Liner Notes

素人感覚で自由にあれこれ思うことを綴ってみました!

§56「関ヶ原」(石田三成)司馬遼太郎【1966】

2016-10-31 | Book Review

石田三成が率いる兵馬の幟に画かれたとされる

「大一大万大吉」

 万民は一人のために尽くすこと。
 一人が万民のために尽くすこと。
 さすれば、太平の世は訪れる筈。

「All for one, One for all.」

言わば、石田三成の志だったのかもしれません。。

三献茶の逸話で語り継がれるほど
太閤の意を汲んで尽くす率先垂範した忠義

豊臣政権を支える奉行衆の筆頭格
その財政能力及び行政手腕は比類なく厳格

盟友・大谷義継や直江兼続とは、
利害を越え、お互いが尊重するほどの信義

とはいえ、忠義がその志を凌駕する時

 豊臣恩顧の者は豊臣家のために尽くすこと。。
 豊臣家が豊臣恩顧の者のために尽くすこと。。
 さすれば、太平の世は訪れる筈。。。

太閤亡き世、
 豊臣家への忠義の戦さの筈だった「関ヶ原」
 豊臣家が石田三成の私戦として扱った結果、
 豊臣家は「大坂の陣」を招いてしまったような気がします。。。

初稿 2016.10.31
於 大坂城
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« §55「新史 太閤記」(豊臣秀... | トップ | ♪24「Season's Greeting 〜20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL