【公式】死神(ギター弾き歌手)ホームページ

<検索>死神、しにがみ、ソロ、シンガーソングライター、弾き語り、ギター、ミュージシャン、情念、フォーク、歌謡、演歌、日本

小粒の違和、大粒の違和

2010-05-30 00:00:00 | 声明文


栃木県に生まれ18歳で上京。
関東生まれ関東育ち、
生粋の関東人間。

19~20歳になる頃、
先々週書いた、「長生きしたければ~」
の本をすすめてくれた我が友
(私が最後に組んだバンドのドラマー、
私と同等の意識水準で創作が出来た唯一信頼できるメンバーだった。
現在福井県で「遊生解」という、
ベースとドラムのインストユニットを結成、東京・大阪で活動中。)
は関西弁を話すのだが、
どうにも納得がいなかい言葉遣いがあった。


昨日ごっつおもろいテレビやってたやんかー。
昨日オーケーでパン買うたやんかー。
スコーンてスティック折れてまったやんかー。
金髪のヅラつけてみたやんかー。
あいつ人ん家きて余計なことするやんかー。
ごっつ不気味な夢みたやんかー。

~やんかー、~やんかー、~やんかー、~やんかー、
~やんかー、~やんかー、~やんかー、~やんかー、
~やんかー、~やんかー、~やんかー、~やんかー



だーかーら、知らないって。
知っていることを前提に話をしないでくれ。
知らないって。

お前がいつ何時テレビを見てただの、
安くておいしいパンを買っただの知らないんだよ。
あなたの生活をおはようからおやすみまでみつめる
ライオンの提供じゃないんだよ。
まったく。

と毎回毎回思い続け、
あるとき私が「何々やんか」
をちくちく咎めると、
「そうかなー、しゃーないやんそうゆーもんや、はは」
と言われ、

これ以上罵ると、
彼の郷や育ちを悪く言うようで気がひけてしまい、
方言だから仕方ないだろうと渋々納得したが、
私はこういう小粒の違和感を感じることが非常に多い。

以前、週刊誌の見出しに、
「悩ましい総理大臣」とあるのをみかけ、
目が飛び出そうになり、
恐る恐る内容を確認してみると、
なんのことはない。

「悩みの多い、
問題を抱えまくった総理大臣」
という内容のことが書いてあった。

「悩ましい」とは、
簡単に言えばこう、
性的な魅力やいやらしい姿、
エロティックなものを表現するときに使う言葉であって、
決して「悩みが多い」という意味ではない。

(心配になって広辞苑を引いてみたらなんと、
「悩みが多い」という意味での使い方も、
現代では間違いではないらしい。
誤用ではなく、
もう「誤用が一般化」してアリの使い方らしい。
悲しい。が私は認めない。)

悩ましい総理大臣。

私は鳩山総理大臣が、
白ブリーフ一枚で漆黒のソファーに内股で寝そべり、
はにかみながら頬を赤らめ、
右手の人差し指を軽く噛みつつ上目遣い斜め45度カメラ目線という、
大変不気味な写真を想像してしまい慌てふためいた。

週刊誌ならやりかねないと思ったが、
内容を見て安心した同時に小粒の違和感。

ウッフンとする鳩山を再度想像し、
大粒の違和感。

もうすぐ梅雨ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

情報の排泄

2010-05-16 00:00:00 | 声明文


私は朝食を食べない。

3カ月前に断った。

私の親友が、
「長生きしたければ朝食は抜きなさい」
という本を薦めてくれたのがきっかけだ。

特に長生きに興味はないものの、
当時1カ月以上続くめまいに苦しんでいた私は、
兎に角健康になりたいと切望していたため、
そんな単純なことで健康になれるのならばと
(半ば胡散臭いなと疑いつつも)
早速試してみることにした。

まずは正しく勉強せねばと本を数日で読み切ってみたが、
意外なことに読み物としても大変面白かった。

洗脳されてきた食の常識を根底から覆し、
盲点をほじくりだし、
ばっさばっさ斬りまくる。

朝飯を食べない人間は勉強ができない、
体力が落ちる、集中力が下がる、
太るという無根拠な常識や、
朝食以外にも牛乳は毎日飲んだほうがよいだとか、
1日に何品目食わなきゃいけない、
動物性タンパク質もとらなきゃいけない、
1日何キロカロリーは摂取しなければならないなど、

あらゆる食の常識、
現代の足して足して引くことを知らない、
「プラスの栄養学幻想」を次々と論破するといった内容で、

超偏屈な私(ばっさばっさ切り捨て、
引いて引いて引きまくった結果独演者となった私)には、
大変愉快な読み物だった。

しかもこの足して足しての3食の栄養学は、
GHQによる刷り込みと、
敗戦国という背景も大きく影響しているというのだから驚きだ。

(だだ、著者の文体には最後まで慣れなかった。
いくつか怒りを覚えるところもあった。
著者はその健康法の考案者ではなく、
甲田氏という考案者から教わったとこを、
ただ紹介しているだけにも関わらず、

常識を糾弾する際の論調はまるで考案者目線、
もはや開拓者のつもりなのだろう。

そして徹底して考案者を先生、先生、
嗚呼先生と宗教的に崇める姿勢も至極不愉快、
だがその部分さえ目を瞑れば、
読み物として面白いと思いました、はい。私は。)

メシ喰うな。ってわけだ。
あらゆる病は、食べ過ぎから始まる。
必要なものをいかに少なく食べるか?
というマイナスの栄養学の重要性を説く本で、
時折そこまでいったら人生を謳歌するための健康じゃなく、
健康のための健康で無意味だろうと、
苦笑してしまうところもあるが、
毎日実践しても実生活に支障をきたさないだろうと判断した、
1割程度を吟味し実践することにした。

結果、実践して1ヵ月程度で、
数年もの間胃薬を毎日持ち歩いていた私が、
胃薬を一切服用しなくなるほど機能が回復し、
めまい、偏頭痛も通院と並行した結果無事おさまった。

特に最近では体の軽さ
(内臓の軽さ、そう内臓が軽い)
を実感するようになった。

朝一で摂取する大量の水が全身に行き渡りると、
まるで前日の体内の汚れが洗われているような感覚になり大変心地がよい。

そしておまけが1つ。

食にかける費用が以前よりも少なくて済むようになった。

これはでかい。

ものは試しとはよくいったもんで、
身を持って試さないとには分からないことの方が多い。

興味があるなら試してみる、批判するならその後だ。
試して失敗したら残念。
試して成功したらおめでとう。


その後にいる、いらない、
情報の取捨選択を自らの手で行う。


物食って排泄する要領で、情報を食って排泄する。


あんたそれ、いるか?
いると思います?
どうですか?信じる?信じない?


味見してからでも遅くはないんじゃないかと思います、はい。


そして手前で選択することを強く勧めます、

はい以上。


この記事をはてなブックマークに追加

5月8日 死神企画終了

2010-05-09 18:15:54 | お知らせ
5月8日 死神企画無事終了致しました。

ご来場ありがとうございました。

とんでもない面子が集結してしまったなあと、
企画者本人である私が思うほど、
むちゃくちゃに濃い一夜でした。

ええと私は、
人生初のエレキギター弾き語りのみの公演やりました。

死神演目紹介

1、土砂詰まり口中
2、人間団子(新曲)
3、そうか唱歌
4、なにやってんだ
5、床ずれの姿煮
6、真夜中の台所
7、死に化粧

以上

いろいろと思い出深いことがあった。
まとまったら書こうと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

私のスイカ 後編

2010-05-09 00:00:00 | 声明文




~先週の続き~



で早速親にあのてっぺんのスイカを取って欲しいと頼んだところ、
スイカは2切れしかないのだから、
君1人で食べてしまっては他の餓鬼共が食べられず可哀想だから、
もう少し待ちなさい。

