ゴルフ大好き会計士の公私根?同ブログ

会社経営力強化(仕事)も、ゴルフ(プライベート)も、どちらも好き!楽しい!真剣!が大切・・『根』は同じと思っています!

組み合わせて差別化

2017-05-17 18:36:50 | SHAFT経営
「売上アップのために、同業他社と差別化しましょう!」。経営者の方は何度となく耳にする言葉だと思います。でも・・・、製品やサービスが飽和したこの世の中で、差別化ってなかなか難しいですよね。

名古屋発祥の「ブロンコビリー」というステーキハウスが沼津にも出店しました。この会社、売上高は180億円で右肩上がりなのに利益率が落ちていません。売上高経常利益率15%をキープしています。ちなみに同業他社平均は約3%です。どうしてこのような競争激化の中で、利益率を下げずに業績を伸ばしていけるのでしょうか?
経営者によるとこの会社の差別化ポイントは3つ、①備長炭を使用した炭火焼、②野菜ソムリエがプロデュースする種類の多いサラダバー、③魚沼産コシヒカリを使った炊き立ての極上米。どれも他社でもやっていそうなことだと思いますが、①も②も③もそれ単独では真似されるが、これを3つ組み合わせるとそうそう真似されないんだとか。

過去に低価格路線に走って失敗したが、それを教訓として、その後は手間やコストを掛けても付加価値の高い商品を提供することにより、利益率を落とすことなく業績を伸ばしている非常に好循環の会社さんです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逆境にも負けないローカル戦略 | トップ | 売れ筋商品で客単価アップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。