ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

米議会でトランプ大統領弾劾に向けた動き、警戒感広がりNYダウ372ドル安、ドル売られ一時、1ドル₌109円台

2017-05-18 09:34:41 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


「トランプ政権に不透明感が広がりドルが6営業日連続で下落した。ドルは一時、対円で1ドル=109.71円、対ユーロで1ユーロ=1.1157ドルまで下落した。ドルが下げた背景は、米10年債が買われ利回りが、一時、2.222%まで低下したからだ。」と18日付けブルームバーグ電子版でAleandoriaArnold記者は書いた。日本時間18日朝7時現在、1ドル=110.80円、1ユーロ=123.80円で取引されている。「トランプ政権をめぐる問題が、世界の金融市場を動揺させる中、6月利上げを再考させる動きが出て来た。政治的な不透明感が相当期間続く可能性が高いとする不安感が市場を覆っている。NYダウは前日比372ドル安、20,606ドルで取引を終えた。」とブルームバーグ電子版でOliverRenick記者が書いた。一方、NY原油(WTI)は米国原油在庫減少を材料にバレル49.07ドルへ上昇した。NY金はドル安、株安を材料に買われ、オンス1,258.70へ値上がりした。17日付けWSJ紙社説は「ドナルド・トランプ政権には騒動が絶えない。敢えて問題を起こしているようにさえ見える。今回のごたごたはロシアへの機密漏洩をめぐるものだ。この一件の詳細がどうであれ、危険なのは、政権が混乱を持ちこたえるには限界があるということだ。」と書いた。

18日朝放送のNHK/BS「キャッチ!世界のトップニュース」で米ABCは「ホワイトハウスは不意を突かれました。FBIはモラー元FBI長官を特別捜査責任者に指名した。コニー前FBI長官が残していたとされるメモをめぐる問題を捜査する。トランプ氏はコニー前FBI長官にフリン元大統領補佐官捜査を見逃してほしいと話したとされている。一方、プーチンロシア大統領は、ラブロフ外相はホワイトハウスでアメリカから秘密情報を受け取っていない。ホワイトハウスの了解が得られれば全て公開してもいいと語った。」と伝えた。18日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で国営ロシアテレビは、ロシア南部のソチで行ったイタリアのジェンティロ―ニ首相との会談後の記者会見でプーチン大統領は「トランプ大統領がラブロフ外相に機密情報を漏らしたと言うが、ホワイトハウスが了解すれば内容を公開する用意がある。」と答えた。プーチン大統領は「アメリカは今精神的におかしくなっているのではないか。アメリカは全ての罪をロシアにかぶせようとたくらんでいるようだ。これほどばかげた話はない。」と語った。イタリアのジェンティローニ首相は「ロシアとの協力は大事だ。」と語った。」と伝えた。ロシアテレビのワシントン特派員は「米議会の一部議員からトランプ大統領弾劾手続きが始まった。トランプ大統領の支持率は低下している。共和党内でトランプ支持者の中からトランプ氏を罷免させるべきだとの声が出てきた。トランプ氏に反対することが自らの得策だと考えるからだ。」と解説した。カタール、アルジャジーラは「米議会でトランプ大統領弾劾の手続きが始った。大統領弾劾の動きは20数年ぶりだ。トランプ大統領はツイッターに「自分ほど不公正な扱いを受けたアメリカの政治家はいない」と書き込んだ」と伝えた。18日朝放送の韓国KBSは「チョ・チョル国連大使は、北朝鮮にさらなる圧力をかけるために日本、米国と足並みをそろえる必要があると語った。文政権は中国に特使を派遣することを決めた」と伝えた。フランスF2は「バランスを取り乍ら3週間後に迫った議会選挙をにらんだ新閣僚選任が進んでいる」と伝えた。(了)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七星鍼法の考え方……:補瀉と... | トップ | 捻挫の治し方 (5月~9月の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む