ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

浮腫み・甲状腺・膀胱炎

2005-04-20 11:53:29 | 診断即治療と虹彩学
ありがとうございます。「お笑い小噺」はホームページでどうぞ。

さて、本題に入ります。
浮腫みを経験している人は多いと思いますが、浮腫みは大きく分けて2つに分
けることができます。
基本的には、瞼が腫れるのは腎臓、手足が浮腫むのは心臓と診ますが、もう少
し細かく分けますと、「朝起きた時に上瞼が腫れている」というのは腎臓の疲労
で、下瞼が腫れるというのは、膀胱の疲労です。

これらは、体を動かさずに神経を集中させる仕事が続いたり(夜中までヨン様
のテレビを見る等も含む。(笑))、徹夜で睡眠不足をしたりした翌日に起き易い
ものです。

上瞼が腫れるのは、アルコールや砂糖の入った飲食物でも浮腫みますが、顕著
に出るのがインスタントコーヒーの飲み過ぎで、これは、カリウム値の加減だ
と思いますが、病院の検査で腎臓に異常の出ている人は、豆コーヒーでは浮腫
まなくても、インスタントコーヒーでは、ほぼ確実に浮腫むようです。

また、腎臓の上にホルモンを分泌させる副腎というのがあるのですが、インス
タントコーヒーを飲み過ぎると、腎臓疲労(機能低下)→副腎疲労→甲状腺疲
労と連動するようで、ホルモンの中枢は脳下垂体ですが、臓器器官としての機
能は腎臓疲労からも起りますので、浮腫みのある人は 食事療法 を考える必要が
あると思います。

下瞼の腫れるのは、老化もありますが、多くが果物の摂り過ぎで、女性ですと
膀胱炎を経験している人が多く、風邪もよくひきますので、果物やナマ野菜(サ
ラダ等)ナス科の野菜(ナス、トマト、ジャガイモ)もあまり食べないほうが
よく、特に紫色の果物や野菜は避けるべきです。理由は 陰陽で分類 すると、極
度の陰性になるからで、体を中から冷やして、細胞を緩めてしまうからです。

手足の浮腫みは、心・小腸の関係で、朝より夕方のほうが多いのですが、軽い
人は「朝起きた時に手が握りにくい」という症状が出てきます。
上図の赤いマークの辺りに吹き出物やカサつき、或いは脂ぎっているなどが出
ている場合は、間違いないと診ていいでしょう。

しかし、その症状が出る前には、たいていお腹の違和感(胃の辺りが痛いとか
下痢とか)が出ていますので、その時点で家庭療法の「梅醤番茶」でも飲んで
おけば、浮腫みまでは出なくても済むと思います。

すでに浮腫みが続いている人は、虹彩分析をして、体質を変えることを考える
ひつようがあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NY株式、ネコの目相場:米国... | トップ | 米国人、クスリ求めてカナダ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コトコト (彩色)
2005-04-20 19:54:22
瞼が浮腫む。

って、自分の手で書けといわれても、絶対に書けない自信があります(笑)



と、そんなことよりも、

hallickさんの助言を受けて、インスタントコーヒーを自粛しなきゃ、と思いました。

代わりに、チャチャチャと茶を飲みまーす。

もちろん既製品じゃなくて、自分でコトコトと煮出します。

自作お茶を常に持ち歩いて、経済的にがんばってますよー!





そういえば、朝起きると上瞼がはれぼったくなっている時って、夜更かしをした朝だったりしますねー。

・・・ヨン様は見てないですよっ!!(笑)





>インスタントコーヒーを飲み過ぎると、腎臓疲労(機能低下)→副腎疲労→甲状腺疲労と連動するようで、



おっ・・おっ・・

甲状腺疲労は嫌ですね~

ただでさえ機能が弱いのに、自分の手で疲労させちゃったら、ダメダメですから。



hallickさんに教えてもらわなかったら、ずーっと知らずにインスタントコーヒーをガブ飲みしてたかも。。。

ありがとうございますっ!



彩色さんへ、 (hallick)
2005-04-20 22:19:53
>チャチャチャと茶を飲みまーす。



明るーい!

それでなくっちゃ、チャッチャッ茶っと。(笑)



>自分でコトコトと煮出します。



そうですね、煮出すお茶が一番からだにいいんですよね。

「ほうじ茶」「クキ茶」「番茶」とかいろいろ呼び名はありますが、

煮出したのが一番安全で、「煮出すお茶に含まれるビタミンCは

融けない」っていわれているんですよ。

(一般的にビタミンCは水溶性で、少しの熱でもすぐ壊れる)



いやー、意図がわかってもらえて嬉しいです。

ほんとにありがとう!



他のブログへのコメントでは、こういうことは書けないので、感じた

ことを自分のブログに書いて、何らかの方法で知らせて、相手に

検討してもらおうとするのですが、飲食物が絡むと難しいです。

あわせて読む