ENBLOG

TANAKAHAN舞台見聞録と役者的実践軌跡を語ってみたりして

ググって

2016-10-12 23:20:44 | Weblog
「これは流行り病か!?」と思うくらい、ガンに罹った人の話を聞く。今日も2人。自分の家族や知人が罹ったら、憂鬱で仕事も手に付かないだろうに、それでも働かなきゃならないのは辛いと思う。ガン治療と言えば抗がん剤、放射線、患部切除が主だが、この病はその知識が少ない人ほど恐れも多いように見える。ガン細胞は多かれ少なかれ誰でも持っていて、体の抵抗力によって日々増減するもの。もし自分がガンだと宣告されたら、それは単に発見されただけ。さらに「末期だ」と言われたら、治療法を選ぶのは最終的には自分の判断だが、前述の治療がかえって死期を早める可能性も考慮しておくべきだと思う。前述の治療法以外に効果的な治療法はないと言われるがそんなわけない。そもそもガンは原因ありきの病気、その原因を断たないと根本的な治療にはならない。本気で自分の家族や友人を救いたいのなら、まず自らググっていろんな情報を身に付けることから始めないと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二つの役割 | トップ | ゆるっと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL