痛くてたまらず、病院でブロック注射もしたし、痛み止めの注射も週2回しているが酷くなるだけです。」という方がいた。
虹彩とスクレラを分析してから脈を診たら、どちらの診断でも肝臓と腸に問題があった。

 

大腿から下腿まで、おもいっきりシップが貼られていたので、最初はシップをそのままにして鍼で経絡を整え、次に七星論でいう「腹金」に多壮灸をして、大腸を整えてから立ってもらったら楽になったようでした。しかし、もうひとつ納得できなかったので巨針を使うことにした。

右膈兪から長強までと左脾兪から長強まで透刺して5分置鍼した。
巨針が済んでから立ち上がってもらったら、先ほどより楽にはなっていたが、まだ納得できなかったので、仕方なく足にも巨針をすることにして、シップを剥がしてもらった。

陽陵泉から外髁までを透刺。
今度は、凄く変化があったようで、かなり楽になったようだった。
しかし、80歳近い方でしたので、食養生をさせるのも難しい。
さて、どうすれば早く治せるのだろう。

いつもなら、二週間に一回の治療が基本なのですが、10分も歩けないとなると、いくら巨針でも二週間は治療効果を持たすことができない。
そこで、申し訳なかったのですが一週間で来てもらうことにした。
(当院で一週間に2回以上治療する人は年に一人いるかいないかです)

虹彩には化学物質沈着の反応があったし、スクレラにも腫瘍の反応が出ていた。
さらに去年から引きずってきた病状なので、何回で治せるかと心配したのですが、6回治療して7回目に来た時には、
「ものすごく調子が良い。足の痛いのも取れたし、足の痺れも取れた」
と大喜びしていた。(足に巨針をしたのは最初の一回だけです)

この方の治療で、ポイントになったのは、大腸を狙ったところですが、巨針の威力も力になった。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京、川崎で女子高生の感染... | トップ | 膀胱炎の治し方 »
最近の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事