【公式】死神(ギター弾き歌手)ホームページ

<検索>死神、しにがみ、ソロ、シンガーソングライター、弾き語り、ギター、ミュージシャン、情念、フォーク、歌謡、演歌、日本

※今週土曜。次回公演のお知らせ

2010-10-31 22:13:16 | お知らせ
いよいよ今週土曜です。

************************************************

情報配信登録者限定
「前売予約特典」

11月6日(土)公演
チケット代無料にてご案内致します。
(※ドリンク代はご負担ください。) 

そして出番終了後、
「私の公演にご納得頂いた方」
のみ、
物販席に設置したカンパ箱に、
小銭でもお札でも小額で結構、

カンパをお願い致します。

納得できなかった方は、
勿論カンパ不要です。

私と対面したくない人は、
私が物販席から離れたスキに
ササッとお願い致します。

このご時世です。

チケット制に飽きたので、
今後もこういう小さい抵抗や実験をネチネチ試みます。

ご予約の際、
備考欄に合言葉をご記入のうえ、
送信して頂くようお願い致します。

ご登録がお済でない方、
是非この機会にご登録ください。

************************************************

情報配信

月1回配信中

毎回、なにかしらの特典付けてます。

(未発売CD-Rのプレゼント、
絶版商品の配布、公演の招待券、割引券など)

声明文よろしく人を不快にする小話付き。

是非、ご登録を。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=kmsgl&P=6

十一月号は先日配信致しました。

届いていないという方、
いらっしゃいましたらご一報ください。

新規ご登録の方、
大丈夫です、11月号再送信できます。

*************************************************

11月公演のご案内

11月6日(土)
新宿ウルガ

死神+ウルガ企画
「この日のライブは中止になりました」

開場18時
開演18時30分

前売
1600円+飲代
当日
1800円+飲代

他の出演

ぐしゃ姉妹
病気マン
遊生解

Emotional Ticon

出番は6番目
21時25分から21時50分まで

************************************************

御予約を御希望の方は、
下記公演予約フォームよりお願い致します。

「公演予約フォーム」
http://form1.fc2.com/form/?id=509639



**************************************************

この記事をはてなブックマークに追加

そいつは進化じゃない、退化だ。

2010-10-31 00:00:00 | 声明文
就寝前、嫌な事を思い出す。

思い出せば思い出すほど
怒りは天然温泉の如く沸き上がり、

「アアーーア!」
「ンーンッ!」

などといいながら、

布団にくるまって暴れたり、
枕に頭突きをする、
シーツを引っ張りドンドンするなどの
凶行を年数回行っている。

では、
嫌なことがあった時、
その感情を
(「怒り」限定で)
あなたはなんと言い表すだろうか?

私は、
「むかつく」
「腹が立つ」
「頭にくる」
この3つがある。

それぞれニュアンスが異なるので、
怒りの内容、
塩梅によってどうやら使い分けているらしい。

私はあまり使わないが、
「イラつく」
「むしゃくしゃする」
なんていう人もいるんじゃないかと思う。

「言葉」がたくさんある。
ニュアンスの違うたくさんの言葉がある。
いやっはー、日本語て素敵だなーほんと。
そう思っている。

こんな素敵な日本語を使いこなせない私は、
なんて愚かなのだろうと思いながらも、

まあ、言葉は時代の流れと共に変化するもの、
めためたに古ーい古文書に、
「最近、若者の言葉が乱れている、けしからん。」
という記述がある位なのだから、
言葉の乱れも
新たな文化として受け入れるべきかもしれないと
思考が怠けていていけない。

が、あまり度が過ぎても、
今度は人間から動物への退化の恐れもあるため、
ある程度「異」も、
唱えなければならない。

何事も中庸、中途、折中、
というわけで今回は、
「異」を唱えようと思う。

じゃあ唱えます。

「うざい」という言葉をよく耳にする。

私は最近、
東京の都会生活を満喫すべく、
街をのっしじゃんがと歩いたり、
中央線に乗ったり、
飯屋やライブハウスに行ったりと
外出する機会が多いのだが、

あちこちで、
この
「うざい」
ないし
「うぜー」
という言葉を耳にした、
耳にする、耳にしている。

例えば、

「あいつマジ、うざいだよ。」
「ああ、うざいっ。」
「この料理不味っ、ほんとうぜー。」
「電池切れだ、もううざいんだけど。」
「うぜー、某からメールだ。」

「うざい」と「うぜー」
のオンパレード。

「腹立つ、むかつく、いらつく、
頭にくる、むしゃくしゃする」
と、
「嫌い、面倒くさい、うるさい、鬱陶しい、
ツイてない、馬鹿らしい」
などこれらを全て引っくるめた言葉が、
「うざい」
ないし
「うぜー」なのだ。

