ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

イラク、モスル奪還作戦17日開始、第2のシリア、アレッポ化危惧とドイツZDF,NYダウ様子見で51ドル安

2016-10-18 13:11:43 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「過剰な低金利は経済の抵抗力を弱めると17日のNYでの講演でフィッシャ―FRB副議長が指摘したと18日付けのWSJ紙電子版でKateDavidson記者が書いた。18日付けブルームバーグ電子版でChristopherCondon記者は「フィッシャーFRB副議長は『低い生産性や高齢化による影響が米国経済や金利の重しとなっている。財政政策によってこうした影響をある程度緩和できる可能性がある。政府支出をGDPの1%相当引き上げることによって景気を刺激も抑制もしない中立金利を0.5ポイント引き上げることが出来るだろう』と語った」と書いた。17日のNY債券相場はフィッシャ―発言後も堅調に推移し、一時1.81%まで上げていた10年物米国債の利回りは1.77%へ低下した。NY外為市場で債券利回り低下からドルが売られ、1ドル=103.84円、1ユーロ=114.23円で取引された。NY原油(WTI)はOPEC加盟国の協調減産はむつかしいとの見方が強まり一時50ドルを割ったがバレル50.12ドルと50ドル台を維持した。NY金はオンス1,256.50ドルと横ばいだった。NYダウは51ドル安の18,086ドルで取引を終えた。

18日朝放送のNHK/BSワールドニュースでは英BBC,ドイツZDF、豪ABCが「2014年6月にISに占拠されたモスル奪還を開始するとイラク首相が宣言したと伝えた。モスルには150万の一般市民が生活を続けている。ドイツZDFはモスル攻撃で100万人の難民が新たに生まれる。モスル奪還は数ケ月にわたる。第2のアレッポになる可能性があると指摘していた。一方、シンガポールCNA,香港TVE,上海衛視が中国が17日有人宇宙船打ち上げに成功した。天宮2号とドッキングする。2人の飛行士は30日滞在する。2022年目標に宇宙ステーション建設を予定していると伝えた。中国CCTVはインド、ゴアで開催中のBRICS会合の席上から打ち上げ成功を誇らしげに祝福する習近平国家主席の姿を放映していた。韓国KBSは米NBCとのインタビューで北の要人が北朝鮮はアメリカの核先制攻撃を灰と化すると語る様子を映していた。17日付けのWSJ紙電子版でAlstairGale記者が「韓国で核武装論が高まっている。議員を4期務めている韓国最大野党「共に民主党」のキム・ジョンピョ氏は「北朝鮮の脅威とつり合いとる必要がある」と語ったと伝えた。

18日朝放送のフィリピンABSCBNは「ドゥテルテ大統領はブルネイを訪問した。人口42万のブルネイでフィリピン人は2万7,000人働いておりうち17%が家政婦だ。ブルネイで貢献していると語った。ドゥテルテ大統領は18日から4日間の予定で中国を訪問する」と伝えた。上海衛視は「ドゥテルテ大統領が中国を訪問する。習近平国家主席と会談する。現在発表文の中身を調整中である。」と伝えた。タイCH9は「タイで黒い服が不足している。タイ政府は職業訓練生を動員してあらゆるシャツを安い値段で黒く染めている。王宮へ弔問者の数が3日間で51万人に達した。」と伝えた。米ABCは「第3回目のクリントン、トランプ両大統領候補のテレビ討論を11月9日に予定している。メラニアトランプ夫人が米ABCのインタビューで「自分が考えている人と全く違う。男同士の話だ。男は強がって見せたがる。夫はそそのかされたに違いない。」と話す様子を映していた。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒を断ち、タバコを止めた理... | トップ | 酒を断ち、タバコを止めた理... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む