気ままな太太日記3@上海

2016年4月、夫の転勤で深センから上海へ。
日々の暮らしを元気に幸せにするお役立ち情報を綴っていきたいと思います♪

紫砂壺新しいお仲間♡

2017年01月04日 | 生活 -中国茶(薬膳茶)
昨年知り合ったお茶屋さんで一目ぼれした紫砂壺。



年末に引き取りに行ってきました(*^m^*)

新年を迎え、早速お茶を淹れたくて開壺しました♪


紫砂壺は、使えば使うほどお茶の香りや色を吸い、艶が出てきて味が出てきます。
これを「養壺」といいます。革製品などと同じで使いながら自分で育てていきます。

なので、中国では新品の紫砂壺より使い込んだもののほうが価値があるとされ、使用済みのものを好んで購入される方もいらっしゃいます。

でもやはり自分で初めから育てる醍醐味もあるので私は新品を購入しました。

紫砂壺はお茶を吸い、香りも壺にうつるので、毎回同じ種類のお茶しか淹れません。

この子は黒茶専用の紫砂壺にすることに決めました。

早速開壺。



お茶を決めたらそのお茶でまず壺を30分ほど煮ます。これを「開壺」といいます。
鍋から取り出し冷めたら水洗い。その後は普段通りお茶を淹れられます。(1煎目は飲まずに捨てた方がいいらしい。)

紫砂壺を洗う時に大事なのは、絶対に洗剤を使わないことです。
お湯かお水でお手入れするだけで十分です。


お気に入りのお茶をお気に入りの茶器で淹れるひととき。
とっても贅沢で幸せな時間です☘


コメント

薬膳茶会✾

2016年11月21日 | 生活 -中国茶(薬膳茶)
上海でコツコツ、薬膳や中医の勉強を続けております。



中医学は奥が深すぎて、到底「わかった!」なんて簡単に言えるような学問ではなく…何度も心が折れそうになることがあるのですが、ようやく少しづつ(本当に少しづつ)自分の中に落とし込めるようになってきました。

中国茶を美味しく淹れられるようになって、中国ならではの中薬(日本でいう漢方)に出会って、お茶と中薬を配合する面白さを知って、なんだかんだでハマっています。

中医の考え方はヨガに通ずるところがあるし、薬膳茶はアロマと通ずるところがある。
気持ちも穏やかになるし、体の内側から健康になれる。
結局私が興味があることってそこなんだな。


毎日自分でもいろんな薬膳茶を淹れながら楽しんでいます(*^^*)

 

お茶や茶器が無駄に多い我が家。(無駄じゃない!全部大切!)
旦那に「ねえ、これ使ってるの~?」ってよく突っ込まれるのですが(^^;
「これからいっぱい使うから!」と言い訳をしながらどんどんモノだけ増えていく…

そろそろ形にしないと!と重い腰を上げてやっと先日お友達数名にお付き合いいただき薬膳茶会(練習会)を開催しました。
来年はもう少し本格的に活動できるように頑張ります。

  
コメント (3)

ティーパックのプーアル茶🍵

2016年10月15日 | 生活 -中国茶(薬膳茶)
昨日のお茶の記事に続いて、もうひとつおすすめをシェア♪


チャイニーズライフ(大高中国茶)で新商品のお茶サンプルをいただきました♪

ティーパックのプーアル茶です。



早速家に帰って淹れてみました🍵



正直プーアル茶をティーパックで飲むのは無理があるのではないかと思ったのですが、、、これがすんごく美味しい!!

湯色も驚くほど美しい✨



私は薄目で飲むのが好きなので紅茶のような色になったらいただきます。もう少し長めに浸したら濃くなると思いますが、お茶の色が黒くなることは決してありません。(粗悪なプーアル茶は真っ黒になりますよね。。恐ろしや~。。)

ティーパックでこのクオリティ。さすがですね。

体に良いプーアル茶。いつも実家の両親にお土産にしたいと思っていたのですが、淹れ方が難しいので困っていましたが、これなら気軽に淹れてもらえるから便利だわ~。今度買って帰るね!
美味しさと栄養もそのままでしょうから素晴らしいです!

プーアル茶は旦那も大好きなので、冬はこればっかり飲んでしまいそうな予感。

まあ、茶葉で淹れたら10煎は淹れられるだろうところ、ティーパックだとせいぜい2,3煎なので、コストパフォーマンスでいったら茶葉の方がいいのかもしれませんが。。

プーアル茶は消化促進作用があるので、食べ過ぎた時、便秘の時など効果てきめんです!


このティーパック、ガツンとしたプーアル茶の臭みが好きって人には向かないかもしれません。
それくらいクリアで優しい味わいのプーアル茶です。

普段、プーアル茶苦手って人にもこれはおすすめです!絶対飲みやすいと思う。

私はチャイニーズライフさんの回し者ではありませんが(笑)いつもお世話になっているので声を大にして宣伝♪♪笑




大高中国茶(チャイニーズライフ)上海浦西店

上海市長寧区栄華東道98号維多利亜大厦C座903室

186-1699-7613


http://www.otakayuki.asia/
コメント (2)

秋にお勧めの中国茶

2016年10月14日 | 生活 -中国茶(薬膳茶)
久しぶりに秋を感じています(笑)
これまで南国に住んでいたので、夏がだらだらと続き、夏が終わるとすぐ冬!って感じだったのですが、ここ上海では冬になるまでの途中経過を楽しんでいます(^m^)

しかし、最近肌寒くなったと同時に気になるようになったのが乾燥です。

中医の世界でも秋は「燥邪の季節」と言われて乾燥による邪気が体内に侵入してきます。
そして燥邪によって一番ダメージを受けるのは肺です。
この季節、呼吸器系のトラブルに気を付けなければいけません。


そこで肺を乾燥から守るためにおすすめなのが、烏龍茶🍵

烏龍茶は皮膚や肺を潤し、体液分泌を促す効果があると言われています。

中国で烏龍茶の代表格といえば鉄観音。



良質の鉄観音は香りがよく、甘みが残ります。

他にも私が大好きな武夷岩茶も烏龍茶の一種です。

 

寒くなってくるとこのような発酵度の高いお茶が飲みたくなります。


烏龍茶の種類はとっても多くて、中国では烏龍茶を「烏龍茶」として売っているところはあまりなく、それぞれに名前がついているので普段飲んでいるお茶が烏龍茶だと気づかない人も多いかもしれないですね。

黄金桂、水仙、大紅袍、鳳凰単叢、文山包種茶、台湾の高山茶、東方美人などなどこれ全部烏龍茶(青茶)です。



ほかにも、この季節におすすめなお茶(茶葉は含まれませんが)
甘いハーブティーでリラックスしたい気分の時は、金木犀の花に氷砂糖を入れて飲んだりもします。



あとは、広東省の方でで昔から肺を潤す涼茶といえば、雪梨湯(梨のスープ)です。



水と梨とナツメと氷砂糖を鍋に入れて煮詰めたスープを飲みます。


食材でいえば、辛みが燥邪を発散してくれるので、しょうが、ネギ、大根、大葉、薄荷などがおすすめです。


季節の変わり目は体調を崩しやすい時期だと思いますので、乾燥に負けない体づくりで秋を乗り切りたいですね♪
コメント

水出し中国茶🍂

2016年06月27日 | 生活 -中国茶(薬膳茶)
ここ数日少し涼しい上海です。

でも6月半ばくらいから結構蒸し暑くて、エアコンフル回転!
リサイクルショップに除湿器見に行ったら売り切れてたし。。
上海もこんなに湿気が多いとは思いませんでした。

さて、この時期体内にたまった湿気を排出してくれるという緑茶を、最近は水出しで頂いています♪



5gほどの茶葉に1Lのお水を注いでそのまま冷蔵庫へ。
2時間ほど待っていると美味しいお茶が抽出されます。

水出しは、緑茶と白茶がお気に入り。



こちらは洗茶が要らないので手軽に水出しできますね。
菊茶などの花茶も水出しで飲んでも美味しいです。


青茶、紅茶、黒茶をアイスティーにする場合は、普段通りお湯でお茶を淹れてから、粗熱をとって容器に移して冷蔵庫に冷やします。
プーアル茶の水出し、普段あまり目にすることはないと思いますが、意外に美味しいですよ!

コメント