ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

美容院で「髪の毛が変わりましたね」と言われ、目もバッチリです。スカルセラピー体験談10

2016-09-15 23:02:07 | 診断即治療と虹彩学
 髪の毛もしっかりしてきました 


 画像をクリックして体験談をお聞きください 



「体験談を録画させてくれませんか?」とお願いしたら快諾してくれました。
そして、まだ治療も録画もしてないのに、髪の毛の話をするので、「ああ、それはもったいないからビデオを撮るときにお話してくれませんか」とブレーキをかけました。

ビデオの体験談にもありますが、美容院へ行ったら、「髪が変わりましたね」と言われたそうで、それが嬉しかったようです。
「毛根からしっかりしてきた」とも言われたようです。
猫毛だったのが、髪の毛に元気が出てきたというわけです。

スカルセラピーは、頭蓋骨の縫合を動かして治療をするので、当然頭皮を触るわけです。
頭皮を動かすと、頭皮の血液循環が良くなるので、髪の毛がしっかりしてくるのは理解できます。

しかし、そこからが問題です。

この方は東京の方で、多くても月に一回程度しか当院に来ることができないのです。
「月に一回の治療で、髪の毛をしっかりさせることができるか」と聞かれたら、私は自信がありませんので、多分「月に二回は無理ですか」と逆に質問してしまいそうです。

ですから、頭皮だけの問題ではないと思うわけですが、今回は髪の毛よりも視力のほうに力を入れていますので、髪の毛の話はそれぐらいにしておきます。

ビデオをご視聴して頂ければわかると思いますが、視力は元々良かったそうですが「0.9とか0.7になり霞んで見えて、文字が見え辛かった」そうです。
それが、ご本人の言葉を借りますと、

「視神経がしっかりしてきた」

「気力が薄れてきていた」

「ボーっとしている時間が長かった」

「前向きに動き出すことができるようになった」

そうです。

9月25日の臨床実践塾は、≪頸椎1番の調整方法、頭蓋JAA、1分以内に筋肉を緩める方法≫などを行なう予定ですが、「視力調整」を治療に取り入れたいと考えている治療師の皆さんには、多くの益があると思います。

今回の臨床実践塾の内容は、すぐに使えて、すぐに効果の出せる治療法ですので、臨床家の方々には、必ず喜ばれるはずです。





このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独バイエル、米モンサント買... | トップ | 9月25日(日)の臨床実践塾:... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む