ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

ガングリオンの治し方(part-2)・・・臨床連載―44

2005-08-30 11:33:03 | 診断即治療と虹彩学
9月3日と4日に、 多賀大社フォーラムがあり、それに間に合わせるように、
虹彩撮影用のカメラ台を製作してもらったり、パワーポインで説明用のスラ
イドを作ったりしている。

 
写真をクリックすると、多賀大社のHP


今回は、1時間45分も与えられているので、鍼灸師にとっては利益の多い
理論や、臨床で頻繁に用いる「診断即治療」の公開実験ができそうで、久し
ぶりにワクワクしています。(^-^) 


主な内容としては、
―――七星論への道程―――
人体惑星試論 は「人体は太陽系の七星と深い関りがある」ということから始
まったのですが、それを易経で推測し、科学的な裏付けで解説し、それらを
鍼灸に応用する「臨床七星鍼法」の序章で、七星鍼法(仮名)を使っての
経絡治療も少しだけ公開しようと考えています。

―――味覚と経絡反応―――
味覚が臓腑に与える影響の実験として、胡椒、唐辛子、マヨネーズ、砂糖、
塩、カツオ等々を使って、それらが、どの経絡(どの筋肉)に影響を与える
かを実験で見せるつもりですが、時間の都合で、全部できるかどうかは定か
でない。

―――骨格矯正鍼―――
体の歪みの検出と毫針での 骨格矯正鍼 の、マジック的治療法の公開ですが、
この治療法を見た人は、誰もが笑ってしまうというほど、あっけなく骨格矯正
を行なう治療法です。

―――虹彩分析での治療方針―――
虹彩分析でわかる陰陽と虚実の解説と臨床で、鍼を痛がる患者さんはどうす
ればいいか、同名の病気でも治し方が違うのはどうしてか、同名の病気でも
早く治る人と、時間のかかる人はどこが違うのか等々を、臨床を交えながら
説明していくつもりです。





例えば、この虹彩の方は、ガングリオンができているのですが、コレステロ
ールリングがあることからも、ガングリオンができやすい体質になっている
ので、別の主訴で来院しても、虹彩分析を参考にすると、どの臓腑を狙って
治療をするかが決まり、ガングリオンの治療や予防にもなってきます。

コレステロールやシュガーリングや肝臓のマイナスサインがありますので、
腰痛であろうと、心臓疾患であろうと、狙う臓器は肝経を主とします。

そして、ガングリオンの治療もするのですが、ガングリオンが大きい時やで
きてから長く経っているのは、お灸で治します
しかし、初期であれば、中にできた袋を、指で潰して、新陳代謝を促す目的
で、その上にピッ○エレ○バンや玄米などを貼っておくか、一日に何回か指
で揉んでもらうようにします。



緑の円の中の皮膚が膨れたところがガングリオン


しっかりと両手で固定して、患部の片方に指を当てます


両手の指に力を入れて、一気に押し潰します


磁気のあるものや玄米を患部の中央に置きます


テープで固定し、はがれてきたら張り替えるようにします
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原油反落、NYダウ戻す:米国... | トップ | ハリケーンKatrina、NYダウ乱... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガングリオン (Unknown)
2006-11-23 20:51:04
左の肩にガングリオン?と思われる腫瘍が出来ました。とても痛くて最近は痛みでよく眠れません。
赤く腫れ上がって最近は腫れが大きくなっています。
病院に行こうと思っています、やはり整形外科でいいんでしょうか?
ガングリオン (hallick)
2006-11-24 09:00:44
症状や期間等の詳しい状況がわかりませんので、何とも言えないのですが、念のために最初は皮膚科へ行かれてみてはどうでしょうか。
多分、大丈夫だと思いますが、期間が長いときは「悪性」の時もありますので・・・。

あわせて読む