ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

いま明かされる真実「大腸炎」(5)

2009-04-22 06:55:17 | 診断即治療と虹彩学
ワンちゃん  (1)   (2)   (3)   (4)   (5)


至福のひととき(その5)

あたし達ウンチがキレイになり、夜もぐっすり眠れます!

《下記は飼い主の方からお聞きした内容です》


我が家に来たときから、元気に走り回っていた小柄な方のワンちゃん。(写真左・仮名ミニちゃん3歳半・体重2.3キロ)




もう一匹の病弱なワンちゃん(3歳・体重3.3キロ)の世話に追われ、ミニちゃんは普通に育てていたのですが、病弱なワンちゃんを検査に連れて行く日、ミニちゃんが粘膜の混ざった下痢をしていたので、ついでにミニちゃんもレントゲンを撮ってもらいました。

普通の腸なら、ウインナーをつなぎあわせた波形なのですが、ミニちゃんの腸は腫れて水道ホースの様に真っすぐになっていました。先生から(獣医)「大腸炎なので24時間の絶食、翌日は病院で渡す缶詰のドックフード(犬専用のおかゆ)、以後は食事を少しずつ戻して」と言われ、そのよう にしたら10日ほどして下痢は治りました。

以前から、バーバさんに「犬の体臭が消えるのでミニちゃんも炭酸温泉に浸けてあげたら」と言われていたのですが、病弱のワンちゃんに手が掛かりミニちゃんまで手がまわらず、またミニちゃんは何時もじっとしていないので、『炭酸温泉に浸けてもすぐ飛び出してくるだろうなぁ』と思い入れてなかったのです。しかし、浸けてみてビックリ。気持ち良さそうにじっとしているのです。今では桶に炭酸温泉を入れてあげると、自分から桶に入り、炭酸泉をよく飲みながら、お尻を浸けてアクビをしながらウトウトしています。

 ミニちゃんは元気なのに、なぜ、お尻を浸けて炭酸温泉をガブガブ飲むのだろうと不思議に思っていたのですが、思い出してみると、ウンチがいつもコロコロで、しかも小豆ほどの小さく軽いのがお尻の毛にひっつき、ミニちゃんのお尻を拭いていたのでした。

炭酸温泉にお尻を浸けてから、数日後にはチョークのような大きさのウンチがキレイ出るようになり、夜もバダバタちょろちょろしなくなり、ぐっすり寝てくれるのです。

ミニちゃんは来たときから睡眠が浅く、私が寝ている周りを夜中に動き回るので、仕方なくゲージ(犬専用の囲い)に入れていました。しかし、ウンチの形が良くなりスッキリ出るようになってから、ゲージから出していても、私達と一緒に熟睡しているのです。

またミニちゃんは食が細く体重が1歳半までは、1.5キロしかなかったのですが、ドッグフードはあまり食べず、昨年の秋ごろから、時々手作りのご飯をやっていたことで、何とか2キロ前後になり、ウンチが良くなってから食が増え、ドックフードだけでも食べるようになり、2.4キロになりました。今は、快便、快食、快眠です。

それと、病弱だった手術後(写真・右)のワンちゃんですが、以前は45分間の散歩でも途中で疲れて止まってしまい、抱っこして家まで連れて帰っていたのですが、ずっと歩き続けられるし、さらにパワーアップし、家の中でもミニちゃんと追いかけっこをしています。つづく。

 2009年4月18日(記)自作炭酸温泉同好会・代表・ばーば佐智子
腸と脳は関係があり、腸が詰まったり、腸出血を起こしたりすると、脳梗塞や脳出血を起こしやすいという説があります。
ミニちゃんの睡眠障害は、腸の不調と連動していた可能性があり、排便状態が良くなったので、熟睡できるようになったのだと思われます。(腸と脳が連動しているなら、腸と記憶力も関係している可能性があるのです
『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  米金融株売りが相場をリード... | トップ |  ガイトナー発言好感、NYダ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む