ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

気持ち良すぎて涙が出てきた! オステはこんなにも効くのか!?

2016-07-29 16:12:45 | 診断即治療と虹彩学

 ご主人が倒れて3年と一週間 



ご主人が脳卒中で倒れて、3年と一週間、主に娘さんと奥さんが介護をしているのですが、介護疲れが傍から見てもわかります。
ご主人を連れてきたのですが、目もうつろになっていたので、
「ちょっと頭(脳)の疲れをとってあげましょう」と頭部だけにオステをしてあげました。
途中で涙が流れてくるのが見えたのですが、黙って治療を続けました。

奥さんはそのまま寝てしまいましたが、起きてから、

「何故か涙が出てきたんです」

「気持ち良すぎて涙が出てきましたわ」

と当院のスタッフに何度も言っていました。

誰に訴えることもできない介護の事情は、知らず知らずに脳の疲労となっていたと思います。
それがオステをしたことで頭(脳)が解放されて、脳が休まり、瞬間的ではありますが、ストレスからも解放されたと思います。

つまり、蓄積した脳疲労が一気に開放されたと思われるわけです。
この奥さんだけではありません。
他の脳卒中後遺症の方にオステをしているとき、その患者さんも涙をこぼしていました。
しかし、よほど気持ち良かったのか、涙をこぼしながら寝ていました。
患者さん自身も脳に疲労が溜まり、それを抜くことができないのです。

今の暑さですので、脳に疲労が溜まっている人は大勢いると思います。
その脳の疲労をとってあげる方法がありますので、お盆明けぐらいから新しい治療メニューとして始めようかと考えています。
その治療法は、目の疲労も同時にとれますので、必ず喜ばれると思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルケル首相は「移民政策に... | トップ | 米大統領選民主党候補にヒラ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む