ゴルフ大好き会計士の公私根?同ブログ

会社経営力強化(仕事)も、ゴルフ(プライベート)も、どちらも好き!楽しい!真剣!が大切・・『根』は同じと思っています!

ルーティンの重要性

2016-11-07 08:13:47 | SHAFT経営
プロゴルファーはボールを打つ前にいつも決まった同じ動作をします。ボールの3歩後ろで2回素振りをし、左足から進んで構えて、打つ、といったように。
選手によっては試合会場入りするところからルーティンが始まります。2時間前に会場入りし、片手のパット練習、アプローチ、バンカー、グローブ交換、ドライバー、・・・。
いつも同じルーティンをすれば集中力が高まり、平常心を保つことができると言います。

経営学の巨人ドラッガーの言葉に「経営管理の96%はルーティン的な定例反復業務である」というものがあります。
トヨタの生産管理システムなどは組織ルーティンの代表例です。そして、そのルーティンも技術革新や環境の変化によって改良されていきます。

ルーティンを確立し、それを徹底することによりミスを減らし、安定した経営基盤を作っていけるといいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「儲ける」ということ | トップ | 体験型店舗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SHAFT経営」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。