スイカは珍しいから、
きっとあとで先生方が皆に平等に切り分けてくれるだろうから、
その時まで我慢しなさい。

と諭すように言い、
その他のどうでもいい果物をよそってくれた。

こういう時は皆で分け合うのかと素直に勉強、
納得し、私は再びパイナップルなどをつつきはじめた。

しばらくして、
隣の餓鬼がわぁっ、その隣の餓鬼がわぁっと言った。

タワーのてっぺんを見上げると、
つい先程まで鎮座していたスイカ、消失。

ハッと横を見ると、
隣の餓鬼が憎たらしい笑顔でスイカに食らいついていた。

その隣の餓鬼も、
「いいもんめっけ」かなんか言いながら、
キイキイ騒ぎスイカにかぶりついていた、
その親共も下品なにこにこ面で、
「良かったねえ」とかなんとか言いながら、
子供とガハガハやっていた。

私のスイカ、私のスイカ、私のスイカはどこにもない。
私のスイカ、私のスイカ、私のスイカはどこにもない。

屈辱、憤り、失望、怒り、
悲しみなど様々な感情が渦を巻き、
肥大し、次第に一つの巨大な雨雲のような感情に変貌、
ちょっとでも揺らされたり、
突っつかれたら泣きだしていたかもしれない。
それ位、私の心は千々に乱れた。

人間というのは汚いもんが勝ち、
汚いもんが得をし、
私利私欲を剥き出しにしたものが生き残る。

当時はそれをうまく言葉にできず、
ただただ気分は酷く落ち込んでいき、
それでも周囲に気い遣いだった私は、
なんとか平静を装い懸命にその場を乗りきった。

そして帰宅後、酷く下痢をした。

20年以上過ぎた今でも、
その事が私の中で重大な事件として引っ掛かり続けていたため、

「なにやってんだ」
というなんとも情けない題の曲の一節に、
このエピソードをそのまんまぶちこみ、
結構な頻度で公演で披露している。




なにやってんだなにやってんだ
なにやってんだなにやってんだ

同様同種の結末を迎える私の最終回
万年床にて見るも無残な後の祭り

私のスイカ、私のスイカ、私のスイカはどこにもない
私のスイカ、私のスイカ、私のスイカはどこにもない


「何やってんだ」より

この記事をはてなブックマークに追加

死神企画 1週間切りました。次回公演のお知らせ その他

2010-05-03 00:00:00 | お知らせ
5月8日(土)
高円寺無力無善寺

死神企画第14弾
「変人の変人による
   変人のための演奏会ー其の六ー」

開場18時40分
開演19時

当日券のみ
1000円+飲代500円

*ご予約不要*

他の出演

ビル
水沢魁蓮
ろみ(仙台)
プラハデパート

死神の出番は5番目
21時40分から22時10分まで

しつこい、しぶとい、死神企画。

ど頭からとんでもないことになると思います。

18時55分には無善寺に居ることをおすすめします。


最新情報
・カメラマン北原一宏氏のサイトに、
昨年末行ったフォトセッション作品が掲載されました。
(トップページ→画面右→UTSUTSUKE(ウツツケ)をクリック
静止画と動画(スライドショー)があります。
http://www.photonicks.com/)

・カメラマン名鹿祥史氏のサイトに、
2月11日撮影分の写真が掲載されました。
(他の写真も見たい方は、
3年前位から遡って死神企画というのを探してみてください。
トップページ→画面下方のLiveをクリック
http://www.geocities.jp/bnashikatokyo/)

・新宿ウルガの10周年特設サイトにコメントを寄稿しました。
(画面中段、4月24日
http://members.jcom.home.ne.jp/ymot/urga10th/10th.html


死神
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kmsgl


この記事をはてなブックマークに追加