【公式】死神紫郎ホームページ

2018年より死神改め、死神紫郎(読み:しにがみ しろう)に改名。ギター弾き歌手。

2月23日(土)死神企画終了 演目紹介

2013-02-25 22:45:39 | お知らせ
2月23日(土)
西荻窪フラット死神企画終了。

初のライブハウス風スタジオ公演であった。

本当のジャンルレスというものを見せてやろうと、
攻め方はまるで違うが、
各々に「独自の美学」を持つ面々に出演して頂いた。
そのバラケ具合は、
過去最高と言って良いかもしれない。

手前味噌ながら、
うひうひしてしまう内容であった。


死神 演目紹介

ギター弾き語り

1、いびつの美学

2、病は伝染る
3、水を飲んでも眠れやしない

4、水葬
5、共喰いに死す
6、出生拒否中絶歌

~アンコール~
7、牛は屠殺を免れない


以上

次回公演は、
3月31日(日・昼)
新宿ジャム
死神ワンマン

この記事をはてなブックマークに追加

都都逸ドビュッシードクター中松 後編

2013-02-24 00:00:00 | 声明文
まったくもってこの「D」、
こいつの中途半端な身障具合は
不便なことこの上なく、
「ドビュッシー」
と打とうとして「D」が入らず、
苛立っていたら、

「オオオオドビュッシー」

というなんだか
猥褻な感じの響きになってしまうなど、
存外な苦労を強いられ、
また同時に「D」の必要性というのを
十分に思い知らされた。

しかし何故「D」が
壊れているのだろうかと思い、
前ユーザー達に
「都々逸とか打ちすぎたんですかね?」
と訊ねてみたが、
違う上によく分からぬという。

不可解な「D」破壊である。

だが、日々この「D」
と関わりを続けていくうちに、
私は自然と垂直長押し打法をマスターし、
5回に1回くらいのペースにまで
打率を上げられるようになった。

しかし一月ほど経ったあたりからだろうか
打率が低下の一途をたどり始めた。

まあ低下したとはいえ、
かのイチローですら
打率を落とすというスランプを乗り越え、
一流の座に君臨しているわけで、

私も「D」の一流プロフェッショナルとし
虚心坦懐ですよ、
垂直長押し打法のフォームに
狂いがないか見直し、
修正を施し、

座っているから
垂直にならないんじゃないかと踏んで、
起立し真っ直ぐに押すなど
様々な方法を試してみるが、
どうにも成果が上がらぬ。

そこで発明の父
エジソンを見習い発想を大胆に転換、
マリーアントワネット式、

「指で押して駄目ならば
ペンで押せばいいじゃない打法」

を試してみたところ、
ペンの中央集権的な感じが良かったのか、
少し打率を戻すことに成功した。

万事、PDCAである。

プラン、ドゥ、
チェック、アクションである。

諦めないから失敗しない、
ドクター中松精神。

だがそれから間もなくして、
ペン先打法も効力を失い始めた。

私もはじめの頃こそだいぶ気にかけ、
都度セロハンテープで留めてやるなど
世話を焼いていたが、

夏休みのクワガタ同様
徐々に放置するようになり、
気づけば「D」ボタンは
常に外れっぱなしの状態となり、
机上に放置、
今やそれがどこにあるのかすらも
皆目分からなくなってしまった。

だがそれでも指で
その「D」のあった場所を押し擦れば
老人みたいではあるがまだ、
反応を見せてくれた。

まだまだ使える、
そう思っていたある日のこと。

「D」は突如死滅した。
サドンデスである。

ボタンなき状態というは
やはり正常な稼働とは言えなかったのだろう、
イレギュラーな酷使をしたせいだろう、
「D」は動かぬ躯に成り果てた。

人間で言えば身障の過労死といえよう。

まあしかし、
人間というか
小生の潜在能力というのは凄まじく、

今や「D」がなくとも
「D」をコピーしてペーストするという
最新鋭の技術を身に付け、

文句も言わず、
引き続き「D」なしパソコンを
愛顧し続けるその精神は、
反原発馬鹿より
崇高なものと言えるでしょう、かしこ。

この記事をはてなブックマークに追加

2/19高円寺・円盤(大森靖子さん企画)終了。

2013-02-20 22:06:28 | お知らせ
2/19高円寺・円盤(大森靖子さん企画)終了。

憧れというのもおかしいかもしれないが、
私の中ではアノ!「大森靖子さん」とツーマンだ!
という気持ちだった。

彼女は規格外のシンガーソングライターだと思う。
全人間として迫ってくるそういうエネルギーがある。
飛び抜けた感性に確かな技術が備わっている。
(大雑把にだが、
感性×技術=表現だと思っている。)

私は大森さんの
「1時間以内なら何分でも良いですよ!」
という厚意を額面通り受け取り、
「じゃあ1時間やらせてください。」
とやっちまいました1時間。

******************************************************

以下、死神演目紹介

1、床擦れの姿煮

2、病は伝染る
3、夢からさめない夢

~死神 初MC~

4、いびつの美学
5、自殺の唄

~MC~

6、機械的運動
7、人間団子
8、水葬

~MC~

9、真夜中の台所
10、悲しみの冷蔵庫
11、見えない饅頭

~MC~

12、共食いに死す
13、出生拒否中絶歌

~MC~

14、水を飲んでも眠れやしない

******************************************************

終演後、
円盤の店員さんでもある、
「水中、それは苦しい」のジョニーさんから、

自殺の唄の歌詞の、
「入水自殺」は、
「にゅうすいじさつ」
ではなく、
「じゅすいじさつ」
の誤りとのご指摘を受け、

アッチャー恰好悪!
と思ったが、
帰宅しながら、
やっぱり「にゅうすいじさつ」って
聞いたことあんだよなぁと、
調べてみたところ、

「にゅうすいじさつ」でも
「じゅすいじさつ」
どちらでも可ということが判明。

我が家の小さい辞書、
インターネットの辞書の二種ともに、
「にゅうすいじさつ」とも読むと書いてあった。

掘り下げて調べてみると
日本語古来の言い回しを大事にする人は、
「じゅすい」
という読み方をするようだ。

ただ「じゅすい」で読むなら、
それだけで「自殺」の意味になるので、
「入水自殺」だと、
自殺自殺でおかしくなるという説もある。

「入水」なら「じゅすい」
「入水自殺」なら「にゅうすいじさつ」
NHKではそう区別しているようだ。

日本語ってなんでこんな難しいんだ。

でも発見が多い。

素敵な言語だ。


次回公演は、
2月23日(土)死神企画。
西荻窪フラットにて。

死神、屍、ソニックアタックブラスター
殺生に絶望、ゴキブリコンビナート、
dance missing tilt(大阪)

ご期待ください。





良かった。

これからも「にゅうすいじさつ」と歌おう。
堂々と。




この記事をはてなブックマークに追加

都都逸ドビュッシードクター中松 前編

2013-02-17 00:00:00 | 声明文
資本主義社会の中では
カネがなくては生きていかれない。

何故生きていかれないかというと、
飯が喰えなくなくなるからである。

飯が喰えなくなると人は飢えて死ぬ。

つまり、飢え死にしたくなかったら、
カネを得なければならないのだ。

カネの入手経路は働く大別して4つに分けられる。
盗む、拾う、貰う、稼ぐ。

盗む、はバレると捕まるという危険性がある。
拾う、はこればっかりは運だ、安定性がない。
貰う、は貰えたら有難いがなかなか縁がない。
となると私のような平民、
俗人は自力で、稼ぐ、ほかない。

かような理由から小生は、
自らの低レベルな頭と虚弱な身体を使い
日々労働に従事、
その対価としてお小遣いを頂戴し、
口に糊している。

寝起きのボサノヴァ頭に
スカジャンを羽織ってノソノソ挨拶もなく
出勤してくる陰気な男を雇ってくれて、
有り難い、有り難いです、
これで毎日生きていかれます、すみません。
としていたある日、
我が席の隣に、パソコンが引っ越してきた。

向かいのシマの人々が、
新しいのを買ったから、古いのあげるね、
という経緯でお引っ越しをされきたパソコンは、
キーボードの「D」がぶち壊れていた。

差し詰め引っ越しに見せ掛けた廃棄処分といえよう。

だんだん文体が野坂昭如っぽくなってきたが、
それは最近野坂のエセーを読みまくったからであるから
気にしないで頂きたい、
影響を受けやすい男なんですブレンディ。

で、引っ越しに見せ掛けた
「D」がぶち壊れた廃棄寸前パソコンは、
私の隣に新しいお友達として仲間入り、
欠陥者同士仲良くやろうぜ、な。

ま、たかが「D」がないだけだ。

母音が1つないのは大変には違いないが、
子音の一つない位どうってことない、
それも君の個性さなどと嘯きつつ、
早速使ってやるが、

「D」ボタン、
ここで初めて分かったことだが、
完全に打てないわけではないということが判明した。

実験をしてみると
10回に1度くらいに反応してくれる。

少うしギュウっと
長めに押すのがコツというのも分かった。

しかしこのボタン、
如何せんカパンカパンなのである。

このギュウのときに力を垂直に込めないと、
浅くはめ込まれしボタンは
呆気なくズルッと脱落する。

セロテープで十字に貼られたあとが
幾重にも残った「D」ボタン、
ろくに押ささらない具合に
前ユーザーも苛立ちが叩きまくったせいだろう、
手垢でエンベーとなり、
いくらテープを貼っても濡れ手で粟、
安い回転寿司屋のネタみたいに、
ただただキーボードの上にボタンが
サビ抜きで乗っかっているという状態なのである。


翌週へ続く


この記事をはてなブックマークに追加

2月9日難波ベアーズ公演 演目紹介

2013-02-11 19:38:24 | お知らせ
例のKとの大阪遠征終了。

前回の遠征を企画してくれた
dance missing tiltのメンバーが
駆けつけてくれ、
その時の公演で
「また大阪来たら必ず見に行きます」
と言っていた人が
果たして本当に来てくれるなど、
有難いことこのうえない。

1番目なのにアンコールまで、
有難うございました。



死神 演目紹介

ギター弾き語り

1、床擦れの姿煮
2、病は伝染る
3、夢からさめない夢

4、機械的運動
5、人間団子
6、見えない饅頭

7、真夜中の台所
8、出征拒否中絶歌

アンコール
9、水を飲んでも眠れやしない

次回公演は、
2月19日(火)高円寺 円盤
大森靖子さん企画のツーマン。










この記事をはてなブックマークに追加