ENBLOG

TANAKAHAN舞台見聞録と役者的実践軌跡を語ってみたりして

本当の戦い

2018-01-13 23:54:09 | Weblog
中学時代に『帝都物語(荒俣宏著)』を読み、この世界には物質的世界と霊的(スピリチュアル)世界があるのだろうと直感的に理解した思い出がある。この物語で言う「霊的な戦い」を最近考え直している。当初、呪文やお札を使って百鬼夜行を成敗するイメージを抱いていたが、それは権力者が作り出した幻想だったのではないか。本当の戦いとは、民衆に神(創造主)の存在を忘れさせ、神以外の何かを拝むように仕向ける権力者と、神への祈りを説く預言者との戦いではないだろうか。権力者側は、民衆を幻想へ誘うための入口(ポータル)を必要とし、電子機器が溢れ返る昨今においては、その役割をスマホに担わせているように思える。デジタル機器は霊的世界と無縁に思えるが、それは「デジタル」という言葉に惑わされた盲点とも言える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 制約だらけ | トップ | 素朴に疑問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事