神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

のんびりとした夕飯

2006年11月28日 22時03分10秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
 5限のセミナーが終了後にのんびり国文の食堂に向かってみると、Roy君とみどり君がいるじゃないですかぁ。いやぁ。二人共仲がよろしい様で、済みませんが私も混ぜてくださいな。と言う訳でそのままなし崩しに1回生の方に混じって食事させてもらいました♪
 いろんな話題はありましたが、主にはゆとり教育はオタクを発生させる結果にしかならないとか、高校時代の環境とか、近くに日本橋やらBook offがあって幸せだったとか。まぁ、そんな昔話の話題は尽きることはないわけで。途中でtake先輩に接触したり。そのまま生協の方に追い出されるまでまさにのんびり過させて頂きました。お二人ともお疲れ様です。

 これをもって本日の報告とさせていただきますと言うのはあれなので、本日の昼休みはGHETTA君のセッションのキャラ作りや、三国大戦のレギュレーションに関しての話題をまったりと。やはり今日もゲームが回らずでしたね。3限時においても集まっている方々がおられたようですが、そちらの報告は出ていられた方によろしくお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

定例会報告 byGHETTA

2006年11月25日 23時21分50秒 | 定例会・公式行事報告
本日の参加者数は九名で、朱雀氏、急須屋氏、安綱氏、てーしお氏、むっく氏、とーます氏、エンドウ氏、匿名希・望氏、私ことGHETTAでした。
私が一時間ほど遅れてやってくると、既に先着四名の方が『操り人形』をされておられ、とーます氏が説明に精を出しておりました。私はそれを傍観しつつ、人数が増えるのを待ちます。
昼を過ぎる頃には八人まで増え、四人四人の二グループに分かれ、『Ticket to Ride』、『Once upon a Time』、『黒死病』、『BANG!』等を代わる代わるしました。
因みに、私ことGHETTAは『Ticket to Ride』にて無駄に高得点一位を二連続で取ってしまった為、何故かブログ担当。矢張りこのゲームは出来るだけ手札を貯めて、外回りでぐるりと大きく回るのが得策に思えて仕方がありません。まあ、邪魔されなければ、の話ですが。

追伸 チロルチョコの『きなこもち』を本日で二十五個ほど消費しました。後は五十個ほどです。暫くは『きなこもち』ずくしの日々でしょう……
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

11月定例会のお知らせ byえび

2006年11月25日 19時55分28秒 | 定例会・公式行事連絡
11月定例会を以下の日程で開きます。

日時:11月25日(土) 10:00~17:00
場所:神戸市青少年会館
内容:ボードゲーム遊びづくし

なお、12月の定例会はありません。
ということで私の参加できる定例会は2007年までお預け・・・長いよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ALF初体験 byえび

2006年11月23日 22時12分21秒 | TRPG関連
今回予告
旅立ちの日から早数年、少し大きくなりし吾が、
再び帰ったこの街に、迫るは奈落に染まりし手。
幼馴染と戯れし、広き野原も今は無く、
かつての約束忘れたか、少女の姿は影も無し。
勇者よ今こそ立ち上がらん、こここそ吾が愛せし地、
友よ今こそ手を貸そう、君こそ私が認めし人。

アルシャード・フォルティッシモ
「故郷(ふるさと)に、還りし勇者立つ」
君は今、神話を越える――



 ということでワタクシえびがアルシャードフォルティッシモのGMを生まれて初めて行いました。プレイヤーは朱雀、てーしお、急須屋、むっくの4名。実は4人全員私よりALF経験あるでやんの。
むっく 「いやー、実は私初めてなんですよ~。世界観とかわかんなかったら教えてくださいねー」
いや、お前が始めてなのはPLだけで、GMは2桁はやってるだろう。

 ということで誰かさんが集合時間に起床=2時間遅刻確定などしつつも和やかにキャラメイク。
かくて4人のクエスターがミッドガルドに生まれたのでございます。


PC1 レイン・セイクリッド(18才・男)/朱雀
ファイター4 ヴァグランツ2
 13才の時に音楽家としてビッグになるため故郷のゼミパ村を旅立った絶対音感の持ち主。
戦闘ではファミリアで高効率になった特技を打ちまくりつつスタンダードに戦う。
幼馴染ヒロイン・スポットとのラブシーンは常に他のPCに覗かれている。
――発覚しては惨殺シーンが展開されるけど。

