ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

右の股関節の外側が痛いという方が来られました

2014-05-03 13:40:35 | 診断即治療と虹彩学



「右股関節の外側が痛くて歩きにくい」という方が来られました。

仰臥になってもらい、片足ずつ開脚してもらいましたら、左足は80度ぐらい開くのですが、右足は15度ぐらいしか開きません。

腹部からの股関節矯正とJAA(関節調整鍼)をした後、背部兪穴に鍼をしました。

そして治療が済んでから、
「どうですか?」と聞くと、

「痛くないです」と言う。

腹部からの股関節調整をした時点で、開脚できる角度を調べておけば良かったのですが、忘れてそのままJAAをしてしまいました。

しかし、最終的には両足とも80度ぐらいまで足が開くようになり、ニコニコ顔で帰られました。

う~~~~ん、それぞれの治療効果を確認する方法を考えなくてはならないのですが、巨鍼療法は別にして、JAAは「究極の骨盤矯正法」になるかも知れない。

しかしまだ研究を始めたばかりなので、もっと臨床を積み重ねなければ大々的に話すことはできない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月米雇用数が28万千増と米労... | トップ | 背骨の歪みと上行結腸の関係 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む