【公式】死神(ギター弾き歌手)ホームページ

<検索>死神、しにがみ、ソロ、シンガーソングライター、弾き語り、ギター、ミュージシャン、情念、フォーク、歌謡、演歌、日本

24日公演終了+次回公演のお知らせ

2010-11-29 00:00:00 | お知らせ
11月24日。
両国サンライズギター大学企画、終了。

演目紹介

エレキギター弾きぼやき

1いびつの美学
2狂気の正気
3なにやってんだ
4土砂詰まり口中
5人間団子
6出生拒否中絶歌
7真夜中の台所


生きていることはなんて辛いことか。
なれるなら一度試しに「無」になってみたいものだ。
と、頻繁に頭をよぎる。
うつ病でもなんでもないのだが。
そんな考え、空想が頻繁によぎる。


12月4日(土)
高円寺無力無善寺

「三上寛とその仲間たちライブ」

開場18時15分
開演18時30分

ご予約不要

飲代込2000円

他の出演

三上寛
敬々
無善法師
臼井淳一
受容

出番は2番目
19時から19時30分まで

嬉しい。
長年敬愛している三上寛氏と共演だ。

数週間前に西荻のアケタに氏のライブを見に行ったが、
まさに化け物、
規格外の「存在」だった。

凄かった。

鑑賞後、熱っぽいホモっぽいまなざしで、
氏に初めて声を掛け感想を伝え、
更には愛読していた氏の著書、
「子供の頃僕は、優等生だった」
にサインまでおねだりしてしまった。

ミーハーで何が悪い。

12月4日、是非お越しください。

この記事をはてなブックマークに追加

人の苦しみが分からないという「正常」

2010-11-28 00:00:00 | 声明文
ああ、悲しい。
悲しい。

というのはこれ、
私は今、
「人の苦しみ」
について考えていたから。

「人の苦しみ」
というのはまあ
「他人」の苦しみであって、
私の苦しみではない。

「人」の苦しみを試しに、
「親」、「兄弟」、
「親友」、「恩師」
と置き換えたとしても、
それもやはり「他人」の苦しみにすぎず、
私の苦しみではない。

他人は他人であって、
私ではないのだから、
その苦しみを同じ質、
同じ重さで正確に味わうことはできない。

永遠に他人の苦しみは分からない。

苦しみとは「私」にしか分からない、
そういうものだと思っている。

だから、ああ、悲しい。
とても。
山崎ハコと森田童子を聞きたくなる。

どう足掻いても、
他人の苦しみは分からないのだから。

と、思っている人間はごく少数らしい。

驚くべきことに世の中には
「人の苦しみが分かる」という、
超人で溢れ返っていることが
最近になって判明したのだ。

超人の国、日本。

いや、超人の星、地球。

万歳。

むしろ私のように
他人の苦しみは分からないと
真顔でかつ真剣に言う人間の方が圧倒的に少なく、
むしろそんな奴人畜以下、
てゆーかまじあり得ないのだろう。

同じ空気吸っててすみません。
むしろ息しててすみません。

いやはや、
世の中の偽善者の多さには閉口してしまう。
嘘をつかないと
嘘つきは言うのがまあ相場ですが。

(「自称正直者」すなわち
「大嘘つき者」は、
真顔で「私は嘘をつかない」
と言うので気をつけよう。)

ちなみに私は人生で様々な嘘をついて生きてきた、
今なお様々な嘘をついて生きている。

嘘を止めることはできない。

「嘘」が蔓延する世界で生きるには、
「嘘」が必要だからだ。

この世を生き抜くために備わった、
本能的な知恵、
それこそが「嘘」なのだ。

繰り返し言う、
私は本当にチマチマ小さな嘘をついている。

だが、同時にその嘘に
並々ならぬ嫌悪も抱いている。

じゃあ一切嘘をつかなきゃいいじゃんと言われるが、
私にそれはできぬのだ。

できないことを知っているのだ。

ならばせめて、
ならばせめてと、
私はついた嘘を見逃さないよう
しっかりと観察している。

そして大いに恥じている。

「嘘」の汚さを骨の髄まで行き渡らせる。


何も感じなくなったらそれこそおしまいだ。


ここ4、5年は意識的に
無意味な嘘は減らしている。

今までなら我慢していたであろう小さな怒りも、
なるべくその場できちんと問題提起し、
怒り、
ネチネチ文句を垂れるようにしている。

あと、
自分の精神的主張に関しては一切折らない、
変えない、曲げない。

これもここ4、5年の話だが。
貫いている自負がある。

と、話の蛇行お許しを。

人の苦しみは大まかにぼんやりと
「予測」はできても
「分かる」ことはない。

分かりやすい例を挙げれば
「私」が財布を紛失したときの苦しみと、
「親友」が財布と紛失したときの苦しみは違うはずだ。

圧倒的に「私」が
財布を紛失したときの苦しみの方が強く重いはずだ。

ぼんやりと辛いんだろうな、
かわいそうにとは思えても同じ質、
同じ量で分かってあげることはできないのだ。

大切な関係の人間ならば尚更
「分かる」なんて軽々しく口にしてはならないのだ。

この私も、たまに人の相談に乗ることがある。

そしてなんらかの助言がするとき、
しっかりと話聞き、
「その苦しみの深さ、
重たさはあなたにしか分からない。
私にはそれを正確に
分かってあげることができない。」
と前置きした上で、
誠心誠意の助言をする。


人の痛みが分からない非情な男につき。

この男、偏屈につき。

この記事をはてなブックマークに追加

貧乏暇あり 後編

2010-11-21 00:00:00 | 声明文
先週の続き


「美味しいものしりとり」だ。

軽く1時間は潰すことができる。

そして金もかからない。

美味しいものを頭に思い浮かべ
いろんな味を楽しむことができる。

ルールは簡単だ。
しりとりのルールそのまま。

しかし1点縛りがあるのがこのしりとりのミソ。

参加者全員が心の底から
「美味しい」
と思えるものでなければいけない。

よって参加者の個人的な好き嫌いによって
このゲームは大きく左右される。

名詞だけでなく形容詞をつけ加えても良く、
倒置法や具体的な調理方法を加えるなどの方法も可。

想像力をかきたてるものであれば
幾らでもひねくれて構わない。

参加者全員を頭の中で
「美味い」と思わせれば良いのだ。

それがこのゲーム最大のルール。

回答者はその都度全員に
その食べ物が美味いと思えるかどうか確認、
一人でも不味いといえば不可。

判断に迷う可笑しな回答の場合には
それが美味いがどうか全体で協議する。

では経験も交えながら、
お手本をお見せしよう。

はじめは何でも宜しい、じゃあ。


ステーキ

木苺のタルト

とうもろこし
(とうもろこしは歯に挟まるから嫌い
という奴が居たため不可、
もう一回)

豆板醤の肉野菜炒め

目が眩むほどに高いトロまぐろの刺身

みかんがたくさん乗ってる杏仁豆腐
(みかんはたくさんいらない
というやつが居たため不可、
もう一回)

みかんがたくさん乗っていない杏仁豆腐

腑に落ちないが寿司屋が作った絶品うな重

うるさいがそれだけ繁盛している焼き鳥屋の焼き鳥

リーズナブルなのにこの旨さ、
吉野家の牛丼つゆだく

糞高い洋食屋のおランチ
(誰も食ったことがない想像上のものだが、
「なんだかそれ美味そうだな」
と満場一致したため可。)

チンジャオロース

炭火で焼いた骨付きの肉

串に刺さった出来立ての粒あんヨモギ団子

ゴマ豆腐を越えたゴマ豆腐

二日目のがんもどき

きまぐれシェフの日替わりパスタ
(「日替わり」というイベント性も味の内だろう、
ということで今回のみ可)

タバスコをうっすらかけた熱々の釜焼きピザ

座椅子にふんぞり帰って食べる饅頭とほうじ茶

やっぱり母の作ったカレーライス

スイカやメロンが入ったフルーツポンチ、
器はスイカをくり貫いたやつ

つなぎなし、
頑固主人こだわりの
十割りそばを食った後に飲むそば湯

夕暮れに買い食いした焼き芋

もうたくさん。

終了。

今でだいたい15~20分位時間がつぶれた。
時間を潰してしまった。

会食の待ち合わせに早く着きすぎた場合、
遅刻者を待たなければならない場合、
兎に角あと30分潰さなければならない場合などに
大変有効なこの遊び。

貴方の人生の調味料に是非どうぞ。

この記事をはてなブックマークに追加

貧乏暇あり 前編

2010-11-14 00:00:00 | 声明文
約5年前、私はド四流の大学生だった。

田舎から上京し、
親から毎月仕送りをもらい生活していた。

でも勉強なんか1つもしなかった。

人生で最大のモラトリアム生活をしていたことを
ここに告白する。

毎日ぼんやりと曲や詞を書いて
バンドやソロ活動なんかをやり、
その費用だけは自分で稼がねばならなかったので、
ウェイターのアルバイトで
「いらっしゃいませ」
と言ったり、
スーパーの試食売り場で
肉をじゅーじゅーやって、
餓鬼に喰わせて
「お母さん連れておいで」
と言ったり、
それ以外の時間はどんよりとした焦燥と、
漠然とした今後の不安に悶々としていた。

うすうす自分には
何の才能もないことに気づき始めていた。

思考ばかりが反社会化していくが、
結局私が生きるのはこの社会であって、
憎き馬鹿大衆ありきの社会、
むしろ税金をきちんと納めまくる
大衆社会の人々にある種救われて
死ぬ運命にあるヒネクレ者とは実にやりきれない。

そんなことを考えたりしていた。

時間ばかりが際限なくあった。

もてあましていた。

授業にもほとんど出ず
(運が良いのか、
私の居た法学部というのは小論文の試験ばかりで、
家で1週間位ぶっ通しで教科書や資料を読み、
頭に叩き込めば落第はしなかった。
一度も出席せずに「良」をもらったこともある。
ふざけきっている。)

適当に一日一食だけ飯を食い、
煙草をモクモクさせ、
眠ってばかり居た。

このモラトリアム生活が2年過ぎたころだろうか、
仕送りの生活費を極限まで削り
音楽に金をぶちこむ癖がついてしまい、
毎日腹を空かしていた。

(この頃は一日一食の内容も悪化、
酷いときはハチミツをかけたパンと水道水。
アルバイトがある時には
賄いご飯2合にうどんツユをかけたものを流し込んでいた。
残り物のおかずがあるときは嬉しかった。)

昼寝をしようにも腹が減ってままならない。

暇だ、なんか食いたい、金がない、暇だ、
じゃあ音楽しよう、でも腹減った、動けない、
暇だ、金がない、腹減った、動けない。

そんなある冬、
私の級友の一人も同じような境遇に居た。

貧乏暇あり。

暇人貧乏二人で暇を潰そうと
公園のベンチでぐったりどろどろ話し込んでいた。

しかし腹が減る。

金がない。

時間ばかりが無限にある。

そして我々暇人は最強の遊びを発明する。


次週へ続く

この記事をはてなブックマークに追加

11月6日公演終了

2010-11-09 22:30:48 | お知らせ
ご来場ありがとうございました。

帰宅後、
湯飲み茶碗を叩き壊したくなった。

畜生、般若の心境。

演目

エレキギター弾き語り

1、なにやってんだ
2、生まれてこない(新曲)
3、いびつの美学
4、人間団子

太鼓叩き語り

5、粘土遊び
6、案山子

新曲「生まれてこない」初お披露目。


んで次、
11月24日(水)
「ギター大学」
というバンドの企画に出演します。
(映像見たら格好よかった。
「リ アクション」て曲でした。)

両国サンライズ。

両国、両国ですって。
お相撲の。

どすこい。
ですよ、どすこい。

「どすこい」と何度も小声で口ずさむと、
「どくそい」になるんです。

何度やっても。

こんな難民体型の男が出ていいのでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加