I Love Song Music

古今東西、あらゆる音楽について語るブログです。ビートルズ、R・ストーンズ、B・ジョエル、松浦亜弥、中島美嘉など。

Luxury Xmas Night 2013(5)「部屋とYシャツと私」

2017-11-18 | その他

「Luxury Xmas Night 2013.12.20」の第5回です。

クリスマスソングを歌った後

MCの内容がヨシコ先生の結婚の話になり

その流れで「部屋とYシャツと私」が歌われます。

 

20131220night 5

 

歌いだしこそ

MCの悪ノリが続いたかのような感じですが

全体としてみれば

相当いい感じの歌唱ではないでしょうか。

 

ブルーレイで聴くことができるこの曲の歌唱については

プロのスタッフが録音を担当して

その意味では万全なのでしょうが

この素人が極秘録音したと思われる音源を聴くと

本当にあの音質で良かったのかと

思わざるを得ません。

この音源のほうが

はるかに松浦亜弥の魅力を十二分に伝えていると

思います

(福ちゃんのパーカッションの音などについても

 ブルーレイのほうは音が大きすぎて

 曲のイメージを台無しにしているように感じます。

 福長さんに罪はなく、この音源で聴くと

 全然邪魔にならないし快適です)

 

ご存知のように

亜弥さんの「部屋とYシャツと私」については

マニアックライブ2の奇跡的な名唱があります。

この時期の亜弥さんは

大規模な会場では

「声を張って音程も完璧で非の打ちどころのない」歌唱を聴かせることもでき

小規模な会場では

「曲に込められたすべてのニュアンスをすべて表現する奇跡的に細やかな」歌唱を

聴かせることもできるスーパー歌手だったといえます。

そして、マニアックライブ2では

後者の歌唱法の極致ともいえる歌を聴かせてくれたのでした。

今回あらためてマニアックライブ2の「Yシャツ」を聴き直したのですが

出だしの数秒で「魔法」にやられました。

やはり他の歌手では聴けない歌だと思いました。

 

その後紆余曲折を経て

この「クリスマスナイト2013」の歌唱に至るわけですが

この時期は

「声を張って完璧に歌う」レベルを目標にせざるを得なかったのだろうと

推測されます。

その意味でいえば

このライブは

部分的には本人も満足できる出来だったのではないか

特に、今回当ブログでアップしている初日の夜の出来は

いい感じだったのではないかと思っているのです。

(さらに妄想を広げて言えば

 それに対して、ブルーレイに収録された2日目の昼・夜公演の出来は

 本人が自信を深めて、”声をしっかり出すのはもちろん、もっと曲の細かい

 ニュアンスをきっちり表現したい”という意欲が空回りして

 かえって音程の不安定さとか、本人にも意外だったはずの声のかすれなどが

 出てしまったのではないかと思っています)

 

この曲は

「声を張って”楷書”できっちり歌う」よりも

「歌詞の意味を踏まえて”行書”で繊細にニュアンスを大事に歌う」ほうが

伝わってくるものが大きいと思うので

このクリスマスナイト2013の歌唱で(いくら上出来な歌唱であっても)

マニアックライブ2の感動は得られないのは

仕方ないことです。

とはいうものの

これからの復帰が期待される亜弥さんの歌唱を考えるとき

この活動休止状態の時期において

直前の歌唱レッスンだけで

ここまでのレベルにもってこれたということは好材料ですね。

勝手な想像をふくらませるなら(ここまでも十分ふくらませていますが、笑)

復帰後の亜弥さんについて

今回アップした「部屋とYシャツと私」のレベルまでなら

十分期待していいのではないかと思っています。

 

そんなことをつらつら思ってしまう

見事な歌唱だと思います。

(マニアックライブ2の歌唱との比較で

 今回の歌唱については

 物足りなさを匂わす記述も書いてしまいましたが

 普通に考えれば凄く上手いと思いますので、念のため)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Luxury Xmas Night 2013(4) 「Fallin'」「すてきなホリデイ」

