気ままな太太日記3@上海

2016年4月、夫の転勤で深センから上海へ。
日々の暮らしを元気に幸せにするお役立ち情報を綴っていきたいと思います♪

パース旅行 おまけ

2017年08月28日 | 旅行 -オーストラリア(パース)
オーストラリアは思った通り、空が青くて土地が広くて自然が豊かなとっても気持ちの良い所でした。住人達は陽気で明るい人が多かったです。

さすが、多くの移民を受け入れてきただけあって、本当にいろんな人種の方々が生活していました。インド系の人や黒人、アジア人もよく見かけました。
私達のようにどっからどうみても東洋人まるだしでも、誰も気にすることなく、普通に接してくれたし、普通に早い英語で話され(笑)いい意味で気を遣われずに気楽でした。

しかしだ、想像以上に物価が高かった。。
旅行前にテレビでオーストラリアの家賃が年々上昇して、支払いできなくなった人達がホームレスになっている社会問題を取り上げていましたが、確かにホームレスも多く見かけました。

そして、家賃だけでなくて食事も高かった~。

初日にパースで頂いたランチ。

 

ステーキプレートで確か50ドルほど。
量もビッグなので、夫婦ふたりだったらひと皿で十分です。

同じ日の夕食。有名だというジェイミーズイタリアンにいきました。こちらも確か一皿30ドルほど。。

 

とても美味しかったのですが、やはり高かった。。


このペースで毎日外食してると大変なことになるので、フリーマントルではスーパーでお肉とお惣菜やらを買って、ホテルで食べました♪



スーパーのお肉はさほど高くはなく味も美味しかったです!
キッチン付きのホテルにしてもらっておいて良かったです(*´罒`*)



買う勇気はありませんでしたが、カンガルーのお肉も当たり前のように売ってました。。



コンビニ等にはお酒がおいてなくて、このようなリカーショップに行かないとビールも買えません。(スーパーの一角にはお酒売り場がありました。)



お酒販売のライセンスがないと売ってはいけないらしいです。ワインだけでなく、オーストラリアの地ビールもとっても美味しかったのでお酒好きにはうれしい。旦那もいろいろ飲み比べていました。


それから、オーストラリアのホテルには、どこも歯ブラシとスリッパがありませんでしたので、持っていくことをおすすめします。あとバスローブなどもありませんので、パジャマが必要です。


あとは、本当にお店が閉まるの早くてびっくりしました。(週末は開店時間も遅い)

Wi-Fiは、ホテルや街のWi-Fiがひろえますが、私達は旅行会社さんに頼んで予め手配しました。初日に宿泊するホテルに送って置いてくれてとても助かりました。また、返却は同封されていた返却用封筒にルーターを入れてポストに入れだけでした。



お店はどこもクレジットカードが使えました。驚いたのはフリーマントルマーケット内のお店でも使えたこと。だから現金はほとんど必要ありませんでしたが、ATMでキャッシングも簡単にできました。

これで、パース旅行記は終わりにします。

長らくお付き合いいただきありがとうございました!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« パース旅行⑩スワンバレーワイ... | トップ | 大高中国茶学校(チャイニー... »

コメントを投稿