神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

久しぶりの… byてーしお

2008年11月29日 08時24分59秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
 久しぶりにブログ書きます。僕を知らない人も多くいると思いますがよろしくお願いします。

 研究室の関係で二日連続行けたのも久しぶりだったけど、いつもどおりマッタリできた。

 ここんところ(恐らく後期入ってから)負けてなかったので今日も調子よくゲシェンクトをやりました。最後の二枚目に出てきた大きい数字(いくつかは忘れた)を「最後の一枚はこれよりは少ないだろう」と僕はコイン全部掛けてスルーしたんだが、最後の一枚の数字ほとんど変わってなかったorz。結局コインたまる前に取らざるを得ずコインの旨味もなく負けました。

 これから来るスパンは長くなるかもしれんが、皆さんよろしく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつもの事ですが、御付き合い下さい byGHETTA

2008年11月29日 00時48分14秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
はい、ノイです。数字を足していく事で有名なノイです。結構運の要素が強い事が否定できないノイです。
そして、今日も私は2位です。ノイをすればブログ担当になるという呪いは未だに解けていないようです。ちょっと前に解けたような気がしたのは、気がしただけだったようですよ、おやっさん。

今年の風邪は喉に影響が出るそうですので、皆様、御気をつけ下さい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

後期総会のお知らせ、及び代表者会議の報告

2008年11月28日 01時41分53秒 | 定例会・公式行事連絡
下の日時及び場所で、2008年度後期総会を開きます。
部員は原則として全員出席です。
また、どうしても参加できない場合は必ず誰かに委任するようにしてください。前回に引き続き今回もメールでも可能です。
(委任状は左の「ブックマーク」→「重要書類」から見られます)
あと、入部希望の方も可能な限り参加していただけると助かります。
日時:11月28日(金)17:30~
場所:神戸大学 国文B402 予定



議題は以下のとおりで、原則としてこの順番で進みます。


1. 六甲祭総括・室内出展編(00doll)

2. 六甲祭総括・OB部屋編(えび)

3. 前期決算(ミドリ)

4. 後期予算・会費の決定及び徴収(ミドリ)

5. 役職の引き継ぎ

7. 後期活動計画(ミドリ)

8. 青少年会館の大掃除について(ミドリ)

  9.その他

各係は引き継ぎ資料を用意しておきましょう。


また、これにむけて代表者会議を行いました。

代表者会議記録
参加者:ゴンタ、ミドリ、東京、ウッディー
日時:11月13日(木)昼休み
場所:B402教室

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

08年度後期総会議事録

2008年11月28日 00時00分00秒 | 総会の連絡・報告

会場:神戸大学国際文化学部棟B402
開催日時:08年11月28日17:30~

1.六甲祭総括
 ・人が多く入室をお断りしなければならないほどだった
 [反省点]
 場所の不足・・・早めに取る、大会中は扉を閉める、「満席」の札の用意

 ・OB部屋・・・草稿を読んでおいてください

2.前期決算

3.ゲームの購入
 子供向けゲーム・・・部の所有物として購入
 OBさんとの交渉による購入

4.後期活動計画
 ・忘年会(12月13日(土)18:30集合)
 ・追いコン(2月末~3月半の間に)
 ・R会(2月中ごろ~4月頭まで)
 ・新歓活動(4月~6月)
 ・交流会
 ・合宿
 ・漫画研究会との交流(TRPG)

5.役職の引継
 皇帝(代表):ミドリ
 宰相(副代表):k
 HP担当:ダムー
 名簿係:シゲ
 六甲祭担当:ウメ
 新歓担当:ウッディ、mono
 部屋取り:マーガリン、ウッディ
 三宮青少年会館担当:ウメ、マーガリン
 交流会担当:ミドリ
 ボードゲーム管理:00doll
 合宿担当:GHETTA

 ※新歓コンパ担当にマーガリンがサポートにつきました

6.その他
 12月27日(土)18:00~:三宮青少年会館年末大掃除があります
 参加者:急須屋、ゴンタ、00doll、ウメ
 


以上(敬称略)
書記:シゲ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄鋼山に降る紅い雨   by急須屋

2008年11月27日 06時27分52秒 | TRPG関連
デモンパラサイト小坂シリーズ第267話
「小坂の主」
今回の参加者
紅 麗美(ファランクス・カラドボルグ/ゴンタ)
小坂のカリスマを司るお嬢様。 ついに奴との決着が。 中の人は今日のために色々と練ってきた模様。

文楽座 瑪瑙(ファランクス・カラドボルグ/GHTTA)
鍛えられて少しはまともになり始めた妹さん。 姉のことは何だかんだで信頼している模様。

猿渡 次郎(ヴォージェ・ドラグーン/ミドリ)
バナーナバナーナ。 そんな猿。 本当に進化してるのか微妙な世界。

佐藤 唯(アルバレスト/mono)
結構な大事件のためセラフィムに呼び出された探偵。 恵理さんとはまた別行動に。 まぁ一緒にシナリオに出ることはあまりないとは思うけど。

前回の神童戦が終わってすぐ、セラフィムに一本の連絡が入る。 小坂の一角が夜に包まれたという。 どうやら釣二が矢渡を使って小坂の一角を封鎖し、自分達の領土としたらしい。 セラフィムに集まって止めに行こうとすると、緋方が現れる。
緋方「セラフィムの皆様方。 実は依頼があってきたのですよ。」
緋方の話によると今東都の方からセラフィム本部が動きかけていてそれを妨害するために隆太と緋方自身が動いているということを聞く。
隆太がいるのは・・・鉄鋼山。 そしていつの間にか居なくなっている麗美。

小坂鉄鋼山。 その大空洞にて。 隆太が何か小さな鍵穴の前に立っている。 そしてどこからともなく鍵を取り出して差し込む。
これは昔小坂の地を手に入れるため作られたものらしい。 結局使われないまま終わってしまったが。
そして今、小坂を囲む四方の内北の狐はすでにやる気がなく東の天狗はもう居ない。 残るは西と南。 西の竜と南の吸血鬼だ。 さぁはじめようか。 古からの戦いに決着を。 そして何より、再び高みに昇るために。

しばらくして隆太は背後に気配を感じる。
隆太「よぉ・・・ やはり来たようだな。」
麗美「待たせたわね。 今すぐにでもはじめたいところだけど、その前に・・・」
といって指を鳴らすと突然燃え上がる天井。 そして大穴が空き、振り込んでくる雨。
隆太「俺としても屋外の方が戦いやすいが・・・ お前はいいのか?」
麗美「ええ、この程度の雨ならハンデにもならないわ。」
そう、麗美にかかる雨は彼女に当たる前に燃え上がり、そして紅い霧となってあたりを包んでいた。
隆太「ならいい。 じゃぁ戦おうか。 俺はお前を倒して・・・竜としての高みに昇る!!」
そして戦いが始まった。

一方その頃、麗美を追いかけてきた残りのメンツは隆太が呼び覚ました炎の馬人、巨神兵的なものを止めるために戦っていた。
3対1ではあるものの瑪瑙が副作用で大変なことになっていたり相手のカウンターで削られたりとかろうじて倒したもののすでに余力は残っていなかった。 この状態で麗美の加勢に入っても足手まといになるだけだろう。 後は彼女を信じるだけだ。 そう、彼女のカリスマを。

そして麗美たち。
麗美「あなたは知っているかしら? 第二次世界大戦にベルリンで起きた悲劇を。 戦火で家屋は破壊され人々は逃げ惑い、そしてその悲しみで紅い雨が降ったそうよ。 ・・・そう、こんな風に。」

悲劇『ベルリンの紅い雨』
彼女の手に灯った紅い炎が空に向かって解き放たれ、その一瞬後。 天からすさまじい数の火球が降り注ぎ、あたりを焼き払う。

しかし
隆太「ぬるいな・・・俺に炎で勝てると思ったのか?」
<灼熱防壁>で火を噴き降り注ぐ火焔を全てはじき返す。 その後降り注ぐ雷の嵐。 相手は霧になって見えないが確かな手ごたえを感じた。 麗美の気配は消え去ってしまう。
隆太「やはり御伽噺の力、竜や吸血鬼の力などもう今では見る影もなし・・・か。」
麗美「あら、もう終わったとでも思っているのかしら?」
隆太「!?」
麗美はいつの間にか隆太の死角に潜み、相手の血をすすることで竜の力を得て復活していた!!
麗美「相手の力を奪って我が物とする吸血鬼の力、なめてもらっては困るわ。 この動き、あなたについてこられるかしら?」

伝説『紅い彗星』
戦場に散っていった数多の名パイロット達の魂を呼び出し、すさまじい速度で動き翻弄する麗美。

隆太は音を感知し居場所を探ろうとするがいつの間にか麗美の残像は幾多の影を生みその影は軍勢となって隆太を取り囲んでいた。
隆太「軍勢を生み出そうが所詮は霧。 炎で全て焼き払ってやる!!」
と<灼熱障壁>により麗美を締め出そうとするが・・・
麗美「そのような炎、私の運命を吹き飛ばす風の力で消し去ってあげるわ。」

伝説『ジークフリードのアキレス腱』
麗美が腕を前に突き出すとそこに現れるのはかの英雄、ジークフリードの脚。 そしてその脚は炎の壁ごと隆太を吹き飛ばす。

隆太「くっ!! ならば見せてやる。 これが俺の運命を操る力だ!!」
隆太が一声上げ、麗美に殴りかかる。 麗美はその一撃を見切れるはずだった。 しかしそれは吸い込まれるように彼女に命中する。
麗美「言った筈よ。 私は不死身の力を手に入れたと。 その程度では私の運命は揺るがないわ。」

不落『ザ ボディ オブ ジークフリード』
降り注ぐ雷を虚空より現れた英雄の体が受け止め、爪の一撃を英雄の腕がはじき返す。

麗美によって呼び出された英雄はいまやその姿を完全に現し、立ちはだかる。
麗美「今、ここに英雄の体が全てそろったわ。 さぁ、覚悟はいいかしら?」
麗美が合図をすると呼び出されたジークフリードは隆太に向かって突進していく。 空に飛び上がりそれを交わそうとする隆太。 しかし・・・
麗美「甘いわね。 英雄など所詮御伽噺の中での英雄。 今この場で最も強いのは無名の力。 新しき伝説を作る未来の力よ。」
そう言って麗美はジークフリードによって生み出された死角から隆太に不可避の一撃を叩き込み、ジークフリードごと貫く。 まさにこれは過去に決着をつける神話殺しの一撃。

自戒『ジークフリードブレイク』

隆太「完敗だ・・・ すでに竜は過去の力か・・・ すまねぇな、隊長。」
麗美「あなたの敗因は二つよ。 一つは過去にとらわれすぎたこと。 そしてもう一つは主に仕えるその心構えが間違っていたことよ。」

そして倒れる彼女を誰かがそっと支える。
???「お見事です、お嬢様。」
こうして鉄鋼山の噴火はとめることができた。 後残るは緋方、そして釣二自身。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

当初の目的を失ってないですか? by k

2008年11月25日 23時06分32秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
今日の昼休みはフラックスをしました。

ルールは以前の記事参照ですが、このゲームは勝利者が一人決定するだけで後は順位が決定されません。ゆえにうちのサークルではこのゲームだけは勝者がブログを書くのが通例になっているのです。
というわけで、勝ちました。いや、正確に言うと勝たされました。
勝利条件が「手札10枚」の状態で「2枚引き」、ドロー+1の「貧民ボーナス」、ドロー+3の「手札0枚ボーナス」、全アラビア数字を+1する「インフレ」を揃えられて自分のターンに。条件が合っていた自分には全効果が適用されてドローは3+2+4で9枚、もともとの自分の手札は「手札0枚制限」がインフレで「手札1枚制限」に変化していたので1枚。計10枚・・・
ありえん(笑)
まさか、「手札0枚制限」中に「手札10枚」で勝つとは思いませんでした。
なんじゃこりゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決別   by急須屋