2017-11-11 | その他

「Luxury Xmas Night 2013.12.20」の第4回です。

前回の続きでMCを挟むことなく

「Fallin'」が歌われ、そこでMCとなります。

 

20131220night 4

 

MCが「ジュンペイさん」に振られ

そこから自然な流れでクリスマスソングが歌われました。

 

20131220night 4_2

 

「Fallin'」は、いきなり歌詞を間違えて続かなくなり

歌が止まるというハプニング(というか亜弥さんだとハプニングではない!?)。

全体として響きがこもり過ぎで(録音の関係?仕方ないですが)

この曲に関しては

以前このブログでご紹介したこの翌日のライブの音源のほうが

断然聴き易いでしょう。

 

その後のMCもかなり小さめの音量で

聴き取るにはイヤホンが必須でしょう。

MCの内容は予想通りというか

まあこんなもんでしょう(苦笑)

 

MCの流れから歌われた曲は

竹内まりやの「すてきなホリデイ」で

この音源はかつてこのブログでもご紹介済みですが

今回はMC付きで再掲となります。

「Fallin'」の歌唱と比べて

こっちのほうは新鮮さがあるのか

生き生きとした感じで歌っているような・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Luxury Xmas Night 2013(3) 「Feel Your Groove」「砂を噛むように…NAMIDA」

2017-11-03 | その他

「Luxury Xmas Night 2013.12.20」の第3回です。

前回の最後で

「歌、いきます」とMCを切った続きで

「Feel Your Groove」、「砂を噛むように…NAMIDA」

が続けて歌われました。

 

20131220night 3

 

聴き心地が

録音の音質に左右されるということもありますが

それを抜きにしても

私には

発売されているブルーレイでの歌唱より

こっちの歌唱のほうが優れているように思えます。

亜弥さんの実力からすれば

必ずしもベストではないとしても

このライブに関していえば

これがベストではないかと思います。

 

「Feel・・・」については

今までは2010年9月のコットンクラブでの歌唱

私の一番のお気に入りだったのですが

今回のこの歌唱も、それに匹敵するくらい

気に入りました。

2010年9月のそれは

ライブの冒頭で歌われましたが

最初の数秒で

「一体、これからどれほど素晴らしいショーが始まるのか!」

という期待が一気にふくらむワクワク感があって

たまりません。

それに対して

今回のこの歌唱は

そういうワクワク感こそ感じられないものの

最初から最後まで普通な感じで

でもどこにも不足のない充足感に満ちていて

安心して聴けるのがいいですね。

 

「砂を噛む・・・」では

このブログでも紹介した

2009年9月22日の「想いあふれて」ツアーでの歌唱

ベストだと思っていたのですが

今回のこれも同じ歌唱スタイル(やや強めにメリハリをつけて歌う)ながら

より細かいニュアンスが聴き取れるので

良いと思いました。

ブルーレイの歌唱については

そのあたりの細かいニュアンスが

もっと正確に聴き取れるのですが

ただあの音質では高音部がいかにも痩せて聴こえて

残念すぎるわけです。

(もっとも、かつてこのブログでこの曲を取り上げたときに触れた

 マニアックライブVol.4での歌唱は

 あの歌唱スタイル(優しく語りかけるように歌う)でのベストだし

 松浦亜弥という歌手のオリジナリティを言うのであれば

 あの歌唱は外せませんし、他の歌手では聴くことができないレベルだと

 今でも思っています。

 この曲には外せない歌唱が多いですね)

 

亜弥さんが真価を発揮したとは言い難い

2013クリスマスナイトですが

それでも、このあたりの歌唱は

素晴らしいですね。

この2曲は

2日間の昼・夜どの公演でも

良かったのではないでしょうか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Luxury Xmas Night 2013(2) 「ふたり大阪」

2017-10-28 | その他

「Luxury Xmas Night 2013.12.20」の第2回です。

前回のMC最後の「もう1曲聴いてください」という流れで

「ふたり大阪」が歌われ

その後のMCで

関西弁の話になります。

 

20131220night 2

 

「ふたり大阪」については

特に出来不出来うんぬんはなく

音質を考えれば

youtubeの公式映像を聴くほうが

ベターなくらいでしょう。

 

この曲を聴くたびに思うんですが

この曲のCメロの最後は

無理な音程で聴いてて辛いですね。

”♪~♪ ふたりの思い出 切なくこぼれてく”

の「く」の音はどうにかならなかったのか。

こういうのを聴くたびに

亜弥さんは曲に恵まれなかったなあ

という思いに駆られます。

 

MCで、関西弁の話から姪っ子の話になり

例によって、子ども好き好きモードになります。

このあたりは、お決まりのコースですね。

もし復帰後のライブがあったとしたら

今度は自分の子どものトークを

延々としゃべるのでしょうかねえ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Luxury Xmas Night 2013(1) 「Subject:さようなら」

2017-10-21 | その他

今回から数回にわたって

2013年12月20日に行われた

コッットンクラブ夜公演”Luxury Xmas Night 2013”の音源を

ご紹介したいと思います。

 

”Luxury Xmas Night 2013”については

2015年2月11日にBlu-Rayで発売されていますが

これは2013年12月21日に行われた2回の公演を

編集で組み合わせたものですね。

Blu-Rayでの曲・MC順は次の通りですが

念のため、曲・MC順の数字の前に

1回目公演は①、2回目公演は②をつけてみました。

 

②1 Subject:さようなら
②2 ふたり大阪
②3 MC(ライブのキャラの話)
②4 Feel Your Groove
①5 砂を噛むように…NAMIDA
①6 真珠
②7 Fallin'
①8 部屋とYシャツと私
①9 MC(youtubeの話)
①10 ひこうき雲
①11 MC(うんちの話)
①12 女 Day by Day
②13 結婚しない二人
②14 boomboomboom
②15 MC(妹の彼氏の話)
②16 想いあふれて
①17 ダブル レインボウ
①18 MC(dearestの話)
①19 dearest.
②20 HAPPY TO GO!<ENCORE>

 

①②の区別については

あくまでも個人的推測ですので

いくつか間違いはあるかもしれませんが

どちらにせよ、ライブの流れとしては

同じ日の公演とはいえ

別々のライブをこんな風に混ぜてしまうと

不自然な面は否めないと思います。

 

その点、今回ご紹介する音源は

その前日の夜公演を

通しで録音しているので

自然な流れになっています。

 

今回は

その音源を11分割して

細切れではありますが

MC部分も省かずに全部をお届けしたいと

思います。

 

今日はその第1回目ですが

ライブの最初は

全公演を通じて「Subject:さようなら」で始まっていますので

その歌唱と、その直後のMCということになっています。

(なお、MC部分は音が小さいので聴き取りにくいはずです。

 イヤホン、ヘッドホンで聴かれることを推奨します)

 

20131220night 1

 

この録音は

Blu-Rayの音質と比べて

適度に音がこもり気味で

聴いていて心地よく感じるのですが

どうでしょうか?

これを聴いた後

youtubeの公式動画を聴くと

さすがに音そのものは

この音源とは比較にならないくらい明瞭でクリアですが

肝心の亜弥さんの声そのものが痩せて聴こえました。

声の伸びが「想いあふれて」ツアーの頃とは違うので

やはり多少のエコー効果が入っているほうが

しっくりきました。

「松クリスタル」のような過剰なエコーはともかく

この程度の音の反響なら

この時の亜弥さんの声に関していえば

ベストだろうと思うのです。

(この音源を録音した人に、そこまでの意図はないとしても)

 

MCも

ここまではやや控え目です(でもすぐにいつもの亜弥さんに戻ります、笑)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加