ENBLOG

TANAKAHAN舞台見聞録と役者的実践軌跡を語ってみたりして

「祈り」

2017-06-14 23:06:23 | Weblog
「祈る」という行為について思うことは、祈る相手が実は重要ではないかという点だと改めて感じる。例えば初詣で神社に行けば、祈る相手はその神社が祀るご神体であったり、お寺で祈ればそれは御仏かあるいは供養すべき自分の先祖かもしれない。信心深い人ほど「祈り」という行為は日常不可欠であるが、祈る相手を見極めないと、自分の行く末が全く変わってしまうかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 往生 | トップ | 低俗の理由 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL