Liner Notes

素人感覚で自由にあれこれ思うことを綴ってみました!

♪28「Season's Greeting 〜2017夏」

2017-07-29 | Season's Greeting


透き通る静寂に映える緑が雷の如く

雷は"いかづち"とも称し、
自らに降りかかる抗えない厄の喩え

ひょっとしたら、厄とは、
自らが持つ先入観や劣等感、恐怖感に
起因するのかもしれません

雷除けで名高い岩間寺の縁起に拠れば、
雷の思いを聴き容れることこそが、
雷を鎮めることに他ならず、
祈りは自らの願いを叶える為のものではなく、
祈りを捧げる自らに向き合うことのような気がします。。。

初稿 2017.07.28
於 岩間寺@滋賀
ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« §73「羊をめぐる冒険」村上春... | トップ | #65「教王護国寺(東寺)」京都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL