気ままな太太日記3@上海

2016年4月、夫の転勤で深センから上海へ。
日々の暮らしを元気に幸せにするお役立ち情報を綴っていきたいと思います♪

漢方飲み始めました☕

2017年09月19日 | 生活 ‐健康
上海来てから、中医学を少しづつ勉強しておりますが、知識を詰め込んでも全く体感を伴っていなかったので、病院へ行って漢方薬を処方してもらいました。

百聞は一見に如かず。自分の体で試してみることにしたのでした。

ありがたいことに上海には、日本人の中医の先生がいらっしゃいます。
古北の東和(TOWA)クリニックの藤田先生に診てもらいました。

藤田先生は、チャイニーズライフ(オオタカ中国茶学校)でも定期的に講義をしてくださっていてお話しを伺ったことがあります。
外国人で初めて主治医資格試験(中医内科学)に合格されたそうな。(それがどれだけすごいことか私はわからないのですが、きっとものすごいことなんだと思う!)自身でも薬草マニアだとおっしゃるくらいで、生薬にはこだわっているようだったので、処方をお願いしました。

藤田先生の公式ブログはこちら→http://mdfujita.jp/

私はもっぱら痰湿タイプで昔からむくみがひどく、体内に湿気が溜まりやすい。
もう中学生くらいの時から自覚ありました。

まだ漢方飲み始めて1週間くらいですが、少しづつ変化を感じているところです。
結局飲んでいる漢方には何の生薬が入っているかを聞きそびれてしまったので、次回行ったときに確認するつもりです。
(一度聞いたのですが、なんとなく話が流されたので、もしかしたらゲテモノでも入ってるのかなとちょっと疑ってます。笑)



10種類近くの生薬を混ぜるとおっしゃっていました。
中薬の世界でも技術がどんどん進化していて、今は薬草を家で煎じる必要はなく、粉末に加工されたものをお湯に溶かしていただきます。
コーヒーみたいでとっても飲みやすいです。

ずっと漢方に興味があったのに、なんで今まできちんとお医者さんに診てもらわなかったんだろう。。
もっと早く診てもらえばよかった(笑)

物事にはほんとご縁だとかタイミングってありますよね。最近そんなことをよく感じます。

体の変化と生薬の中身がわかったらまたレポしたいと思います。
コメント

手作り酵素シロップ♪

2016年07月27日 | 生活 ‐健康
最近ちょっぴり夏バテ気味です。。

体が重だる~い感じが続きます(太ったからかも。。泣)


体のデトックスと免疫力がUPするという酵素シロップを作ってみました!

前に叔母が実家に酵素シロップを送ってくれて、それがすごくおいしくてずっと自分で手作りしてみたかったのです。

色々検索して、初心者でも簡単にできそうでわかりやすかったレシピ。こちらを参考にさせていただきました!!

『簡単!免疫力UP!手作り酵素シロップ☆ 』
http://cookpad.com/recipe/2969509



りんごとレモンとお砂糖だけのシンプルシロップ。

てんさい糖で作ったので、色が茶色くなってしまいましたが(^^;



毎日まぜまぜ。

一週間くらいしたところでやっとシュワシュワーと泡が出てきて、完成!!



毎日腐らないかドキドキでしたが、思ったより簡単で私にも作れた!嬉しい!(笑)
叔母にもらった酵素の味にすごく似ていました。



美味しい😋おいしい

「空腹時に1日60ccまで(お水や炭酸水で割るとgood)」だそうです。

これで夏を乗り切ろう!!


コメント

冬病夏治 三伏

2016年07月20日 | 生活 ‐健康
暑い暑い上海です。



梅雨明けたかな?
ここ最近雨が少なくなりました。ってゆうか日差しが強くて暑すぎです。。

中国では最も暑い時期「三伏」に入りました。

今年(2016年)の三伏天

初伏 7月17日~7月26日
中伏 7月27日~8月15日
末伏 8月16日~8月25日

中医の世界では”冬病夏治”といって、冬に病気にならないためにこの時期は寒性の食物や冷たいものを摂らないように養生します。
そうすることで寒気を体に残さないため、冬に病気になりにくいのだそうです。
夏の時期に冬の病気を治療するという中医独特の考えです。

冷え性や喘息、慢性気管支炎などの虚弱体質の方などは特にこの時期の過ごし方に注意したほうが良いそうです。

とはいえ、暑すぎてついつい冷たいものを求めてしまいますよね。。
暑い日にほうばるアイスが美味しすぎる。。
気休めに飲み物はお茶を飲むようにしています。。汗


それから、中国では「三伏貼」といってこの時期に行われる漢方湿布の習慣があります。
背中のツボに漢方薬を粉状に挽いて水で溶いて粘土状にしたものを数時間貼るそうです。


※イメージ写真

これにより皮膚に炎症を起こしている画像を良く見かけるのですが、本当に体にいいのかな。。疑問(笑)

まちの鍼灸院などに行けばどこでもやってもらえると思います。

興味がある方試してみてください!(そして感想を教えてください!!)
コメント

セルフメンテナンス必需品 ヤムナボール(自宅トレーニング)

2016年04月30日 | 生活 ‐健康
私は健康オタクではないのですが、心と体を整えることが好き(*^^*)

自分自身が常に心地よい状態でいたいだけ。

ずいぶん前に、人と比べることをやめました。

人を評価することもやめました。

誰かに憧れたり、あんな風になりたいと理想を描くのもやめました。


ビジュアルにおいてもそう。

若いころはモデルさんのように細くなりたいと思ったり、女優さんのような可愛い顔になりたいと願ったり、白い肌に憧れたり。。。
けなげに無駄な努力をしたこともありましたな~(笑)
あたかもそれが正しいかのようなこの世の中に、そもそも問題があるような気はしますが…まあそんな話はさておいて。

確かに言えることは、幸せになりたいのであれば、ないものねだりをやめることだと私は実感しています。


んで、関係ないけど、最近どうも、腰、背中、肩、首が痛い(´;ω;`)

こりゃあ体が喜んでないね!セルフメンテナンスはやっぱり必要!
ということで、最近取り組んでいるのがヤムナエクササイズです(^^)


(日本で全部買いそろえてきちゃいました。)

アメリカ人のヤムナさんが開発した専用のボールを使ったボディメンテナンスメソッド。
体の不調改善という目的でもこれまでヨガやマッサージはしてきたけれども、なかなかそれだけでは整えることができない、腱や筋繊維までを、しかも自分でリリースすることができるのが画期的だと思っています。
(もちろんヨガは、体の不調を整えることだけが目的ではないのでずっと続けていますが)

骨と筋肉の位置や加重方法を理解しながら行うとより効果を得られるメソッドなので頭で考えながらやってしまうと難しいと思う部分もあるのですが、私的にはボールを使うことで”痒い所に手が届く!”といった感覚に初め衝撃を受けました(^^)

深圳時代にも「どうしてもここを柔らかくしたの~!」というお友達に紹介させていただきました。
みんな続けているかな??ふふふ(^m^)



理想を追い求めるより、今の自分としっかり向き合い、本当の意味で自分自身が喜ぶことを見つけてそこに焦点を当てて生きることの方がずっと幸せに生きられると思っています。
(それがたまたま私にとっては心と体について探究することなんだと思います。)

体のメンテナンスをしながら、最近そんなことをよく考えるようになりました。



ヤムナジャパンホームページ
http://yamunajapan.com/index.php


コメント (2)

念願の!?グリーンスムージーライフ♪

2016年04月25日 | 生活 ‐健康
上海では新鮮なお野菜が手軽に手に入るので、スーパー行くだけでテンションが上がります⤴⤴

ずっとずっと我慢していたグリーンスムージーを作ってみました!



まずは、リサイクルショップで変圧器を購入!
(変圧器、駐在して2か月で壊してからずっと持ってなかったのです。。)

そして、4年間眠っていたブレンダーが再び陽の目を見る日がやってきました(;-;)



うぅ。美味しいよぉ~(≧◇≦) 感激です。。

本もブレンダーも結婚当初に買ったもののすぐに中国転勤になってしまい、活用できてなかったんです。
でもいつか必ず!とずっとあたためていたのです(^m^)

グリーンスムージーは、葉物野菜と果物とお水だけでつくるエナジードリンク。
根菜類、調味料、乳製品は一切混ぜません。

初めは無難にほうれん草とバナナで作ってみたらとっても簡単に美味しくできたので、今度は青梗菜とみかんとりんごで作ったらこれまたまあまあで、次にレタスとマンゴーとバナナを入れてみたら大正解!

調子に乗って、レタス+トマト+アボカド+バナナなんて組み合わせを勝手につくってみたらこれまたとっても美味しかった‼

私はもともと生野菜が大好きで体にも合っているので、効果はテキメン!
面白いほど便通が良くなり、体が喜んでいる感覚がわかります(*^^*)


ちなみに葉物野菜は私は手に入るものを使っていますが、有機のほうが理想的のようです。
有機表示があるのもないのも、私は一度ドテラのアルマオイルに浸して毒抜きしてからブレンダーにかけるようにしています。



そうすると、ほんのりレモンの香りもプラスされて一石二鳥♡

せっかく習ったアロマの知識もどんどん生活に取り入れていきたいと思っています♪♪

※ドテラのアロマオイルについてはまた別途記載しますが、服用可能なメディカルアロマオイルです。雑貨屋さん等で一般的に売られているオイルは口にできませんのでご注意ください。
コメント (7)