神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

3/25定例会報告

2017年03月26日 00時47分18秒 | 定例会・公式行事報告

今日は久しぶりに二部屋での活動でしたが大勢の方に参加していただいたおかげで無事終えることができました、ありがとうございました。

 

それでは回ったゲームの紹介をさせていただきます。


 

・THE GAME

・グラデュエーション・フォトレコーズ

・Agricola

・犯人は踊る

・お邪魔者

・宝石の煌めき

・オーデンの蝕祭

・アイソポス

・死ぬまでにピラミッド

・コードゼクス

・スモールワールド

・たぎる論理

・Can't Stop

 

などが回っていました!

二部屋あったので、漏れているものもあるかと思いますがご容赦ください。


 

 

次回の定例会は4月23日の日曜日です。

場所はサークル室2,3の二部屋とっております。定員は40人です。

この日は新歓定例会、TRPG会となっておりますので外部の方については参加をご遠慮いただいております。ご協力お願いします。

当サークルに興味を持っていただいている新入生の方はぜひ参加してみてください!

新歓活動については定例会以外でも行っていますのでよろしくおねがいします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

28時間耐久TRPG会報告

2017年03月24日 09時04分03秒 | 16年TRPG報告
3月14日、都内某ボードゲームショップにて、G-Link4回生の4名(我輩さん、ヒミコ、リンセイ、麻木)で28時間耐久TRPG会をしました。
場所をお貸ししてくれた某店長、本当にありがとうございました。

ちなみに、28時間耐久と言いながら、だいたい半分くらいで力尽きました……敗因は、当日の2時くらいのLINEで、
麻「シナリオ進んでないです、申し訳。」
ヒ「ところで今シナリオ何も組んでないことに気付きました」

こんな会話が飛び交っているという夜更かしっぷりにありましたね……。


システムはSW2.0で、
1話→GMリンセイ、初期作成
2話→GM我輩、経験点16000くらい(だいたいLV7)
3話→GMヒミコ、経験点30000くらい(だいたいLV10-12)
の持ち回り式3話構成でやりました。
僕ですか?代わりがこのブログです。

では、キャラ紹介!

・フジサン(我輩)

ライカンスロープのファイター、蛮族ですね吊らなきゃ。
パーティ唯一の男で、ハーレム状態でした。(なお、周りの女キャラ)

最初は普通にファイター2、スカウト1、レンジャー1。
次のセッションでは、ファイター7でブロッキングを持つチームの壁に。
最後は、ファイター12まで上がり、攻守に優れた前衛として活躍しました。

・サチ(ヒミコ)

ラミアのソーサラー・プリースト、仲間であるアイリーンとは血を吸う関係、つまり認識としては保存食。また蛮族。

ソーサラーとプリーストの両立を目指すも、他に回復がいないため、最後までほとんどソーサラーは使わず……。
しかし、二つの魔法使い技能により得た大量のMPで優秀な回復役として活躍しました。

・アイリーン(麻木)

レプラコーンのグラップラー。人族。
恥ずかしがり屋ですぐ身を隠す。
蛮族と共にパーティを組む中で、蛮族への仲間意識と人族への敵対心が生まれた。というか自分を蛮族と勘違いしている。

グラップラー、スカウト、エンハンサー。
2回目のセッションでは、グラップラー5、スカウト7とし、攻撃力を捨てて手数を稼ぐ構成。雑魚狩りなら最強。
「今まで逃げ隠れしてたけど、気付いちゃったんだ、全員殴ればいいんだ。」
と3回目のセッションは、グラップラーをガン上げし12にします。しかし、その構成では防御力が足りず……。

・サイサリス(リンセイ)

2話から登場したマギシュー、ハイマン。いや、パーティ唯一のセージなんだから、1話から出てくれ……。
1話で登場するドゥカルタ(後述)に育てられた女の子でお嬢様口調。なお。

2回目のセッションから登場し、マギシューとして活躍。
3回目のセッションでは、経験点の計算を間違えるというリアルお嬢様っぷりを発揮してしまうも、立派にマギ(10)シュー(9)していました。


この地味なメンバーで冒険を開始しました。


◯第1話(GMリンセイ)
遺跡探索!トレジャーハンターと化した冒険者

冒険者の店にいた3人は、探し屋のドゥカルタから依頼を受けます。
<以下、原稿ママ>
「いつものリルドラケンのおっさん(60歳)と、先日手紙くれた遺跡好きのナイトメアの兄ちゃん(45歳)とわし(53歳)の3人で魔動機文明の遺跡を見つけたぜ。」
「情報が欲しいなら、至急、100Gくれや。申し訳ないが後払いはNG,それから現金以外では全く受け取ることができない。」
「証拠なら、ドバーッと出すぜ。」
「はようお宝まみれになろうぜ。」


いかんでしょ。
新入生候補が見るというのに……。

という依頼を受け、遺跡探索を始めます。

まず、入り口を警戒を怠りながら進もうとすると、スズメバチの群れに襲われてしまいます。
危険感知に失敗したサチは、3d6の防護点無視ダメージを受けてしまいます。ちなみに、このセッションの最大ダメージ。
「スズメバチには気をつけよう!」

続いて部屋に入っていくと、中で古代魔導機文明の遺産、バーサタイルを二つ発見します。DVDレコーダーみたいなものですね。
早速、中を見てみると、一つは橋が崩れ去る映像。まるで、今後の私たちの未来を予想するかのよう。
そして、もう一つのバーサタイルを見てみると……

「おいこら、免許持ってんのか!」

GMが嬉々としてカバンからiPadを取り出し、この日のためにインストールした動画アプリでいんむ1しょーを見せてくれます。
これを見たことにより、パーティ全員は「淫夢語の会話と読文」を獲得します。

って、なんだこのセッションは!?

その後は、中ボスを撃破し、着いたのは橋が崩れ去る映像で見たのと全く同じ橋……しかしそのギミックを解けずに、橋が崩落、落下ダメージ。スカウト自慢のアイリーンは、撒菱の罠に引っかかりダメージ。そして、習得した淫夢語で謎を解きながらラスボスの元へ。
ラスボスはガーウィ、3人の活躍でなんとか撃破し依頼を達成したのでした。

ちなみに、このセッションで、PCのみならずPL我輩先輩も淫夢語をマスターしてしまったことをここに紹介いたします。


◯第2話(GM我輩)
この話からリンセイさんのキャラも参加で4人パーティになります。

一向は、依頼帰りに魔物の巣に迷い込んでしまいます。ワイバーン1ウンディーネ3+αのいる足場の悪い沼地を通り抜けなんとか脱出に成功します。
すっかり夜も更け(4人中3人暗視持ちですが)、泊まる場所を探していたところにあった一件のボロ屋敷。そこで、ある蛮族が、経験点を30000くらい貰える石を持っていると教えてくれます。奪わなきゃ!
敵の本拠地に乗り込み、石を手に入れます。
そして、レベルアップのための儀式をしてもはうことになりましたが、敵が乗り込んで奪い返しにきます。5ターンの間、3方向から攻め込んでくる敵から依頼者を守りきれば勝ちという展開に。

序盤は、攻め込んできたワイバーンがバリケード用に置かれた木箱に攻撃するも、木箱が一発耐えてしまい、草とかいって煽っていましたが、いつしか敵の物量作戦で余裕がなくなってきます。
だって、3方向から来るのに、前衛2人だし……最終ターンには、1方向はプリーストが止めなくてはならず、しかも乱戦で止めれなかったサーベルタイガーが、依頼者を襲う展開に。
PL「依頼者のHPっていくつでした?」
GM「25です。」
PL「一発くらい耐えられるでしょ!」


サーベルタイガーの一撃は23ダメージ!
なんとか守り抜くことができ、シナリオの目的を達成。見事経験点30000点を手に入れることができました。


◯第3話(GMヒミコ)
この辺から飲酒セッションです。

並行世界のUGN日本支部長である霧谷雄吾から連絡が入る。
「そちらの世界に、侵攻者が現れている。その名もFH。そちらの穢れとこちらのレネゲイドウィルスが共鳴し新たな力に目覚めたのだ。止めてくれたまえ。」
大砲で飛ばされて敵のアジトに突入したパーティ一向に、春日恭二と名乗るウォーロードが立ちはだかる!

しかし、割と余裕で撃破。
さらに駒を進めようとする一向の前に現れたのは、プランナー都築京香(ドラゴン・フォートレス)であった。

戦いは、スカウトを上げなかったアイリーンの怠慢により、先制を取られる厳しい展開。
特に、アイリーンは、固定値30の命中を避けることができず倒されてしまう……。
やはり、15レベルは無理があったか?と漂う諦めムードの中、フジサンが安定した力を見せ、着々と相手HPを削っていく。
そして、そこにサイサリスの攻撃、サチの回復も加わり、ついに撃破したのでした。




という感じのSWセッションでした。
新歓前に書く記事じゃないよ、本当に。

繰り返しになりますが、場所を提供してくれたオトさん、本当にありがとうございました。
こうやって思い切り遊べる場所があること、人がいること本当に幸せである限りです。

G-Linkという場所で、新しくいらっしゃる皆さんがそういう相手を見つけて下さることができたら本望です。

以上、オチもなく締め。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GP静岡報告

2017年03月22日 10時49分06秒 | つれづれなること

この記事はmtgの公式大会(一般人参加可能なお祭り)であるグランプリ(GP)についてのものです。

 

大会本戦までのあらすじ

木曜日:JRに集まった若きプレインズウォーカー達。本戦は土日なのですが金曜日の昼から行われるサイドイベントに参加するため木曜の夜に出発してカラオケ素泊まりの構えを取りました。電車に揺られてぶらり18切符の旅。静岡に着いた頃には夜も更けていました。ラーメンを食べて英気を養い(?)、カラオケで歌ったり睡眠したりデッキの調整について話し合ったりしていました。

金曜日:金曜日には前日トライアルと言って本戦のBye(不戦勝)が貰えるミニ大会や、発売したばかりのパックを使って行うサイドイベントも行われています。ヴェリアナ、魂の洞窟、ZENフェッチなど豪華な再録で話題騒然、絶賛好評発売中のモダンマスターズ3(希望小売価格1000円)を6パック使って行うシールド戦に参加したサークル員達。ヒミコ君などは3000円以上するカードを4枚剥いたようです。僕は虚無を手に入れました。バイヤーブースを回ったりフリーを回したりモダマスワンパックシールドなどで遊んだりした後駅へ戻ります。飯屋が見つからないなか、看板のローストビーフ丼を食べようと入った居酒屋で丼は曜日限定と分かりつまみでお腹を満たしたりと色々ありながらも各々ホテルに帰り就寝。

ここから本戦

本戦参加者は7人。

使用デッキは

サミー:緑黒蛇(エネルギー型)

ヒミコ君:ティムールタワー

イサム君:アブザン季節コントロール

ペコ君:赤黒エルドラージ

O保方君:赤黒ドレッジ

ジュビター君:4Cサヒーリ

みのるさん:4Cサヒーリ(昂揚型)

多様性満載やな(白目) 実際の環境はマルドゥバリスタと4Cサヒーリが勢力を2分していると言われていました。

ヒミコ君やペコ君のデッキはそれら2つに強いデッキ、O保方君のデッキはブン周りがあり、どのデッキにも一瞬で勝つ可能性のあるデッキです。僕の緑黒蛇は前まで上の2つと3竦みと言われていたのですが環境理解によって勢力を落としたデッキ。イサム君のはよく分かんないです。機体以外にはそこそこ強いと本人談。

GPは初日全部で9回戦あり、4回負けてしまうと二日目に進むことができません。つまり6勝すればいいということで、みんなとりあえずこのラインを狙っていきます。他の人の試合は詳しく聞いてないので自分の試合だけお届けします。

土曜日:本戦の朝です。9時本戦開始のためホテルを朝はやく出る必要があるため、朝6時半に起きて朝ごはんという計画だったのですが、私は危うく0回戦敗退(寝坊)するところでした。持つべきものは仲間というやつです。

間に合ってデッキリストを書いているとイサム君がサイドカードをホテルに忘れてきたことが判明。みんなからカードを借りたりショップから買ったりして完成させていました。前日に緑黒蛇に見切りをつけたペコ君も新しいデッキを組むため足りなかったグレムリン解放というカードを800円で買ってました。(リスト提出後ショップで100円で山積み)

みんなはカードをきちんと買って整理しておこうな!お兄さんとの約束だ!

1回戦目:僕とヒミコ君はByeを持っているので休み時間です。朝食を松屋で済ませてドリンクを買い、バイヤーブースを見たりフィーチャーエリアでまつがんさんが闘っているのを見たりしていました。他の五人はそこそこ1回戦目勝ってたはずです。(朧気)

2回戦目:まだ休み時間です。まったりしてました。サークル員はぽろぽろ1-1が出てきてました。(朧気)

3回戦目:いよいよ本戦スタート。こちら先手で相手は青赤土地タップインからスタート。サヒーリかタワーかな?と思って進めていると土地が青赤しか出てこず、ずっとコントロールのカードで捌かれていたのでおそらく相手は青赤コントロール。タワーも入ってなさそうでした。1ゲーム目は打ち消しが尽きたのかスカイソブリンが通りそのままベチベチ殴って勝ったのですが2本目は完全に除去や打ち消しで解答され負け。精神背信打ったら予期否認島4見えて頭おかしなりそうやったで。3本目は動物記、オブニクシリスが着地してこれ完全に勝ったでしょみたいな盤面を作り上げた後出てきた青巨人に対する-3を不許可され青巨人を除去るもミシュランにオブがやられ、その後占術で霊気との調和下→土地ドローを3回も繰り返しグレムリン解放で動物記を割られるなどしてひっくり返され負け。終始土地を引いた。 みんなは2-1、1-2のどちらかでした。

4回戦目:後手スタート。相手はマルドゥ機体…かと思いきや難題の予見者が出てきました。相手のアヴァシンやサリアの盤面を捌いていきますが最後抑えきれなかったスレイベンの検査官に1点チクチク殴られて負け。2本目は先手なのでマウントを取ろうとひたすら殴り合い、相手の盤面がクリーチャー1体で相手ライフ4、こちらの場に蛇、牙長、牙長、エネルギーいっぱいの状況でトップ燻蒸され、リシュカー返しでギデオンで押し返せず負け。今までの動きから燻蒸を持っていないと判断して牙長を2体出したのが間違いでした…リシュカーで良かった。

落ち込みながらサークル員のもとに行くとそこには熊の集団が…全員2-2になっていました。神戸灰色熊の会とか言ってふざけてました。(mtgの世界でパワータフネスが2/2の生物は熊と言われる。)

5回戦目:先手、相手はダブルマリガン。辛いな、サム…などと思っていると2ターン目安堵の再開で墓地に縫合体が。あっこれ青赤ドレッジ先輩じゃん。マリガンそこまで関係なくブンされたらイカれると、高速で殴りに行きます。バリスタが2体いるところに緑巨人を出してカウンターを2つずつ乗せ、殴って相手のライフを6に。よっしゃマウント取れてんな!ターンエンド!ここで相手はメイン終了時に墓地から縫い翼のスカーブを起動、縫合体を場に出します。そこで相手が突然「あっ…」ぼく「ん?」…バリスタ本体に打てば勝ってるやんけ!!まあええわ。気づいてないふりしてフルタップになるまで待つか~。相手「現出でタコ出します」(フルタップ)ぼく「じゃあスタックで6点」相手「あっはい(キレ気味)」なんか相手の方を怒らせてしまい、本当はあそこまで行かずに決着だったんですよとかシャッフル中にグチグチ言われました。辛い。2本目は熱病の幻視を貼られながらも増えた手札でライフ10まで軽快に殴り、盤面には6/6のリシュカーと5/5の緑巨人。 押し切ったか…と思ったところでタコループを3回され、殴れず殴られてライフが尽きて負け。ここで相手突然デッキをしまいはじめ、結果記載シートに手を伸ばしかけたので慌てて制止して1-1と説得し3本目へ。先手3ターン目ハンデスで熱病の幻視を抜き、相手の残りハンドがコジリタ解放タコ。次に遺産でデッキの縫合体を抜き、リターン2枚でタフ4を焼かれるも緑巨人に解放打たせてソブリン出してグレムリン殺してもっかい巨人出してとかやってると流石に勝ち。

サークル員は大半が勝ってたかり屋(3-2)になっていましたがみのるさんは代言者(2-3)になってました。

6回戦目:先手。相手は白黒土地からだったのでマルドゥ機体かな?と始めましたが白黒機体エルドラージでした。また難題出てきました。初動のキランをプッシュで殺してライフ14まですれ違いの殴り合いをして、収集挺パンチの除去に顕在的防御合わせて勝ち。2本目:お相手が5マナあるのに後半ギデオン以外何もしてこない間にギデオンごと殴り散らかす。よく見たら相手は無色マナが出ておらず、最後見せてくれた手札にはスマッシャーが3枚あった。ムネン!速く終わったので再び松屋でエネルギーを補充します。

他の人は大体3-3(素だしリシュカー)で、4-2の火炎舌のカヴーは2人くらいだったはずです。みのるさんは2-4(クルフィクス)でドロップ。

7回戦目:後手。お相手1ターン目霊気との調和、2ターン目マナクリ出してきたので4Cサヒーリだと思ってバリスタ設置。除去に顕在的防御当てたり無限に掌握を構えたりしてコンボをケアしつつ、ゴンティでつむじ風の巨匠を手に入れてライフを削り取り、バリスタ除去フェリダー誓いブリンクサヒーリ入手キャスト以外では負けない場を作って流石に勝ち。2本目相手少し土地が止まり、序盤から殴ってリリアナ出してそこからずっと掌握を構え続けて+1してたら除去は飛んでくるもクロックがマナクリ1体しか出てこず奥義打って勝ち。

サークル員3-4ドロップ多数。5-2が私一人でペコ君とヒミコ君が4-3?だったと思います。

8回戦目:先手。2t収集者を返しで焼かれ、3t蛇の返しの蓄霊稲妻を防御で弾いて5tソブリンでひたすらパンチ。しかしバリスタも除去も一切引かない。一応黒黒を立てて殴り続けるもライフ2までいったところでサヒーリコンボ決められて負け。キッツウィ!ライフメモが俺20→19 相手20→14→8→2なのに相手勝ってんの頭おかしい…おかしくない?2本目ワンマリガン、3t目に遺影で守護フェリダーを宣言するとハンドに3枚守護フェリダー。えぇ…。こちらがランド3で止まる中、ハイドラを2体出され、サヒーリでコピーされ3体で殴られる(エネルギー17個)。どうブロックしてもしんどいのでライフに余裕があるうちに1体落とそうと機械巨人とリシュカーでブロックし、バリスタの1点で落とそうと思いましたが呪禁の重ねがけの存在を忘れており1点打てずに2体死ぬだけ。エネルギーは全部消費させたので除去を4/3に打って泥沼で大きいハイドラを相打ちに取ります。リシュカーが落とされ、2マナしか持ってねえ状態!しかし相手も土地しか引いていなさそうです。蛇がいるのにマナクリ3体で殴ってきます。2体通してこの時点でライフ4。キツイキツイ。1体除去して収集者出して2点ずつ詰めていきます。土地を引いて出したリリアナに否認を打たれながらも収集者で2回殴った後、さらに盤面に収集者2号を追加するも相手はニッサの誓いからチャンドラ。2点受けてライフは1。手札に掌握があったのでマナクリを除去して全員パンチで落とさないと負けなので殴って除去を打つと否認。チャンドラ2点で負け。お相手は中国の方だったのですが終盤いい勝負だったので握手。負けましたがいい泥試合でした。

1本目が終わった後の会話

相手「レムとラムどっちが好きですか?」(ぼくのスリーブがレムとラムのキャラスリ)

ぼく「レムです」(スリーブを指差しながら)

相手「私もです」

ぼく(サイドボーディングしながらニッコリ頷く)

他のサークル員はここで全員ドロップし、モダマスのドラフトへ参加。一人寂しく次の試合を待ちます。

9回戦目:先手ワンマリ。相手はマルドゥバリスタ。やっと当たったか(緑黒は機体に強いとされている)と思いながら殴り合います。収集挺で3回殴ってライフレース壊したまではよかったのですが土地が4で止まりギアハルク×2、ソブリンホールドを食らって死ぬ。アバー!!2本目もワンマリ。2tバリスタでチクチク殴りながらハンデスでギデオンを抜くも残り相手ハンドが分解プッシュリリアナの誓い。頭おかしなるで。プッシュと分解食らって頭おかしくなってると相手バリスタ(X=2)にさらにバリスタ(X=2)。誓いケアでこちらは蛇バリスタと2アクションします。相手が誓い置いてきたのでバリスタ1点飛ばし得やん?と何も考えず1点飛ばした後、あっ悪手だと気づきましたがもう遅くスタック合戦で2体とも死んでしまいました。ボード取り返せなくなる前に何か引け…と願いながら土地引いてる間にギデオン出されて負け。

5-4!おわり!閉廷!

サークル員は…誰一人…2日目に行くことができませんでした…何がいけなかったんでしょうかね~。

僕の場合はプレミが散見されたのはありますが負けた試合は土地引けなかったり引きすぎたりしたので構築が甘かったんでしょうね。

さて、金曜日と同様に飯屋を探して彷徨いますが全然空いてません。9人だからね…みんな腰が痛いとか足が痛いとか言いながらもなんとかサイゼリアを見つけて9人ねじ込んでご飯を食べ、ホテルに帰って就寝。明日は熱海で温泉?静岡観光か?名古屋でも行く?とかいろんな話が出てました。

日曜日:朝ご飯が入ってないやん!(9時半起床)(朝ごはんは6時半から9時まで)そもそも待ち合わせの時間も遅れてました。みんなすまんな。帰りの電車で読むためのラノベや小説を買い、昼にみんなで美味しい海鮮丼を食べ、そのまま抹茶ジェラートが有名な店へ。オイシイ…オイシイ…(ミルクティー味のジェラートを食べながら)

次どこ行く?熱海は逆方向やしとりあえず浜松?とかいうノリで電車に揺られる。浜松に着くとここで何すんねん。名古屋行こうぜ!なんかあるやろ!というノリで名古屋へ。駅を出てよっしゃ名古屋城まで歩いて行くか~と適当に歩き出すも、途中で所要時間片道45分であることが判明し駅へとUターン。喫茶店(を探すの)で時間を潰してGP会場にカードを見に行っていたペコ君と合流し、後はひたすら電車に揺られて帰宅。結局優勝したのはマルドゥ機体だったようです。多様性はどこ…ここ…?

はい、GP静岡旅行記でした。サークル員で旅行するのは楽しいですね。観光はほとんどしてないのだけれど。

本戦もみんなで1戦ごとに集まってワイワイできるのは良かったです。緊張とか負けた後の気分とかがほぐれますしね。やはり友達と行くのが板。

5月にはGP神戸(モダン)があります。近場だから宿も要らないし長時間電車に揺られる必要もない!つよい!出場する人は頑張りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BS ボジャノーイ杯 大会結果報告 byG.P.

2017年03月21日 02時04分26秒 | その他の活動連絡・報告
どうも、G.P.です。
3月19日にBS非公認ボジャノーイ杯に参加させていただいたので、今回はその報告記事となります。新入生の皆、バトスピに興味持ったら僕の所へ来てね!(唐突な宣伝)

今回はデッキ解説をつけるので戦績はあっさりめに書きます。略称なども使いますが、お許しください…

使用デッキ 増食

予選 (スイスドロー形式、3本勝負2本先取)

一回戦目 白重 ○○
一本目でガードウル、ピーコックルーザー、アバランシュバイソンと見えたので急いで展開。そのまま巨峰まで出してアンブロ効果を付け、殴って二回とも勝ち。

二回戦目 ダゴン ○○
神奈川を貼ればこっちのもの…、それは幻想に過ぎません。uキャッスルゴレムが怖いので一本目はそのまま圧殺。しかし二本目で相手がオステアを配置。互いに長所を潰し合うゲームになり、ついにはリブラゴレムまでライフを奪って来る羽目に。ただ、こちらの方が素の展開力が上なので、殴りきって勝ち。

三回戦目 白重シープ ○○
一回戦目の方とは異なり、グロリアスシープに重きを置いたタイプ。甲竜封絶破などのバウンスを食らうも、マンゴーの展開補助がキレイに決まり、神奈川でシープの破棄効果を無効にしてそのまま押し勝ちました。

四回戦目 死竜コン ○○
一本目で死竜が見えた時点でハムタン(コアシュート対策)を出しにいくのですが、なかなかめくれない。神皇軸ではないみたいなのでポイズンブレスない読みで仕方なく殴っていき、奇跡的に押し勝つ。二本目は相手の事故でこちらがそのまま轢き倒しました。(後で聞いたところ、あと1コアあれば即死していたそうな。こえー。)

五回戦目 死竜コン ☓☓
またしても死竜が見えてるのになかなかやって来ないハムタン(そりゃ一積みだけども…)。更には陰陽童まで出され、マンゴーのコアブーストもかけられず、そのまま陰陽童+紫魔神付きウロヴォリアスリバースで5点食らう。二本目も全く同じでした。(この四、五回戦目で紫魔神とウロヴォリアスリバースの強さが良くわかりました。)

六回戦目 ゴッドゼクス ○○
ここを勝てば決勝進出。負ければ敗退がほぼ確実なのでめっちゃ焦っていた中でのゼクス。展開自体は死竜コンよりも早いですが、コアシュートし始めるのは死竜コンよりも遅いので、落ち着いてこちらも展開。しかし、相手の三重県+シェパードールでなかなかライフが削れず辛い状況に。ですが、相手がアクセルで置いたシェパードールをわざわざブロッカーとして召喚してきたので手札が相当悪いと判断。数による圧力をかけ続け、二本とも勝ち。

結果 予選4位通過!

デッキチェンジはできないので、そのまま本戦へ。いざ!


決勝 (トーナメント方式、3本勝負2本先取)

一回戦目 死竜コン ○○
二本ともハムタンフロマージュが決まり、死竜コンの強みをしっかり潰してからこちらが展開。そのまま二本とも勝利。(ここらへんからハムタンが急に元気になりだしました。)

二回戦目 神皇軸ティアマドー ☓○○
一本目、霊廟配置あたりからティアマドーと判断。死竜のようなコアシュートを積んでいる可能性があったため、ハムタンを守りながらのプレイを心がけるが、予想と外れて神皇がメインだったので、ジェミナイズからのバイソン、超風ときて、更地にされて圧殺される。二本目からは一本目を踏まえてハムタン完全無視のマンゴーブースト路線を目指した展開をし、成功。三本目も展開には成功してなんとか辛勝しました。

準決勝 死竜コン ○○(注、後述)
ここらへんから緊張と疲労で頭と体がしんどくなり、記録を忘れた状態でやってしまいまいた。なので、正確なことが記録できず、私の記憶の領域の記述になります。申し訳ないです。
ここから増食最大のメタがお出ましになりました。陰陽童ではなく、紫煙獅子です。こちらの展開をほぼ完全に止めてしまうので、なんとかしなければなりません。(おそらく二本目だったと思います、)なんとか神奈川でアマルディや紫煙獅子などの破棄を止めて展開の妨害をしますが、ある程度こちらが展開したところで獅子が降臨します。こちらの展開はまだまだ不十分だったので辛いのですが、よく見ると獅子はレベル2(BP6000)。こちらにはBP3000のフルーツ達が数体。手札に童のせいで出せなかったマンゴー。「はっ、イケるかも!」フルーツ達でアタックを仕掛け、何体目かで獅子がブロックに入る。「(今だー!!)マンゴーアクセルで。3000下げます。」これで相打ち。アマルディで回収もできないので、このまま展開して勝ちました。

決勝 死竜コン ○☓○
一本目、こちらの展開がなんとか間に合い、場にハムタンフロマージュ、トラペイズマウスやボンタン、神奈川が揃い、もうそろそろ攻めようかという頃に相手から攻めてくる。残っていたフルーツやボンタンの破壊時増食、トラペイズの破壊時召喚からの増食でポンポンブロッカーが増えていき、そのまま相手が投了。
二本目、先行でナナバ召喚し増食…あっ、ハムタン落ちた(目の前真っ黒)。ここからハムタンを拾いにクーリンの破壊時回収を狙ってアタックを仕掛けていくも全てライフに通される。じっくり仕掛けるしかないかー、と思った矢先に飛んできたのはなんとムドウ!マンゴー展開をしていなかったため、コアが吹っ飛んでいき、何も出来なくなって負け。
三本目、なんとか展開し、ハムタンフロマージュまでいけるも獅子降臨。しかし、獅子をレベル3で維持する必要があったために体数はそこまでいない。なんとかフルーツ達で数を揃え、押し込みに成功し、そのまま勝利!

結果 優勝!!


本当に楽しい勝負ばかりで今でも記憶に残っている勝負です。記録ミスという申し訳ない案件もありましたが、なんとか優勝できて良かったと思っています。それではデッキ紹介〜!(長い長いブログですみません…もう少しだけお付き合いください…)


増食デッキレシピ

クーリン3
レーシングペンタン3
リンゴスター3
ブルブルべリィ3
ナナバ3
ハムタン1
トラペイズマウス2
ラ・フラン3
オレンジオ3
マンゴスティナ2
フロマージュ3
ボンタン2
ドリアルバ2
キョホーン2

ゴッドアップルリバー2

シンフォニックバースト3

計40枚


中身の解説
まず、増食で本当に大事なのは序盤です。序盤でどれだけフィールドにほしいものが揃うかでその後の展開が決まります(個人的には他の展開系デッキよりもさらに序盤に気をつけないといけないデッキだった印象が強いです)。主に理由は①フィールドにシンボルが揃わないとフルーツを出すのに大量にコストがかかり、後続があまり出てこれない。増食の良いところはその軽減シンボルの多さなのにそこを腐らせては元も子もない。②今の環境では紫など序盤の除去が強い(フェニックキャノン、ペンドラゴン、紫魔神等)、の2つ。そのため維持コアを必要としない神奈川をモモピーチの代わりに採用したり、序盤から使えるコアを少なくしてしまうマウチューを不採用にしたりしています(神奈川には別の仕事、デッキ破棄無効化もあるので)。
「じゃあメロフーリンとかストロベリーはなぜ入っていないのか?」という質問もあると思いますが、後半になって使うことができるか怪しいカードですし、何しろ連続増食の確率を逆に下げて、展開の邪魔をする可能性の方が上がるので不採用にしました。
あと上がるかもしれない質問としては「なぜマンゴー3じゃないのか?」あると思いますが、僕の中ではマンゴーはあくまで「ウェポンの一種」であって「メインウェポン」ではありません。第一、童やビランバが跋扈する現環境でマンゴーのみに頼ると結果的にマンゴーが腐ってしまい、展開するのに向かなくなってしまいます。そうするよりはハムタンなどの耐性をつけてフィールドを強固にした方が展開し易いのでマンゴーは一枚減らしてあります。

ちょっと長くなりそうなので、もし何か質問があればコメント欄の方にてお願いします。

最後に一言、本当に楽しい大会でした!ボジャノーイ杯運営の皆さん、対戦してくださった全ての方、本当にありがとうございました!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Z/X 第16回ミサキ杯結果報告 by戌亥

2017年03月19日 23時09分38秒 | その他の活動連絡・報告

くべゆり様主催第16回ミサキ杯に参加してきました。この記事ではz/x初心者にもわかりやすいように報告をしていきたいと思います。

~デッキ構築編~

Z/Xは今緑の一部の小~中型ゼクス達の圧倒リソース加速によって圧倒的なゲームスピードの高速化が起こっています。その結果起こったのがリソースを使ったコンボデッキの台頭でしたが、この大会ではそういったいくつかのコンボのキーカードが禁止カードとされた独自のレギュレーションで開催されました。前回のCSで私が握ったリーファーのキーパーツである八方美神フリージアもその一つでデッキの練り直しを余儀なくされました。数々の環境デッキが規制される中、ノータッチのカードがただ一つ。それは……レンジリンク

リソースにそろうだけで防御用に配置した大型カードが殴りかかってくる攻防一体のこのカードがトップメタに来ないわけがなかった。しかも相手には防御カードの配置と処理の2アクションを迫ってくるという質の悪さ。強い。勝つにはこれに対抗できるデッキが必要。私がとった対策はあきらめることでした。少しだけ言い訳させてもらうと、思いつく対策がこちらもレンジリンクを採用して先にレンジリンクをそろえるか、坊主めくりで勝負するかで運ゲーの要素が多くなりすぎて私好みのゲームプランでなかったからです。

話は一転ミサキ杯にはクリエイティブトーナメントという独自の規格があります。参加デッキの内、主催者の主観で面白いと思うような最新弾のカードを採用している、本戦出場者のデッキとダブりが少ないデッキ4つで行われるトーナメントです。今回はこれに絞ってデッキ調整することに。

そしてできたデッキは「アネートフロン」相手の起動効果やイベントを封じる置物を守り抜いて制圧する一年以上前から存在するアーキタイプです。……クリエイティブとは?……違うんです言い訳させてください。日本一ソフトウェアコラボパックでた魔界戦記ディスガイアの主人公達の新規プレイヤー指定カードが基準に採用されていそうと思ったんです。

今回はレンジリンク対策にバニラビート主体の坊主めくりで勝負するデッキが一定数存在すると考え、そちらに焦点を絞ることに。最新弾の種族「フロン」をこれでもかと詰め込み、オーラトウテツも採用し相手のチャージを徹底的にメタることに。いざ当日。

~予選~

①マシャカ弟切ハンデス〇

ハンドの枚数を強制的に2枚にする「暁十天クテール・マシャカ」からハンデスを連打して押し切るデッキ。自分のPSにコントロールゼクスを立て、残ったところにアネート、ピュアフロン、バールと盤面制圧して勝ち。

②ホウライレンジ×

種族デッキの皮を被ったトップメタ中のトップメタ。リソースを起こしまくって、最悪1枚から1ショットキルを仕掛けてくる。ウェアクロウ+花蘇芳×2でリソース差をつけ、ライフから用意したチャージとトラッシュを活用して最速バールが登場。小型ゼクスは場に出ただけで蒸発する状態に。現状のマナだけで相手は突破するだけの打点を出せないと思ったらリソースを起こされて大型×2のレンジで突破。リソース差とは。そのまま何もできなくて負け。

③ヴェイバトロン〇

合体ロボってロマンですよね!特定の大型×2をコストに登場するレンジ2、選ばれない、相手全バウンスの起動効果持ちの超高性能ロボ。チャージを刈り取ることでそもそも登場条件が満たせない。登場した瞬間ピュアフロンで自衛能力を封じてワンパンで陥落。こっちのデッキがぶっささってました。

④ビンガハルピュイア×

ビンガは除外を増やしてそこからいろいろ連鎖するデッキ……のはずが3cフロン4cフロンの展開の返しにペルツ。5コスト時点でIG3連続ヒットでノーコストで3面埋められタコ殴り。IGとクロウのリソース送りなどを駆使して何とか返すも、またまたIGでPSを開けられ返しに飛んできた素出しハルピュイアで2点貫通。何もできなかった。

⑤ホウライレンジ×

言うことなし

以上2勝3敗23/35位で予選落ち。肝心のクリエイティブトーナメントは予想が当たって見事進出。

ちなみに本戦のベスト4はホウライレンジ×4でした。

~クリエイティブトーナメント~

クリエイティブトーナメントでは動画卓にお招きいただけましたプレミしたら煽られるプレッシャーを受けつつもいざ本戦。

①バトルヒーロー〇

レッドがレッドを持ってきてレッドがレッドを展開する5人組ヒーロのテーマデッキ。多分レッドとピンクと途中参加の6人目しか入ってない。序盤に思いっきり押し込まれいきなりライフ2点に。その横でしっかりレベルを上げきり5コスフロンとスタートカードで相手を押し込めることに成功。そのままローリエでアネートを引っ張り出し、ピュアフロンで制圧。もろもろ盤面埋めて勝ち。

②アニムスループ×

墓地に大型をためて確殺コンボを叩き込んでくる初代無限ループ。ここでガバプレイ頻発。うっかりピュアフロンでスタートカードを割ったあと後続が続かない。もたついている間にPSにイレブンを立てられ完全に止まる。そのまま何もできずコンボを決められ負け。ヤクザ魂を抑えきれなかった。

 ~反省と振り返り~

予想に反し速攻デッキはそれほど多くなく、環境を読み違える結果となりましたが、今回のデッキ選択と構築に悔いはありません。しかし、プレイングでは大きく悔いの残る結果となってしまいました。特にリソースの置き方や払い方、コンボデッキに対しての柔軟な対応など反省点が多く見つかりました。次回以降参加するCSまでに見直していきたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度追いコン報告

2017年03月15日 13時09分52秒 | 定例会・公式行事報告

3/11(土)、北海道知床漁場 三宮駅前サンキタ通り店で行われた追いコン報告です。

参加者は現役32人、OB2人です。

参加していただき、ありがとうございました。

追い出された方のプレゼント()の一覧です。


麻木さん・・・CD「Open Your Mind」

元ネタは煽り歌を調べてどうぞ

 

やすてるさん・・・お茶漬け

アイコンから

 

ひみこさん・・・MTGの土地『山』40枚

山だけのデッキをお納め下さい

 

ひらしゅうさん・・・シスコーン

一番良さそう(小並感)

 

いさむさん・・・プロデューサーの仕事

これからもプロデュースがんばってください

 

ジョーさん・・・情報の強者

これを読んであなたも情報の強者に

 

もりーちぇさん・・・フルーチェ

ダジャレ…?

 

もりしんさん・・・お絵かきボード

画伯脱却のためにお使いください

 

シンジさん・・・ブラックバイトの本

客観的にブラックでも、主観的にブラックではないらしいです

 

キダさん・・・なくさないで

なくさないで

 

ゆめはらさん・・・スローロリスの飼育本

有名なアレを連想させます

 

リンセイさん・・・汚い日本語講座

若者の深刻な語録離れ

 

きたなみさん・・・安くなった遊戯王

ルール変更…うっ頭が…

 

李さん・・・スーファミステレオAVケーブル

任天堂のゲームが好きらしいので

 

その他

まだ渡してないので


 今回の反省点は、担当の動きが遅かったこと、追い出す人数が多かったので、参加者をもっと増やすことです。

 

二次会は三ノ宮のジャンカラで開かれました。

汚い部屋、ボードゲーム部屋、煽り歌部屋が開かれていたような…

 

参加してくださった皆様ありがとうございました。今後もどうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BSテンペ杯 大会結果報告

2017年03月14日 23時47分08秒 | その他の活動連絡・報告
どーも、G.P.です!
今回は、3月12日に行われた、福島大学バトスピ部さん主催のテンペ杯に参加させていただいたので、その結果報告の記事となります。この記事を機にバトスピ始めてくださると嬉しいですね(もうすぐ新シリーズが始まるので、今から始める人にはピッタリ!)。

今年より、神戸大学ボードゲームの会TCG担当となった私ですが、この際様々な大学のTCGサークルさんと交流をしたいと思い、第一弾として、福島大学バトスピ部さんの大会にエントリーさせていただきました。まずはこの場を借りて、お礼を申し上げます。本当にありがとうございました。とても楽しかったです!それでは、結果報告へ参りましょう。



まずは東北csの時と同じようにバスにて移動。約10時間の旅でしたが、「まぁ3月やし、そんなに厚着せんでもええやろー」と思ってた矢先、車掌から「外気温が-3℃となっておりまーす」とのアナウンスが。寒さとこれからのことに対する不安とでダブルガクガクブルブルが止まらなかったのはいい思い出ですね。
そして会場到着。予選はガンスリンガー方式で行うので(ガンスリンガーとは、ざっと言えば、決められた時間内で出来るだけ沢山の人とバトルし、どれだけ勝ち星を得られるかを競う方式です。詳しく知りたい方は検索検索ゥ)、体力がもつかどうか怪しかったのですが、そこはなんとか気合で。

ガンスリでの使用デッキは爪鳥(前回の記事参照)、増食(系統漂精のスピリットを効果で大量に並べて殴るデッキ)、赤白速攻(破壊、バウンスを備えた、ドローもきっちりできる速攻)の3つ。戦績は9勝3敗(だったと思う)。全ての試合を記録できなかったので、それぞれのデッキから一つずつハイライトで試合内容をご紹介。(試合は一試合20分の一本先取)

①爪鳥 対紫速(デッキ内容は前回の記事参照) 勝ち
試合は終盤に差し掛かったところ。前のターンにゲイルロードフィニッシュで全てのスピリット・アルティメットを手札に返すもこちらの手札は残り3枚、ライフは2。絶体絶命のピンチでドローしたのが、なんとセフィロアリエス。こいつは特定の系統以外の全スピリット・アルティメットを召喚する際に疲労状態になる効果とコアシュート耐性がある、まさに紫速のためのスピリット。そのまま召喚し、逆にこっちがアリエスで稼いだターンも含めてスピリットでなだれ込んで逆転勝ち。

②増殖 対猿コン(猿の十二神皇ハヌマーリンのアクセルノーコスト化でコントロールするデッキ) 負け
試合は終盤、相手の場はほぼゼロ、こちらには8体ほどの漂精スピリットとフロマージュ。「これはイケたやろ」「フロマージュいるし、ムルシエラ怖くなーい」「絶甲系あってもこの数やでぇ」と脳内に次次にフラグを樹立する中でこちらのアタックステップ。一体目が殴って「フラッシュ何かありますか?」と聞く。「シエラ・ムルセーヌ(なんとムルシエラが女の子になったスピリットである)で」
大量に展開したため、全てのスピリットにはコアが1,2個しか乗っておらず、全員バウンス対象に。顔が青ざめ、手札がフルーツ盛り合わせになったところで、相手のおさるさんが降臨。そのまま逆になだれ込まれて負け。

③赤白速攻 対猿コン 勝ち
2ターンでライフを0にできるほどの十分な物量があるにもかかわらず、その後3ターンほど粘られ、いつ猿が来てもおかしくない状況にまでされてしまった。しかし、猿がなかなか来ない。もしやと思い、バーストを伏せてからもう一回全力フルアタックをかけてみることに。すると案の定ムルシエラが飛んできた。しかし、ここでバーストオープン、シロナガス!相手の最後のライフを打ち砕いて勝ち。

結果、予選9勝で決勝トーナメント進出!


さて、予選とは違うデッキを使用できる決勝ですが、猿コンが予想以上に多く、且つ決勝で赤白速攻は使いたくない(デッキがバレているから)ので、決勝は猿コンメタチューンしたダゴン(デッキ破棄デッキ)を選択。一試合30分の一本先取で、さあ行くぞ!