風邪薬でいうところの総合感冒薬ポジションだ。

つまり、
「おはよう、こんにちは、こんばんは」
を、
「うぇぃーっす」
に短縮するようなものだ。

より簡単に、
よりシンプルに、
より便利に、
省エネ世代を象徴するような言語の乱れ、
それこそが
「うざい」
ないし
「うぜー」なのだ。

更に人間は、
より簡単に、
よりシンプルに、
より便利を追い求め、
「うざい」
がそのうち、

「ウザ」

「ウキー」

「キー」

に変わり、

人間が本当にサルになる日が
くるんじゃないかと危惧している。




キーーーーーーーーーーーー。





この記事をはてなブックマークに追加

つまり、あと2日生きていればの話だがね。

2010-10-24 00:00:00 | 声明文
私は10月26日まで生きていれば誕生日を迎え、
27歳になる予定だ。

18歳のとき27歳は中年だと思っていた。

死ぬとか生きるとかの問題も、
この年になれば
なんか少しは分かるんじゃないかと思っていた。

もうすぐ27歳になるが、
全く持って何一つ解決していない、
分かっていない。

ただ、
人間は偶然にこの世に生まれ、
偶然に翻弄され続け、
ある日死ぬ。

ということがなんとなく、
なんとなく実感として分かってきたくらいだ。

一向にキリスト、アッラー、
麻原、グル、大作などの
神は一切信じない、すがらない。

この問題を
「神ごとき」
に丸投げしてたまるか。

(「オテントウ様」くらいの
緩ーい神様は信じるというよりかは、
好きだ。
因果応報なんていう言葉も
「オテントウ様」的な感覚、
雰囲気があって好きだ。)

相変わらず
以上のような偏屈を振り撒いてはいるが、
まあ特に殺されたり、
殴られたりする予定もなく、
穏やかに誕生日を迎えようとしている。

これからも、
「もう良い大人なんだから、、、」
と諭そうとする偽善者や、

良し悪しの感覚が、
もはや完全に死滅した、
「皆が良しとするもの我も良し」
「皆が悪しとするもの我も悪し」
とする、
「事なかれ主義者」
に屈することなく、

おかしいと思うことには苛立ち、
怒っていようと思う。

疑問や不満を
「仕方ない」
で片付けないよう注意深く観察し、
社会に抹殺されない
ギリギリの抵抗を試みたい。

(私は大衆社会に生きる一人、
大衆社会ありきの社会という認識があるので、

大衆社会から完全に弾き出されたら、
ホームレスになるか、
山ないし、
無人島で暮らすほかないことを知っている。

私は大衆社会にまだ居たいのだ。

大衆社会は「敵」であり、
同時に「故郷」でもある。

故に大衆的思考と反大衆的思考のギリギリの
「精神の折り合い」、
こいつの見極めにいつも神経を使っている。)

改めて。

年齢を指折り数える。

私は27歳になる。

そして、ある一つの疑問にぶちあった。

まず、私は丸26年生きてきた。

次で27歳になる、なります。

でも私は27年間生きていません。

疑問はここ。

私はそこに並々ならぬ違和感を感じてならないのだ。
この空白の一年、実に腹立たしい。

つまり、
赤ん坊がニンギャフンギャニンギャアアオギャアと
生まれたときを0歳としてカウントを始める。

数字というは
「有る」ものを1、2、3、4と数える。

リンゴが皿に盛ってあります、
さていくつでしょう。
という塩梅にだ。

皿に一つもリンゴがない。
なら0なのだ。
だから0なのだ。

「有る」ものを数えるのに、
0から数え始まる、
人間の年齢とはいったいなんなのだろう。

(ヤフーやグーグルを使えば、
こんなことは一発で分かるんだろうが、
私はこういう哲学的な問いは、
手前の頭できちんと考えなければ無意味だと思っている。
心からの疑問こそ遠回りの価値がある。)

0とは無だ。
0歳児は無なのか?
いや、有だ。

おかしい。

母からオンギャアフンギャニンギャアア
と生まれた瞬間から1歳でいいじゃないか。

だめですか?

母からオンギャアフンギャニンギャアア
と生まれた瞬間から1歳で。

始まりのイチ。

キリよく。



だめですか?




駄目ですか?




こんな27歳じゃだめですか。







あと2日生きていればの話だがね。










この記事をはてなブックマークに追加

10月17日公演無事終了

2010-10-18 22:39:26 | お知らせ
ご来場ありがとうございました。
CDなど買ってくれた人々、
ありがとうございました。

演者はお客さんに「見られて」鍛えられる。
そう思った。


演目

ギター弾きぼやき

一、いびつの美学
二、狂気の正気
三、人間団子
四、真夜中の台所

太鼓叩きぼやき

五、案山子
六、バケツの水が真っ暗
七、沼
八、ばらんばら
九、お悔やみ申し上げません

たっぷり40分やりました。

喉が途中で死滅するが、
心地よかった。

一ヶ月近く体調をおかしくしていて、
一度も歌うことができず、
歌いたくて歌いたくて仕方なかった。

山崎ハコの曲に、
「歌いたいの」
という曲があるが、
ほんと「歌いたいの」だった。

歌えて私は嬉しかった。

ああ、
まだまだ歌いたい。

歌いたい。
歌いたいので、
やる。


死ぬまで歌ってやる。
死ぬまで生きてやる。


11月6日(土)
新宿ウルガ

死神、新宿ウルガ共同企画
「この日のライブは中止になりました」

開場18時
開演18時30分

前売1600円+飲代
当日1800円+飲代

他の演者


遊生解
病気マン
ぐしゃ姉妹
Emotional Ticon

出番は6番目
21時25分から21時50分まで

ウルガとの3対3の闇鍋企画です。

死神側からは、
ぐしゃ人間のギターとボーカルの姉妹ユニット、
「ぐしゃ姉妹」と、
究極のソロパフォーマー「病気マン」がでます。

企画はやりますよ。

今までにない、
企画名を考えたらこうなりました。

これだけ情報が溢れる社会です。

疑ってかかることも大事です。

そういう意味合いです。





この記事をはてなブックマークに追加

風邪流行る、流行という風邪

2010-10-17 00:00:00 | 声明文
私は9月末から10月半ばの間に3度風邪をひいた。

8月に踊りの稽古場の人間関係を自ら破壊してしまったので
(この性格だから仕方ない)、
まあ辞めたのだが、
踊りをやめた途端、
免疫力が低下したらしい。

(踊りの稽古をはじめて1年半、
本当に体が強くなった。
持病の腰痛も一切なくなった。
病弱男の人生の中で一番健康な一年だった。)

まさか踊りを辞めたことが
ここまで影響するとは思わなかった。

週に一度大量の汗を流し、
筋肉を使うことがこんなに大事だったとは。

が、今は安静にしなければならない。

9月25日以来、一度もスタジオで練習できていない。
歌いたい。

曲を作りたい。

不健康な音楽をやっているが、
健康が一番、つくづく思う。

風邪。
風邪ね、風邪か。
季節の変わり目だからだろうか、
流行っている気がするのは。

風邪が流行る。

流行るというのは流行するということか。

何々が流行る。

流行。

流行とは病気なんじゃないか?

自身の価値観が流行に流されてしまうのだから、
これは病気なのかもしれない。

流行によって新たなものを知る。
知ることは悪いことじゃない。
無知こそ恥だ。

流行も一度自身の価値観のフィルターに通してみて、
自身にとって良いものと判断したものは
どんどん取り込んだら良い。

そう思う。

私はそうしている。

だから携帯電話を所持している。
ナタデココを食べている。
七分丈のシャツを着ている。
さっぱりする汗拭きシートを所持している。

時代は猛スピードで変わっているのだ。

これだけ氾濫し、
交錯し、権力者の陰謀が乱れ飛ぶ情報の山から、

(例えばだが、
「この冬は何色のこんな服が流行します」
とファッション業界が流行を事前告知するのも、
できるのも、
全て商業の陰謀なのだ。

そしてその情報を鵜呑みにするであろう
視聴者や読者に対し、
「流行に乗り遅れますよ?」
と煽り、脅迫する。

商業の仕掛け人は、

大衆は
「流行に遅れることを恐れる弩級の知恵遅れ」

と知った上で情報を流している。

そうして「世を流して」いるのだ。

そして大衆は、
「世に流されて」いくのだ。)

要る流行と要らぬ流行を手前の肌で感じとり、
要らぬものはどんどん捨てていく。

でなければ、
いつか本当に情報にぶっ殺される日が来るんじゃないかと思う。

危惧している。

久々に家の郵便ポストを空けたら沢山の情報、
チラシやなんかが入っていた。

新築マンションの見学会、ピザ、寿司、
中華、釜飯、引っ越し屋、ゴミ収集屋、
水道局からの督促状、写真付きの礼状、
金融、マッサージ屋、他。

私は「水道局からの督促状」
のみを抜き取り、
後は全てゴミ箱へ捨てた。

流行の「逆ギレ」をして
水道代を踏み倒そうかとも思ったが、
善良な市民である私は、
速やかにコンビニエンスに行き、
料金を支払った。

貧困の夕暮れ。

この記事をはてなブックマークに追加