PC2 カルロス・クローゼ(24才・男)/てーしお
ファイター1 スカウト1 ゾルダート4
 誇り高き帝国軍、その中でもエリートである銀十字軍のエージェントの一人。
戦闘ではゾルダートのハイスペック武器をスカウトの特技で二刀流して戦う。
かつてゲンブにスカウトされて帝国軍に入った経緯があり、恩義を感じている。
軍の命令には絶対服従、揺らぐこと無き鉄の意志は、どんな勲章よりも彼にとって誇らしいものだろう。

PC3 ジョナサン・ジョーズ(21才・男)/急須屋
ブラックマジシャン6
 "奈落の使徒"ゴートに家族や親友(シーザー・ツェッペリン)を殺され、奈落を滅ぼすために旅を続けている。
戦闘では高レベルの上級魔法「情紋(じょうもん)」と、低レベルの各種魔法とで多様に戦う。戦闘以外でも「膝の力だけで跳躍(フロート)」したりと大活躍。
――彼のせいでセッションからジョジョネタが絶えることはありませんでした。

PC4 ウサミミ・バイザー(仮名)(22才・男)/むっく
オラクル2 ホワイトメイジ1 ジャーヘッド3
 オラクルでジャーヘッドで、実はジョナサンの兄。
数年前。道に落ちていた真っ赤なバイザーをつけると、シャードの生きる世界が見えてきた。囚われたシャードの声も聞こえるようになった。オラクルとして覚醒したのだ。
そして現在、シャードの声が聞こえると彼は「声が聞こえるの、なぜならウサギの耳は長いから」と言って登場する。
うん、言いたいことはそれだけだね。
N◎VAウサギよろしく等身大の白いウサギに真っ赤なバイザーをして、その着ぐるみをサンドスーツ(砂漠で生きるための防塵服)と言い張る言い訳は。
むっく「いやぁ、オラクルですから新帝国軍に追われているわけですよ。だから素顔をさらすわけには行かないんです。因みにデザインの趣味はシャードの趣味且つこの形状が尤も神々の声が聞き取れるので、こやつの趣味ではないですよ。」
 なれないシステムでは変なことはするなということで、シナリオは王道系でございます。

 レインが5年ぶりに帰ってきた故郷ゼミパ村では、帝国軍が何かの研究・調査をしていた。
詳しく調べると、裏山の洞窟の奥にある奈落の調査と、リアクターの新システムの試運転を兼ねているとか。
そのリアクターの新システムとはシャードを持つものの生命エネルギーを過度にリアクターに注ぎこむことで、高い能力を発揮させるものである。
幼馴染のスポットは、軍で小間使いのアルバイトをしているようだが、どうやら彼女にも危険が迫っているらしい。

 帝国軍中尉ストライプ=ゲンブは素質のありそうな人物がいると片っ端から声をかける登用癖の持ち主で、クローゼ自身もそういった経緯で軍に入った人間の1人だ。
通称「ゲンブの子」とも呼ばれる彼は、軍本部よりゲンブの素行調査を命じられる。
必要以上の武具の購入、試作品リアクターの使用、疑わしき点は確かにある。
久しぶりに再会したそのにぎやかで大雑把な笑顔からは、そういった疑念は全く感じられないが――

 家族を、友を殺した"奈落の使徒"ゴート、ゴートは強い欲望を持つ人に取り付き、悪事を働かせるのである。
ゴートの波動を追ってゼミパ村に立ち寄るジョナサンの眼に、ゲンブの背にかかる微かな黒い靄が映った。

 帝国から逃げ回りながら各地のシャードを救って回るウサミミ・バイザー。あるとき立ち寄ったゼミパ村で、多数のシャードが上げる搾り出すような悲鳴を聞く。
帝国の技術の粋リアクターにその秘密があると察知したバイザーは、偶然知り合ったレインと行動を共にし、真実へと迫っていく。


