ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

土踏まずと心臓・・・臨床連載―42

2005-08-28 09:10:42 | 診断即治療と虹彩学
テニスをしている女子大生が、右土踏まずの痛みがあり、何年か前には左の
同じ箇所が痛んで、整形外科へ行ったら、「腱が縮んでいるから」と手術を
したと言う。




脈診では、少し腎虚症が感じられるだけで、他に問題はないような気がした
ので、経絡治療をしたら、脈は整ったのですが、「まだ痛い」と言う。




患部を触診すると、左に比べて硬いし、その部は胸腔区に異常がある時に反
応が現れるところなので、胸部に何か異変が起っていると診断し、脊椎診を
したら、胸椎4番が少し陥没気味だったので、心臓の異変からきていること
がわかったのですが、再確認のために錵中を押したら痛みがある。




錵中の痛みは、左の隔兪から大杼までを巨鍼で透刺すると、すぐにも取れる
のですが、他府県への出張試合も多いようでしたので、自分でも治療できる
ように、女性のスタッフに8分灸を10壮してもらうことにした。

* 8分灸とは、お灸が8分目ぐらい燃えたら取り去る方法で、熱くないし、
お灸の痕も残りません。
* 8分灸の家庭療法としては、火のついたタバコとか線香とかを、患部に
近づけて、熱くなったら離して、指で押さえる。そして再び火を近づけ
る、という方法を行います。

8分灸をしたら、凝りも痛みも消えた。

しかし、8分灸やタバコ灸のような小手先のテクニックを使っていると、病
気が発生してしまう可能性があると思い、家庭療法としては、 食事療法 を指
導することになった。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪急グランドビル28階「吉... | トップ | 水は昔を覚えている: -学校で... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手術 (三節)
2005-08-28 12:07:40
>整形外科へ行ったら、「腱が縮んでいるから」と手術をしたと言う。



うーん、この双方の認識が怖いですねぇ。特に医者の。そりゃあメスを使いたいんでしょうけどね・・・。でもメスを使う前に医者だったら、せめて圧痛点ブロックくらいは試して欲しいですね。経絡を信じろとは言いませんから。どうすれば、もっとも患者の負担にならないだろうかと、考えて頂きたいものですね。

三節さんへ (hallick)
2005-08-28 19:16:57
そうなんです。

現代医学や医師の揚げ足を取ったり、非難中傷したりするつもりはありませんが、あまり簡単に手術をするのは止めて欲しいと思います。



前にも、腱鞘炎と言われて、母指球のところを、両手も手術した人がいまして、私のところへ来た時は、包丁も持てない状態で凝り固まり、ひどい便秘(親指=肺→大腸経)を伴っていて、あらゆる手を尽くしてみましたが、完全に治すことはできませんでした。

機能障害ならたいてい何とかなると考えていますが、メスを入れられたら、肉芽組織で器質が変わってしまいますので、患者さんは、徐々に苦しい状況に追い込まれてしまいます。



でも、今は情報公開の時代になりましたので、今後は、そんなに簡単に手術はしなくなると思います。

また、先日開催した、私の講習にも整形のドクターが参加してくれていますので、少しずつではありますが、現代医学も変わってきているのではないでしょうか。



そうなるためにも、三節さんが開催するセミナーは意義のあるものと考えています。

あわせて読む