ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

肘から小指までの痛み・・・臨床連載―16

2005-07-26 16:20:25 | 診断即治療と虹彩学

テニスをしている女子大生が、
「テニスをしている時、左手にバチッという音とともに痛みが出て、左手の
小指側の感覚が鈍くなってしまい、外側に捻ると痛みが出る」と、肘から
小指までの違和感を訴えて来た。


本人の写真ではありません


病院では、「手首の神経に問題が起ったかも・・・」という診断だったらしい。

この子は、有名なテニスのコーチに就いていて、コーチは、
「首を診てもらいなさい」と指示を出していたそうです。

さすがです。

診察してみると、胸椎の3~4番の間でズレが生じ、3番から上が右側に寄って
いるので、座ったまま、胸椎を軽く矯正したら、「ちょっと楽になった」と言う。

経筋腱収縮牽引 による診断で、肝臓からの牽引と診断したので、肝臓に
軽い刺激を与えたのです。

これは、虹彩分析をしてもわかるのですが、肝臓の疲労が見えますので、
肝臓疲労によって、筋肉疲労が起り(肝は筋膜を司る)、テニスをすることで、
歪が大きく出たのです。


一般的には、手に異常が発生したら、手を診るのが当たり前と考えがちですが、
この子のコーチが指示したように、手の異常は脊椎の異常からくる場合が多い
のです。

ですから、治療は肝臓を整える鍼灸と、脊椎の歪みを取る巨針で済みました。


もっとも、脊椎が歪むには、脊椎を歪める臓腑に原因がありますので、臓腑を
整える治療も必要になってきます。

それは、 家庭療法 でも、鍼灸治療でも可能なのですが、この子の虹彩分析
から、砂糖の入ったものを食べないように指導しました。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人民元切り上げ、議論百出、... | トップ | 日本料理「桂」東灘店〔スケ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む