2008年11月22日 05時37分31秒 | TRPG関連
人は古から剣を作ってきた 作られた剣は多くのものを破壊した
敵を切り捨てた 他の武器を砕いた そして持ち主を滅ぼした
そして今 一本の剣が抜き放たれた
その剣は 何のために振るわれ 何を破壊するのか
デモンパラサイト小坂シリーズ第264話
「稲妻の剣」

文楽座 瑪瑙(ファランクス・カラドボルグ/GHTTA)
瑠璃がいない間に文楽座を仕切る次女。 割り切らないことはしっかり割り切るドライな人。 最近は何か知恵も持ってきたみたいで。

刃字忌(バルディッシュ/ミドリ)
文楽座家の飼い猫。 動物だから人間のモラルとか結構どうでも良かったり。

ある日、瑪瑙と刃字忌がセラフィムからの帰りに誰かが悪魔化した気配を感じる。 誰かは分からないがこの出落ち臭のする悪魔化は彼しかない・・・
そして向かってみると案の定倒れている叢雲さん。 それと一緒に倒れている雀の悪魔憑き(横太郎じゃないよ)と謎の悪魔憑き。 謎の悪魔憑きは見たところヴィシャスで雀の止めを刺す。 それを見て危険を感じ倒そうとする二人。
しかし相手はかなりの回避特化で太刀打ちできない。 そこに<電脳王>からの一撃がたたきこまれる。 撤退する謎の悪魔憑き。

やってきたのは釣二で最近謎の悪魔憑きに狙われていることを言う。 そして死んだ雀は釣二の部下だった鳥らしい。 敵をとるためにも敵の後を追う釣二。
二人は一度セラフィムに戻ってジョーさんに聞いてみるとそのような悪魔憑きはこの小坂では見たことがなく、ヴィシャスとはいえそこまで危険ならセラフィムとしては手を出さない方針で行くことを伝える。

数日、セラフィムにとっては何事もなく過ぎた。 その間でも釣二がその悪魔憑きと戦ってやられかけたり他のやつらとの戦闘があるのを目撃する刃字忌。

そんなところでジョーさんが調べた結果、かの悪魔憑きは以前会った様なセラフィムのエージェントではなくディバインチルドレンのエージェントだったらしい。 なぜディバインチルドレンがわざわざ釣二を狙うのか分からないが他のエージェントもやってきてそろそろ小坂で大規模な戦闘が起こる可能性があるとのこと。

そしてセラフィムとしての方針は「関わるな」。

それでも気になって調べる瑪瑙と刃字忌。 そうすると彼らは一つの山を包囲しているようだ。 その山はイーグル部隊がアジトにしているようで多くの鳥の悪魔憑きがすんでいる山らしい。 刃字忌は山の中に居て瑪瑙は周囲を見張ることに。
そんな瑪瑙のところへ「はっはっは。 精が出ますなぁ。」と声をかけてくる緋方。
緋方「あなた方セラフィムといて楽しかったですが、そろそろ時間が参られたようですな。」
緋方曰く隊長は今まで本気を出さずにやってきた。 しかし今回は本気でいかないとどうにもならない状況のよう。 そして本気で行くからにはセラフィムと敵対せざるを得ない状況になるかもしれない。
緋方「まぁ、このまま隊長が本気を出さず倒れればもうお会いすることはないかもしれません。 しかし機会があればまた今度。 まぁその時は敵かもしれませんが。」
瑪瑙「はい、また会えれば。」
そして去っていく緋方を見送る瑪瑙。 しばらくして山から煙が昇り、火の手が上がり始める。 どうやら本格的な戦いが始まったらしい。
瑪瑙「・・・あれ? 刃字忌大丈夫?」
急いで山に向かう瑪瑙。

山の中は完全な戦闘状態でディバインチルドレンの悪魔憑きたちもちらほら見える。 そしてイーグル部隊はほとんどが戦力を持たない集団。 目に見えて劣勢ではあった。
刃字忌と合流し、避難するためにも目の前の敵と戦う二人。 そして現れるのは釣二。
釣二「悪いが、このまま死ぬわけには行かないんだ。」
釣二「俺は・・・最後まで生き抜く。」
そして起こる閃光。 <電脳王>、<全力攻撃>からの<混沌爆砕>
ディバインチルドレンは一掃され、イーグル部隊は去っていった。

