ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

よくある質問・・・無くて七癖

2005-04-18 11:41:27 | 診断即治療と虹彩学
現在まで、HPの閲覧数は1日に15~30件ぐらいだったですが、昨日、「笑え
る小噺をHPで紹介することにした」と書いて、HPに笑える小噺を書いたら、
73件も閲覧者があって驚きましたが、ブログへのアクセスランキングは落ちて
いました。(笑)

人には、「無くて七癖」というのがあり、たま~に「うちの子供は、すぐ鼻をほ
じくるのですが、何か原因があるのでしようか」とか、「いつも耳が痒くなるの
ですが、何が原因ですか?」というような、本に書かれてない質問を受けるこ
とがあります。

その時、本人がいれば虹彩分析をするのですが、たいていは子供をはじめとし
た家族の相談ですので、私は五行の色体表で説明するようにしています。


五行の色体表

この色体表の上から3段目の、「五竅」という欄を見ますと、目、舌、口、鼻、
耳、と器官の名称が書かれていますが、実はこれが「七癖」と関係がありまし
て、肺経の弱い人は、知らずに鼻を「掃除」していますし、腎経の弱い人は、
たいてい「常に耳がムズムズする」と言い、耳をほじくる場合が多いのです。

これは、五臓が開竅(かいきゅう)された器官というのは、五臓の異常によっ
て反応が出てくるので、それが「痒み」や「不快感」を現し、自然に手がいっ
てしまい、「無くて七癖」になっているわけです。

このような器官を触る癖ぐらいは、たいてい許されるものですが、「浮気癖」と
いうのは、時には家族崩壊や殺人事件まで発展して、世間を困らせることも多々
あります。

その「浮気癖」に関しての相談を受ける時は、「東洋医学よりも、運命学の範疇
になると思いますから、運命学で見てもらうほうがいいでしょう」と、≪西暦
2005年第二の「敗戦」がやってくる≫
浪速社刊の著者、を紹介するようにして
います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原油高騰は世界景気の逆風:G... | トップ | 自然治癒力と株式相場:世界... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
浮気って、癖なの?! (polestar)
2005-04-18 20:02:49
じゃ、その癖のある人の見分け方は?



すると、盗癖、嘘つき、虚言癖も、ひょっとすると見分ける何かがあるのかしら?

polestarさんへ、 (hallick)
2005-04-19 10:19:31
浮気症と言われるので、一種の病気のようにも思われる場合が多いのですが、運命学では、

鼻をほじくるとか、耳を触るとかの癖と一緒で、七癖に入っているようです。(笑)



その見分け方も人相学であることはあるのですが、ここに書きますと、「あらぬ罪」を着せられる

人もいると思いますので、盗癖、嘘つき、虚言癖も含めて、これは書けない。



東洋医学の範疇から外れてしまいますし、これらは「易学」の分野になってしまいますので、

易による運命学を専門にしている人に任せたほうがいいと思います。



ゴメンナサイ、頼りない返事で。
Unknown (polestar)
2005-04-20 09:52:14
>ここに書きますと、「あらぬ罪」を着せられる

>人もいると思いますので、

>盗癖、嘘つき、虚言癖も含めて、これは書けない。



そういわれれば、そうですよね・・・

宗教的な啓蒙本では、そういうことが無神経に書かれている本をよく見ます。

そういわれれば、そうだったな、と思いました。

halick さんは、正道ですね。
勇気がないだけです。 (hallick)
2005-04-20 12:53:36
浮気癖、盗癖、嘘つき、虚言癖等々も骨相学で書けば書けないこともない

のですが、書いた後の責任が持てない。



polestarさんの「バッサリ」は、愛嬌もあるし、読者も楽しいのですが、診断

とか○○相学というのは、それなりの信用性のあるものですから、書いた

後の責任問題を考えると、勇気がなくなってしまうのです。(本なら別です)



例えば、「浮気癖のある人は、顔のここに出ています」と書いたとして、

結婚を前提に付き合っている相手に、その兆候があった場合、水を差して

別れさせてしまう可能性があり、実際にどうかというのは、結婚してみないと

わからないことですから、そのことで責められたら、「責任が取れないので、

私が結婚してあげましょう」ということもできない。(笑)



あわせて読む