ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

長鍼と頚椎ヘルニア

2007-01-31 10:08:41 | 診断即治療と虹彩学
今度の 実践塾 で頚椎や腰椎ヘルニアの治療法を、虹彩分析に従い、実践で公開することになっている。

頚椎ヘルニアは、巨鍼よりも中国鍼のほうがいい時がある。
しかし、中国鍼では思うところまで届かないので、長鍼を作ってみた。



手前が50センチの巨鍼で、中央が今度作った30センチの長鍼、上の短いのが中国鍼。
長鍼は、頚椎の治療にはじまり、顎関節や肩関節、及び上肢の矯正、心経や肺経、頭部疾患や腰痛、精神安定等々の治療に、即効的な効果を発揮させることが出来る。


『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サウジ高官の減産発言でNY原... | トップ | JRで京都国立博物館へ:スケ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む