ENBLOG

TANAKAHAN舞台見聞録と役者的実践軌跡を語ってみたりして

祈りの長崎

2017-06-18 23:49:08 | Weblog
先日熊本まで会いに来た劇団時代の後輩K夫妻を訪ねて日帰り長崎観光。往路は自宅から近い熊本港より島原経由で長崎市内へ。復路は高速。時間と料金はあまり変わらないがフェリーの方が楽かも。女神大橋で合流し、クルマ一台で市内を移動。鍋冠山公園→神ノ島教会→長崎大学医学部→一本柱鳥居(山王神社)→宝来軒別館→市内某所の茶屋→軍艦島資料館→海岸沿いの小さなカフェ。友人達にとっては日常の一部だが僕にとっては見慣れぬ観光地。付き合いは長いが、こうやって友人の生活圏を訪ねると新鮮な感覚を覚える。車中でいろんな話をしたけど、産業や宗教観、原爆などについての話が興味深かった。「怒りの広島、祈りの長崎」と言われるように、長崎市民には特有の宗教観が感じられる。思い返すと、僕の周りには長崎出身の知り合いが結構多い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議の惑星 | トップ | シリコンと炭素の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL