【公式】死神(ギター弾き歌手)ホームページ

<検索>死神、しにがみ、ソロ、シンガーソングライター、弾き語り、ギター、ミュージシャン、情念、フォーク、歌謡、演歌、日本

病気バーグ、大腹黒公園

2012-04-29 00:00:00 | 声明文
4月7日郵便局に金を拾いにいく。

帰り16:55自転車を漕いでいると、
同じく自転車を漕いでいたと病気マンと遭遇。

パフォーマンス内容に反して
とても腰が低い方で
私のような人間にも丁寧に接してくださる。

今日は善福寺公園に花を見に行っていたそうだ。

病気マンとは4日に共演したばかりだったが、
ライブハウス外で会うと、
彼も俗世に生きる人間なんだなあと思う。

私は「病気マン」と呼び捨てにすると申し訳ないから、
最初は「病気マンさん」と呼んでいたのだが、
それもそれでおかしいので、
今は「病気さん」と呼んでいる。

噂によると病気マンは料理がとても上手らしく、
食べた人の話によれば
病気マンハンバーグはきちっとした洋食屋並、
プロ級に旨いという。

いっそのこと、
「病気マンハンバーグ」
として販売したら
これ意外とイケるんじゃないだろうか。

レトルト、冷凍食品大国日本のこと、
きっとニチレイとか味の素がこの話乗るに違いない。

ドーンと宣伝して、
「病気マンハンバーグで病気知らず!」とか、
「病気マンハンバーグでバストアップ!
(名曲、シアワセノカタチのバックに。)」とか、
バストアップは誇大広告で訴えられるから止すとしても、
腕を組んで遠慮がちに微笑む病気マンのパッケージで
「病気マンハンバーグ、おいしいよ!」とか。

ないか、ないな。
でもあったら私は買う。

病気マン、私は大好きだ。

翌日病気マンに感化され、
近所の大田黒公園に出向く。

が、大田黒公園は、
いちょうが有名ないわば秋メインの公園。
春の花は少ないにしろ、
ザ・新緑といった感じで
青々とした葉っぱが艶やかで美しい。

池の中の鯉も
なんだか余裕たっぷりといった具合でいい。

触りたくはないが。

次のことなんか前のことなんか考えていない。
今を生きている。

自由ではないが気のむくままに
池をのんびり泳いでいる。
1円も金持ってないくせに。

玉砂利、石畳の上を歩く、楽しい。
池を渡るとこにあるデカい石の上を慎重に歩く、
楽しい。

地球を大地を足で掴んでいる感じがする。

最近、舗装された道ばかり歩いていたせいか、
この微妙なじゃりじゃり具合、
ゴツゴツ具合に足を取られそうになる。

植木の数々の根ばかりみてしまう。

根っこはグロテスクだ。

何か生への執念というか、
力強いウネウネ感は狂気を孕んでいる。

いちょうに至っては、
巨大な血管のような根が地面に収まりきれず、
地上に突き出し広がっている。

まるで隆起した陰茎のようだ。

のたうちまわるような強烈な躍動感がある。

グロテスクといえばこの間お昼のとき、
ピーマンの種にも得体の知れぬ恐怖を感じた。

びっしり詰まった命というか、
等間隔に詰められた精子、
新生児のようで、
上手く言えぬのだが、
なんだか頭皮がぞわぞわするような恐怖があった。

一度、ピーマンの種を凝視してみたらいい。

いちょうの木は根をね。

とりとめのない話ばかりで。

この記事をはてなブックマークに追加

不器用がキマれば良い、決まらぬから困る(後編)

2012-04-22 00:00:00 | 声明文
先週の続き

弾けないものだから、
だんだんパンクやハードコアみたいな
簡単なやつばかりやるようになり
下手具合にますます拍車がかかり、

前衛フォーク歌手を気取り始めた今、
技術は最低潮に落ち込み、
もう兎に角、
手先、手先が不味いのだ
という言い訳は冗談にならない冗談としても、

カッターを使えば指を切り、
小銭を取り出せば落っことし、

手が汚れないとの触れ込みの
スティックタイプの糊を使っても
手はねばねばになり、

定規を使って線を引いているはずが
徐々に斜めなっており、

ハサミをじょきじょきしていると
うまくカーブ出来ずに
切ってはいけない部分まで切ってしまい、

セロテープは何故か
ハジマリの部分が不明になる。

キリストが金持ちが天国に行くのは
ラクダかなんかが針の穴を通るより難しい
とか言っていたらしいが、
私は針の穴に糸を通すのが難しく、
小銭を取り出せば落っことしって
それはさっき書いた、

携帯を使えば押し間違え、
卵をご飯にかけようと、
チャンチャンチャンチャンと
調子よく溶こうとすれば、
音ばかりが軽快でちくとも溶かれないばかりか、
リズミカルに縁から垂れる始末。

納豆の透明のフィルムに至っては、
私の指がそんなに好きなのか、
いや~ん捨てないでぇ~んとメタメタしてくる。

銀行のキャッシュディスペンサーも
タッチパネルの変なところを触ってしまい、
サディスティックな女性から
「もう一度初めからやり直してください。」
などとと叱咤される。

蝶結びはほどけ、
または縦結びになる。

故に私はひも靴を一足たりとも持っていない。

ジッパーの靴、革靴、
スッとはける靴しか持っていない。

マジックテープの存在意義を考えると、
これはきっと
手先の不器用なやつのために開発されたものとしか思えぬ。

ただマジックテープ着脱時に生じる、
あの「ミリッ!」音がまるで
「幼稚!」と言われているような気がして
後ろめたいというか不愉快なため、
極力使用は避けている。

ギターのケーブルも巻き取るのに時間がかかる。

そして私は文章の行き着く先を完全に見失ってしまい、
大変に困り果て、
そしてあまりに無軌道な殴り書きしていた自らの無謀さ、
正確には手先ばかりでなく
脳髄までもが不器用であったという事実に
今さら気づいても時既に遅し、
遅しというとまるでお寿司みたいだ、
かんぴょうを海苔で巻いたのとかって、
私はあまり生寿司を食べないから。

湿った海苔で作った巻き寿司も
今私が書き殴っている文章も、
どちらも歯切れが悪い。

どうにもお後がお悪いようで。

また来週。

この記事をはてなブックマークに追加

4/15演目紹介

2012-04-15 19:35:38 | お知らせ
朝10時20分入り。

早い、が朝からデカイ音を打ち鳴らす爽快感。
が、リハ激押しにつき、曲を1分半だけやって終了。

本番14時過ぎに終了。
早い、爽快、出来イマイチ。
昼飯と称してパンとレモンティー流し込み、
お客さんと談笑、
面白いので外に連れ出して更なる談笑、
様々な合致、符合に嬉々として止まず。

その後、芸能人気取りで
カメラマンの北原一宏氏と打ち合わせ。
彼は死ぬまでカメラマンだ。

ハコに戻るとさすがビジュアル系イベント、
バンギャが増殖、
居場所を失った私は
園長氏が何故出番終えて一時帰宅したのかを知る。

演目紹介

太鼓叩き語り

1住まう人巣くう人(新曲)
2案山子
3未明の孤独
4お悔やみ申し上げません

古い曲2曲と新しい曲を2曲、
新旧なんとかというやつだ。

私は今、園長氏にならい一時帰宅している最中。
時刻19:32。

帰ってシチューを食べるためだ。

次回公演は5月3日。

この記事をはてなブックマークに追加

不器用がキマれば良い、決まらぬから困る(前編)

2012-04-15 00:00:00 | 声明文
私は手先が不器用だ。

餓鬼の頃、
級友がミニ四駆をワイワイ走らせているところを、
スイッチを入れてもちくとも動かぬ
四駆握り締めながらその様子眺め、
夕暮れ、
父の帰宅を待って動かぬそれを差し出しては、
「惜しかったな」
などとフォローされながら
ギアーの部分などを再度組み立ててもらい、
周囲には恥ずかしいから
自分で作ったと嘘をついた。

