コロッケ先生の合格術

ゼロからはじめる受験勉強!
全国の受験生が、一番結果を出す志望大学別参考書、最小の時間で最大の効果をだす参考書を紹介!

どん底から逆転する質問電話(4)

2017-04-21 15:22:06 | コロッケ先生の受験日記
同じ科目でも、大学によって
出題傾向は大幅に異なります。

例えば、早稲田の日本史は、
やたらと細かい用語を質問してきます。

これに対して、国公立大学では、
歴史の意義に対する論述問題が
メインという大学が結構あります。

入試問題とは、志望する大学・学部に
よって出題形式・頻出分野・難易度に
大きな違いがあるので、それにマッチした
勉強法が必要となるのです。

理想的なことをいえば、どんな問題が
出題されても解けるのがよいのですが、
そうなるには10ヶ月では全然足りません。

本番まであと10ヶ月しかないのだから、
志望校の出題傾向に的を絞ることが大切なのです。
ジャンル:
受験
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どん底から逆転する質問電話(3) | トップ | どん底から逆転する質問電話(5) »

あわせて読む