決勝
一戦目 猿コン 負け
相手先行で華王の城門配置。「これ多分猿コンや、キター!」と思い、おもむろにドローマジックを打ち続けて、ダゴンとオライオンを引く。そのままターンが進み、最速レベル4ダゴンを出して合計15枚破棄。「これはイケたでぇ」とまたしても脳内フラグを立てていく中、相手はハヌマーリンを召喚。「まだナントカなるやろぉ」と思ったところでなんとハヌマーリンアタック。「アレッ、コレハモシヤ…」「フラッシュ、スターキャンベルで。トラッシュのナラ2体回収で」「アァ、コレアカンヤツヤ…」オンコットでシンボル追加され、そのまま負け。(巨岩石の森が引けなかったのはどうしてだろうか)

結果 ベスト8

その後決勝戦ではなんと猿コンミラーが繰り広げられました。勝者はもちろん猿コン(当たり前)。見ごたえのある、かなりすごい試合でした。


さて、ここから私初めての試み、サイドイベントの様子まで詳しく書いちゃいます!
サイドイベントは3人制チームバトル。一人だけ関西勢の私でもチームが奇跡的に作れたので、私は中堅で参加しました。試合は一試合20分一本先取。では、どうぞ。

一戦目 猿コン 勝ち
こちらは死竜コン(系統死竜のスピリットを駆使して相手のリザーブ・フィールドのコアをトラッシュに送り込み、カウンターを打たせないようにして勝つデッキ)を使用。相手がなかなか動いてこないので、こちらも猿コンに対するカウンターをいつでも打てるようにして待ち構える。2ターンくらい待ってからようやく相手の猿登場。殴って、ナラのアクセル使用後、召喚して召喚時効果発動したところに、隠し玉ギュウモンジ発動。猿もろとも全体を焼け野原にして、そのまま押し切って勝ち。チームも勝ちました。

二戦目 白紫 勝ち
このサブイベントでは1戦ごとにデッキチェンジが可能と聞いたので、こちらは赤白速攻にチェンジ。先行1ターン目、相手はオーシンを召喚。こちらは返しにオーシンをバウンスしつつ軽量スピリットで3つライフを奪う。次のターン、相手はハリムを2体召喚。破壊するとこちらが一体疲労してしまう効果を持っていますが、こちらのメインステップ中に破壊すればあとの立て直しは簡単。二体とも破壊して、そのまま突っ込んで勝ち。チームも勝ちました。

決勝 猿コン 負け
偶然作れたチームでまさかここまで来れるのか、と思いつつ、最終戦。相手はまさかの本戦優勝者。「これは…ダゴンか?、いや、なんかまた同じことが起こりそうやし、死竜コンでもナントカなるやろぉ」と本日何本目か分からないフラグをまたおっ立てて、死竜コンを握る。初手四枚ドロー。チラッ。絶望のコスト合計26の手札(アメジストドラゴンソニック2枚とバスカールをちゃっかり引いてしまう)。その後もドロソがなかなか引けず、そのままおさるさんにぐるぐるされて負け。チームも負けました。

結果 準優勝

商品として一人3パックずつもらい、なんとヴィエルジェを当てたので、これはこれで良し。


とまぁ、こんな感じでテンペ杯は終わりました。フラグの立てすぎには本当に注意ですね。この後にバトスピ部部長のたなっきーさんと何戦かバトルさせていただき、そして帰りに神奈川で一泊してから帰りました。疲労感が襲いかかって、家路の間はしんどかったですね。
一日を通して本当に楽しい思い出になりました。改めて、テンペ杯運営の皆さん、参加者の皆さん、どうもありがとうございました!それでは、また。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fate同人TRPGテストプレイ会

2017年03月13日 22時05分46秒 | 16年TRPG報告

GMのポルカです。2017年3月13日に神戸青少年会館でゲーム作品「Fate」シリーズの同人TRPGの試遊会を行いました。5人の方に参加いただきまプレイ時間も6時間という長い時間になりました。5人の役は

  • アーチャー陣営|マスター(以下主と略):遠坂比呂(我輩さん)サーヴァント(以下使と略):トリスタン(NPC)

使命:生き抜くかライダーのマスターを守る

  • ランサー陣営|主:或ル ユキヱ(なえとこさん)使:李書文(NPC)

使命:全員との戦闘

  • キャスター陣営|主:ジャクソン=チューリング(草笛さん)使:チャールズ・バベッジ(NPC

使命:小聖杯の確保

  • アサシン陣営|主:一舞(らぎさん)使:ジャック・ザ・リッパー(NPC

使命:小聖杯を盗むアメリカのスパイ

  • バーサーカー陣営|主:間桐清廉(戌亥さん)使:ヘンリー=ジキル&ハイド(NPC

使命:体内に侵入したマキリゾルゲンを追い出す

  • セイバー陣営|主:ハワード・ブライアン・ラブクラフト(NPC)使:ジル=ド=レェ(NPC

使命:クトゥルフ神話の伝播、神話生物の復活

  • ライダー陣営|主:セルシア=フォン=アインツベルン(NPC)使:ゲオルギウス(NPC

使命:妹を助ける

  • ルーラー陣営|主:場ゼット=フラガ=マクレミッツ(NPC)使:小野篁(NPC,未登場

使命:セイバーがキャスター化したら召喚される。ジル=ド=レェの討伐

ハイライトは

  1. 1日目、バゼットさんがキャリーバッグに詰められる。槍と狂陣営が初戦闘で死にかける。
  2. 2日目、術と剣、騎と弓がそれぞれ同盟を組む。術と剣が槍、殺、狂を襲うも返り討ちにされ剣(ラスボス)が死亡
  3. 3日目、何人か脱落
  4. クライマックス前に時間切れで終了

 

ルールが大雑把だったりバランスがおかしくチート級の技能の組み合わせがあったりしましたが、ラスボスが途中で死んだりそれぞれの宝具が強すぎたりとFateらしいTPRGでした。

GM所感

参加者の皆様には様々な刺激をいただきまして大変参考になりました。また、何か感想や改善点があればこちらにも書き込んでいただくと嬉しいです。また機会があれば行いたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加