ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

乳腺症の家庭療法

2005-06-01 11:25:13 | 診断即治療と虹彩学
6月2日発売の≪はつらつ元気≫が、先ほど届いた。

きれいなモデルさんが登場して、24~29までのカラーページで特集が組まれて
いるのが、当方のホームページに掲載している「両足ジャンプ」です。

スペースの都合で≪はつらつ元気≫には書きませんでしたが、このジャンプは
乳腺症の治療としても使えるものです。
現在、お乳にシコリや痛みを感じている方は、試してみてください。


乳腺症の治し方
妊娠や出産をした時にお乳を分泌する組織を乳腺と言い、20代では殆どが乳腺
組織ですが、30代から40代の女性の乳房は、乳腺組織が脂肪組織に置き換わ
る過渡期になり、しこりや痛みなどが出てくる場合があります。

その多くは乳腺症なのですが、「乳ガンではないか」と心配して来院する人は
多いもので、あまりに不安感が強いと思われた方に対しては、病院でのレント
ゲン撮影(マンモモグラフィーといいます)やエコー検査(超音波検査)など
を受けるように勧めています。

しかし、 巨針 を用いると、その場で症状は軽くなりますので、ガンとの区別が
簡単にでき、 食事療法 を併用すると、多くても3回程度の治療で治ってしまい
ます。

現代医学での治療は、ガンでないと診断されたら2~3ヶ月ほど様子を見て、症
状が生理周期と同調した場合には乳腺症と診断され、消炎鎮痛剤が処方される
ようですが、それでも痛みが続くようであれば、抗エストロゲン薬(女性ホル
モンの1種である卵胞ホルモン=エストロゲンの働きを抑える薬)が処方され
るようです。

しかし、薬の半数近くの人が副作用として太ったり、肝臓に障害を起こしたり、
血栓ができやすくなったりするということも報告されており、「ガンに発展す
るのもある」という報告があります。
こちらのサイトでレントゲン写真も参考にしてください。


では乳腺炎は何故起こるのかということですが、炎症としての痛みが出ること
や、食事療法で砂糖やアルコールを断てば治ること、さらには「ガンに発展す
る場合もある」ということなどから、免疫系が関係していることがわかります。

炎症とは、免疫系の働きで起こるものですが、炎症は細胞破壊の緊急事態で、
酸化物質が発生したか蓄積したかで、それらを排除(顆粒球が食べて分解する)
するために、顆粒球を呼び込んで生体を維持しようとしているわけですから、
そこに血流障害が起こっています。

ですから、その部分の血流を促してあげれば、それは緩解されるはずで、その
方法は家庭療法の「生姜シップ」で、腰痛や膝痛の治療で証明されている通り
です。


血液循環をよくする方法として、「いつでも、どこでも、誰にでもできる方法」
は、運動が一番簡単な方法ですので、乳房を動かす運動をすればいいわけで、
そこで両足ジャンプが役立ってくるわけです。

方法は、≪はつらつ元気≫に紹介されているジャンプをする時に、両手を上に
上げます。そうしますと、左右のお乳が外転して、お乳が外廻りにグルグル回
転しますので、お乳全体の血流がよくなるわけです。
時間はたったの30秒足らずです。

ただし、乳腺炎がひどい場合は、痛みが酷くなる可能性がありますので、最初
生姜シップで血流を良くして、痛みが緩解されてからジャンプを行うように
します。

乳房に違和感のある人は、試してみてください。
あまりに簡単に症状が消えるので、笑ってしまうはずです。
そして、笑った方は、こちらのメールでご一報ください。
ご本人の了解があれば、このブログで紹介させて頂くつもりです。



コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2つの思惑はずれでNY株下... | トップ | 井川二軍落ち、阪神惨敗 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
乳腺炎 (ro-rupannna)
2005-06-01 23:54:57
 出産後、赤ちゃんの飲む母乳の量より母乳が出すぎて乳腺炎の1歩手前で助産院に駆け込む方が多いと聞きました。その方の食生活を聞くと肉、揚げ物、お菓子を食べていたそうです。今は飽食なので、きちんとした日本食のみで十分おっぱいがでるそうですが、団塊の世代が赤ちゃんを産んだ時は国が赤ちゃんにミルクを・・・と推奨していたせいか団塊の世代の方にも母乳、乳腺炎の知識がない方が多いと助産師さんがおっしゃっていました。
ro-rupannnaさんへ (hallick)
2005-06-02 09:11:16
コメントありがとうございます。

出産後の乳腺炎は多いようで、当方でオッパイのマッサージをすることはできないので(笑)、

桶谷式のマッサージをしてくれるところを紹介するようにしています。



ブログで知り合った方ですが、22.23才ぐらいだと思うのですが、乳腺症の症状を訴える

方がいまして、「こんなに早い年齢で乳腺組織が脂肪組織に変わるのか」とビックリ。



これは一種の老化ですから・・・!



それにしてもro-rupannnaさんの記事はおもしろいです。

呼んだ後は、決まって「クスッ」と笑ってしまいます。

はじめまして (ぽんつま)
2005-06-02 14:17:15
ro-rupannnnaさんのブログから来ました。

今妊娠中なので、いろんなことを今のうちに知れたらいいなあとも思ってみていたのですが、今回の乳腺症の話は、他人事じゃなくなりそうなので、ちゃんと覚えておきたいなあと思いましたよ。

東洋医学のおかげで今の私があるというのもあるので、すごく興味があります。

今度はHPの方もちゃんと見に行きますね。
ぽんつまさんへ (hallick)
2005-06-02 14:39:15
ぼんつまさんのことは、ro-rupannnnaさんのブログで、コメントを

読ませて頂いておりますので、初めてではないような気がします。(笑)

妊娠中で、いろんな情報が大量に入ってきて、情報分析が

大変だと思います。

そんな意味からも、ro-rupannnnaさんのブログは、笑いながら

勉強できる「楽しいブログ」ですし、出産からそんなに年月が経って

いませんので、「ナマ暖かい情報」として、役に立つのではないか

と考えています。

(ナマ暖かいという表現は、リアル過ぎるかな?)



私で役に立ちそうなことがありましたら、何なりなれとご質問ください。

わかる範囲内でお答え致しますので、私の回答が気に入らない

ところは、削除して頂ければいいかと思います。

いつもコメント・・ (sora)
2005-06-02 17:25:07
有難うございます。

コメント返し来なくてごめんなさいね。

健康だけが取り得なもので hallickさんのブログになんとコメントを....

乳腺炎も遠~い過去の話ですし運良くならなかったしね。

愛想無くても遊びに来て下さいね。
soraさんへ (hallick)
2005-06-02 19:31:04
soraさんのところのコメントが、あれだけ入るのですから、

それだけで大変だと思いますので、どうぞお気遣いなく。



もしかして、私はsoraさんに、大変失礼なことをしていました。

それは、今の今までsoraさんを男性と思っていたからです。(汗)

女性だとは気付きませんでした。

申し訳ありませんでした。



カズさんも「師匠」なんて書いてあるものだから、てっきり

男性と思い込んでしまったのです。(汗)(汗)(汗)

両足ジャンプ (oga)
2005-06-02 23:19:41
試してみます^^

以前ブログに書いたとき、hallickさんの『運動する』というアドバイスで、今は大分楽になりました^^

しかし、最近また運動不足がきがかり・・・^^;

早速両足ジャンプしてみようと思います♪ヾ(゜∇。*)
ogaさんへ (hallick)
2005-06-03 07:29:27
>早速両足ジャンプしてみようと思います♪ヾ(゜∇。*)



ありがとうございます。

両足ジャンプは20秒もあれば、十分50回ぐらい飛べますので、PCで疲れた時の

気分転換にもなります。

ぜひ、ぜひ、試してみてください。



治療効果は結構あるのに、「簡単過ぎてやる人か少ない」というのが悩みです。(笑)

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事