新婦人大津支部

女性と子どもの幸せを願って活動する国連NGO認証団体です

ひがし昌子さんと語るつどい

2011-12-21 | ニュース

アルプス班で「ひがし昌子さんと語るつどい」がありました。ひがしさんの人柄を知ってもらい、自分たちの市政に対する願いを伝える機会にと20名ちかくの人が集まりました。

同じ会場で算数小組がもたれていて若いお母さん方も参加されていろいろな要求が出されました。

夜間の救急診療や中学校給食、中学の通学路の問題、地域の路線バスの運賃が高い、介護職の仕事について等々だされました。

ひがしさんからは大津市は、お金がないないと言っているがガス事業では黒字で140億くらいのお金がある。それらを使えば学校にガスを使ってのクーラーも実施でき、自校方式の給食も実施、待機者のいる老人施設も作れるなどと話されました。

やさしくてわかりやすい言葉で話されるひがしさん あたたかさが伝わってきました。

原発には きっぱりと反対と。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひがし昌子医師のお話し | トップ | ひがし昌子さんへツイッター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。