見栄とプライドばかりは一丁前の餓鬼。

他のプラモデルなんかも
ほとんど完成に至ることはなかった。

ボンドを使うやつはまず無理だった。

ボンドを使わないタイプのやつでも
まず困ったのがパーツの切断。

ニッパーを使うと綺麗に切れるよと兄に教わり、
ニッパーを使うが兄のようにはいかぬ。

塗装などもっての他、
口をむの字にして懸命に塗っていたはずが、
持っている左手の指先までばっちり塗ってしまい、
そうして汚れた手でプラモデルを持つものだから、
塗ってはいけないところまでベトベトにしてしまう。

小4の時の課外授業では、
果敢にも工作クラブに入ってみたがまるでダメだった。

難しいプラモデルは全て、
「不良品だ!」と難癖をつけてやめた。

この不器用は大人になってからもまとわりつき、
最近の話でいえば、先日のワンマン。

演出上、どうしても必要となった
2m×1、5mの暗幕4枚を、
一人で上手に張れるか不安で不安で仕方なく、
自宅でイメージトレーニングはしたものの、
ビビりな私は超強力かつ巨大なクリップを20ヶ購入、
ピロピロしてるところをマイクスタンドに、
がんがんガシガシ留めまくるという幼稚な方法で凌ぎ、
後ろから見たら餓鬼の工作のような有り様で、
全く28歳の大人のやることとは到底思えぬ。

ギターの弦の張り替えだって、
12歳からやってるんだから、
もうそろそろ上手になっても良い筈なのだが、
恐ろしく時間がかかる。

ちょっとでも急ぐと忽ちぐちゃぐちゃになり、
とても弾けたものではない。

心落ち着かせ、
古い弦を外す所から始めると、
冗談抜きで1時間かかる。

(チバ大三さんなんかは本番中に弦が切れると、
その場でMCしながら2~3分で張り替えてしまう、
あれはもうパフォーマンスの域。
早替えパフォーマンス。)

演奏技術も15歳をピークにまるで向上しない。
指がどうもいけない。
エックスの「紅」が弾きたくても弾けない。

次週に続く

この記事をはてなブックマークに追加

次回公演の御知らせ、半額で良い、高いから。

2012-04-09 22:21:42 | お知らせ
*******************************************
*******************************************

4月15日(日)
神楽坂エクスプロージョン

マリア企画

開場12:30
開演13:00

前売3000円+飲代
当日3500円+飲代

13:00-13:25組織暴力幼稚園
13:35-14:00死神
14:10-14:35悪大福
14:40-15:05ray
15:10-15:35ブライダルベール
15:40-16:05RuCe
16:10-16:35アニソン仮面
16:40-17:05マドモアゼル可愛
17:15-17:40Lyrical Life
17:50-18:15Rapunzel
18:25-18:50Cranberry Alice
19:00-19:25ERG†IRE
19:30-19:55VIVA族
20:05-20:30SOLEIL
20:40~マリア☆カンパニー

死神の出番は2番目13:35~

演目は未定

ご予約はこちら

*******************************************
*******************************************

前売り券3000円は高いなあと思う。

まあ全部見れば元を取れるかもしれないが、
死神を見にくる人はたぶん全部見ることは無いだろう。

なので前売り予約を前日までにしてくれた人は、
入場時に1500円キャッシュバックします。
つまり予約して入場した人には、
1500円の入った封筒あげるよってことです。

だからこれでドリンク代込みの総額2000円、
いつもと同じくらいの金額で見られますという寸法。

真昼間にでます。

太鼓叩き語りで出演します。

新曲「住まう人、巣くう人」やります。
今懸命に覚え中。

ピアノのオケを仕込むのにガンガン弾いた。

リストっぽいフレーズを弾きたかったが、
弾いたら身障のリストみたいなフレーズになってしまった。

「ランパララッパパパ」がどうも、
「ズンチャカズッダダダ」という発音になってしまう。

不穏で静かな旋律と多様なリズムのピアノに合わせて、
太鼓と唄が良い具合の化学反応を起こす予定。

こうして、
「やります。」
と宣言してやらなければならない環境を作る。

これ大事。

この記事をはてなブックマークに追加