今、一本の剣が引き抜かれた。
その剣は破壊するための剣。 災厄の剣<カタストロフ>。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ギアス教の野望2008~深人たちはオレの物~第一部完 byむっく

2008年11月20日 22時23分03秒 | TRPG関連
■「ギアス教の野望2008~深人たちはオレの物~第一部完」
 第一部終了、超バナナ星崩壊。敵国はあまりにも大きく、強かった。そう、彼らは大きな力の元に屈したのです。

 第一部最終話である3話では迫る大国に打ち勝つ為に、ダンジョンの奥深くに眠る聖獣を目覚めさせようとしていた。後、その道中にいる小鬼を捕まえるために。しかし、彼らを待ち受けるダンジョンはあまりにも厳しかった。

 部屋の探索をすればファンブル、部屋のトラップでボロボロ、戦闘が始まれば温泉につかった戦意高揚している怪物に苦戦し、慎重に行動したためにランダムエンカウントで更なる窮地に立たされる。そして、部屋の探索を…。

 何たる惨劇か!今日最初の判定で起こったふぁんぶるが最悪だった。悪意に駆られた宮廷メンバーは大臣にリンチを行い、終了した時に王国からの使者が敵国により宮廷が落ちたことを告げる。後は倒れた大臣を起こして、撤退戦。しかし、王国に帰ると王国失敗表を振れば振るたびに壊れていく王国。最後には池と何もない土地が残るのみ…。そして、破産してもお金が払えず国を維持していくために必要な「王宮」さえも立てれぬほどの借金を抱えた。

 悲しいことこの上ないが、此れはルールを適用するに王国の滅亡である。そして、新しく始まる第2部では新しい仲間2名を加え、捕らわれた王や忍者を助け出すと共に憎き敵国に復讐する事になるだろう。どうなる事やら。

 因みに新キャラクターは王に仕えていたばあやとボッシュートの父親だそうです。

 一応、K君へ舞-乙HiMEの公式ページキャラクター紹介(本校在籍者)の所にマリア・グレイスバートを確認していてくださいな。両方の絵があるので。後若い方は26話に登場してます。

 最後に一言我ガエーギルの力此処にアリ!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あれれー牛がいっぱいだよー By安綱

2008年11月20日 18時02分18秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
ブログ見直すと、自分の書いた記事の密度がやたら濃いです。
つまりそれだけ負けてるってことだね、びっくり。
・・・コノウラミハラサデオクベキカ(逆恨み)

それはそれとして、今日の昼は7人で六ニムトをやりました。
最近は色々な人が集まってきてて、賑やかでいいですね。
いやあ、人数が多いと想定が狂いますね。
5枚目が87なのに手札三枚のうち80台以降が2枚とか。
気が付いたら36匹の牛に囲まれておりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そういやもうすぐお歳暮の時期 by k

2008年11月19日 23時33分12秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
今日の昼休みはゲシェンクをしました。
もう今更なんでルール説明は省略させて頂きますが、このゲーム、自分はよく分かっていてもいざ人に説明するとなると結構面倒ですね。今日は初プレイの人がいたのでウメ君にルール説明をしてもらったのですが、若干苦戦していたようです。そういや昨日のフェットナップの時も苦戦してたなぁ。ごめんね、まる投げで・・・
内容的にはいつもの通り狙ったら外れて撃沈したり、取らせまいとカットしたら共倒れたりでした。でも今日の自分は特に順番に運が無かったように思います。このゲーム、絶対初番は不利ですよね。

あ、そういやちょっと気になったんで調べてみたところ、和名は「ゲシェンク」でも「ゲシェンクト」でもどっちでもいいっぽいです。
よく考えたら、箱に書いてある「GESCHENKT...ist noch zu teuer!」って直訳すると「贈り物...さらに高価な!」って意味ですけど、このゲームどう見ても「贈り合い」ではなくて「押し付け合い」ですよね(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加