 まーこんな感じのあらすじでございます。ハンドアウトの時点でシナリオの大部分が読めるのは良いんだか悪いんだかな。

 5年ぶりに再会したスポットは、ベリーショートだった髪を背中まで伸ばし、少女から女への進化を遂げていた。
旅立つ前の晩に交わした約束、交換したのはピアスとバードコール。
ピアスは後にレインのシャードとなり、鳥の彫刻を施したバードコールは変わらず彼女の胸元に。
再び出会い、惹かれあう二人。月明かりに照らされて交わす会話は、あるいは神々の睦言か。
――そしてその様子を「長いウサギの耳」で聞いていたウサミミinレイン宅クローゼットの中。
彼の耳は、スポットの胸にかかるバードコールの、覚醒しかけているシャードの声をも聞いていたのであった。


 一番「決まった」と思ったシーンは、回想シーンにアドリブで登場させたバードコールが、クライマックス直前のシーンで伏線として登場させられたこと。


 そう、それは5年前。ベッドに並んで座って二人、旅立ちを明日に迎えたレインの家で。

GM/スポット(以下スポット) 私のこと……ずっと覚えていてくれる?
レイン ああ、もちろん。約束だ。
スポット はい、これアタシからのプレゼント。(ピアスをつけて)これがあれば、いつ見ても私のこと、思い出すでしょ?
朱雀 うーん、お返しのプレゼント、楽器とかどうでしょう? 音楽家だし。
GM バードコールとかは? なにか彫刻をしたやつで。
朱雀 お、それで。鳥の木の彫刻があって、止まり木のところが回転して音が鳴る。)
レイン ――ありがと。じゃあ……(チェストに乗っていたバードコールを手渡し)これ。俺の手作りだから、あんまり綺麗じゃないけど。
スポット ありがとう。大事に……するね。
 満月が差し込む部屋で、名残惜しい時間は過ぎてゆく。月は傾き、朧に見える影が長くなって。
レイン ……も、もう遅いから送るね。
スポット そ、そうね。ごめんね、明日も朝早いのに。
レイン だ、だいじょうぶ。

 永遠に思えた短い時間で、それでもいえなかった言葉。
 それは5年の時を経て、ベッドに並んで座って二人、ふたたびこの場所で――

スポット 実は……正式に軍に入らないか、ってゲンブさんに言われてるんだ。手当てが出るようになれば、お父さんやお母さんにも楽させられるし、私もいろんな世界を見てみたいの。
レイン 俺とでも、いろんな世界は見れるだろ? 俺と……いっしょに来て欲しい。
スポット (逡巡)――うん。いっしょに、行く。いまのレインの言うことなら、何だって信じられる。じゃあ、あしたゲンブさんにお断りしなくちゃ。
レイン ワケはいえないけど、ゲンブは危険だ。だから……
スポット うん、でも挨拶だけはしなくちゃ。気をつけるね。
レイン ああ、気をつけて。
スポット ……
レイン ……

 すこし身体を近づけて、触れた手に驚き、視線が一点に集まる。ふと気まずくなってレインが視線をそらすと……
地下のワインセラーから、大量のワインが出された形跡が。
(その後のジョナサンを見たものはいない。一説には窓から投げ捨てられ、ワインの空き瓶をぶつけられたとかぶつけられないとか。ちなみにこのとき、窓の外にはクローゼ、クローゼットにはウサミミがいたとかいないとか。ウサミミは特技まで使って隠密判定を成功させていた)


 そしてその直後のマスターシーン、翌朝。朝早くスポットはゲンブに断りの返事をするため、家を出た。


 さらに次のシーン。家で楽しい朝ごはん(5年前のパンをウサミミの口に押し込んだり)をしていると、スポットの父サントスが飛び込んできた。

GM/サントス スポットを、スポットを知らないか?
レイン いえ、知りませんが?
サントス 朝早く、軍の駐屯地へ行ってから、戻ってないんだ。すぐに戻るといったのに!
レイン ……まさか!
GM じゃあここで全員、【知覚】で判定して。難易度は15。(かなり高い)
一同 だめだ! 失敗!
レイン 振りなおしてもダメ……特技で結果を知る!
GM OK。ふと耳を澄ますと、微かに音が聞こえてくる。

「きゅいきゅいきゅいきゅい……」

GM そう、それはスポットに渡したバードコールの音。レインだけに届いた、彼女の悲鳴!
レイン !!! その瞬間に飛び出します!

 このシーンで、GMと朱雀のテンションが大爆発! PL一同のモチベーションも急上昇!!
クライマックス直前にこのシーンができたことを本当に幸せに思います。



 戦闘は加護の加減が難しいと感じたり。うまく「加護の量を読ませる」のが難しいです。
ともあれ初PLのむっくも満足してもらったようで、それがなによりでした。

よし、これからもどんどん遊ぶぞー!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

むっく覚醒への道 ~序章~ byえび

2006年11月20日 20時01分01秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
本日は木曜に開かれるALFセッションの打ち合わせや、
むっくの誕生日に行われるセッションの話などをしていたのでございます。
参加者はむっく、朱雀、急須屋、てーしおでいいのかな?
参加以外で遊びにくるのも歓迎ですが、その場合は事前にご連絡を。
現時点では上に挙げた人以外が来ることは想定しておりません。

とりあえず、ロベルトが引退にあたり現役にいろんなものを遺しておこうと。
TRPGに関するあれこれをむっくに仕込んでおかなければと。
ということでむっくを覚醒させるべく様々な手段を講じているのだとか。
楽しみでもあり、恐ろしくもあり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪獣は楽しく暴れまわる Byむっくん

2006年11月17日 01時02分13秒 | TRPG関連
 今回は文化祭開けの幹部お疲れの意味も少しだけあったアルシャードffウインカスターフォーチュンサービスセッション「怪獣激対戦」を行いました。その内容は町に現れた危険な怪物を撃退して平和を取り戻そうといった、特撮物によくあるお話です。ちなみにタイトルの怪物はPLと置き換えて下さい。
 さて、物語はとある火山のマグマの中で寝ていた怪獣(バードソ)が目覚めて都会に現れて暴れだす、それを散々放置しつつやっと合流を果たす一行。まだまだ観察、もとい放置してやっと重い腰を上げたのは周辺の戦力がすべて全滅した後に対策本部の人間に頼み込まれたから。後は怪獣を囲んでクライマックスです。以上長々と物語でして、

ハンドアウト
PC1;価額得そう隊の隊員、過去に巨大隕石と衝突しそうになったりしなかったり。因みに価額得そう隊とは…自由に設定して下さい。

PC2;ミッドガルド観測に来た宇宙人・こうてん観測員で340号。こうてんをどのように変換するかはPLの自由。

PC3;昔TOKYO湾に現れたタッコンダとザザーソの戦いに巻き込まれた青年。そこで少年と仔犬を助けようとして命を落としてしまう男を見て感動した事があるとかないとか。

PC4;TACに通って勉強している。ちなみに男女どちらでも可。男児ならば元パン屋の運転手、女児ならば看護婦を希望。

PC5;母親から不思議なバッチを与えられて超人的な力を得た。たくさんのお兄さんと呼ぶ存在がいるらしい。ちなみに「お兄さん」以外の呼び方でも可。

 まぁ、我々の世代ならば通じるネタかと(笑)。本日は昼休みに久々に出没した
セッションを知らなかったえび先輩が4限暇ということなので、私が授業中にキャラ作成を手伝いをするとだけ話を聞いていたのですが…。5時ぐらいに戻ってみると、

えび先輩「むっくん、このキャラでセッション参加してイイ?」
むっく  「…。既にPLが5名居るのですが(汗)。しかも、これガイアのデータで作ったものじゃないですか。」
えび先輩「じゃぁ、コッチで。コッチは順当なキャラを作ったよ。」
むっく  「(もはや、拒否権無しですかそうですか。)」

 そして始まったわけですが、もはやNPCの乗っ取りは当たり前。そのくせカオス。そしてS。いやはや、六甲祭の疲れが見えない元気なPC達ですな!(ぐったり)。

いつもどおりPLの名前は伏せて、後で各自がコメントしてくれることを期待しつつ。
キャラ紹介
 PC1;フレック(ヴァルキリー3/ファイター2)
価額得そう隊の戦艦隊員。バーゲンと聞けばひとっ飛びで駆けつける。仲間がバーゲンに向かう際に事故にあったため、代わりにバーゲンに向かうことから物語が始まる。ツインガトリングを持って戦う姿や勇気はすばらしいが、動機があまりにも不純すぎる気がする…。
フレック「バーゲンの仇!!」

 PC2;メゾ(ファイター3/スカウト1/ジャーヘッド1)
某漫画のマスコットキャラクターらしい(GMは原作を知らない。)宇宙人で「きゅ~」と鳴き、人語をしゃべった形跡はない。体調20cmぐらいのぬいぐるみに入っており、それにはチャックが付いている。中身が気になるところ。
メゾ「キテレ~ツ外人♪」

 PC3;リックス=ハーゲン(ブラックマジシャン4/ウィザード1)
町の学園のエリート。男のカッコイイ救出劇を見て他人を思いやる気持ちを知ったらしいがやはり命の危機が迫ると自分だけ逃げる、逃げる、逃げる。その始まりの後は不幸な星が彼の頭上に輝いているとしか思えない苦行ばかり。
リックス「こんなときに何やってるんだ皆。俺は逃げる。」

 PC4;サドハラ・セ・メーテル(ホワイトマジシャン4/フェアリー1)
ドモホルンリンクルを飲める年齢らしい。女看護士で、他キャラを拉致○禁して怪しげな実験を行っていると思われる。ちなみに、普段は白い服だが、ブレイクするとミサ服になる。
サドハラ「くすくすくす。」

 PC5;エレクトロ(エイリアス2/パンツァー2/オウガ1)
ご主人様に仕えるオーガな密偵。妖精の羽をはやして、バイク乗って、身体はガッチリ…もはや改造人間としか思えない。
エレクトロ「ご主人様応援を。」

 PC6;城下 東右衛門(ファイター2/サムライ2/ハンター1)
子犬を連れた少年を救うため身を挺したことがあだとなり、暫くの監禁生活を送ることになる状況から始まる。旅の知識を生かした戦術を使うが、高い所に登って台詞を決めるお茶目なところがある。
東右衛門「早く、ヤシマへ!」

 各自のエンディングはまだ見ぬヤシマの市に胸を躍らせるフレック。友への置物にぬめりとした物が入ったぬいぐるみを残して去るメゾ。それを受け取って研究するリックス。ヤシマに逃げ帰ろうとしてエロクトロに連行される東右衛門。怪しげな施設で診察を行うサドハラ。エンディングがハ、ハッピーエンドナ感じがしない。



え~、まぁはっちゃけたセッションは反対ではないですし、今回は六甲祭の鬱憤晴らしが目的なのでアレですが、今後少しはGMに手加減(配慮)すべし(`・ω・´)。兎に角、最期まで付き合っていただき、物語を楽しく演出して下さったPLの皆さんお疲れ様でした。有難うございます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

六甲祭二日目(遅くなっちゃったけど) byゴンタ

2006年11月14日 00時03分54秒 | 定例会・公式行事報告
六甲祭二日目は生憎の曇り空の中行われました。
二日目は一日目と違い内装の準備もできているため、活動開始の十時まではイントレ練習に励む者、DSを取り出す者、内装強化のためディスプレイのヒーロースケープの世界に新たな住民を投入する者や、黒板に謎のマスコット『パチンコモンスター』、縮めて『パチモン』を描きだす者など各人思い思いの行動をとっておりました。

しばらくして、十時になり営業開始ですが…、人が来ない!!一日目は雨のせいか朝から来て下さる方もいらっしゃったのですが。
去年も人が来るのは昼からだったはずと待機するのですが、今年はゲーム大会もあるので参加希望者が一人もいない現状に不安が…。

しかし、昼前あたりからちらほらとお客様が。一日目と違い、大きいゲームでは『チケット トゥー ライド』が動く、動く。一日目のポンペイといい、何が動くかは予想ができないということを思い知らされました。

そして、一時半より今年のメインイベントである、6ニムト大会が始まります。
結局、参加希望の予約表は0人でしたが、昼過ぎから体験会に来てくれてそのまま参加してくださった方や、一日目に来てくださり「面白かった」とのことで飛び入り参加してくださったりで、参加者はなんと14人となりました。
部に三つあるはずのニムトがなぜか二つしかなく大所帯の2グループに分かれての予選となってしまったのが残念でしたが、大会は概ね成功に終わったと思っています。
参加していただいた皆様ほんとうにありがとうございます。

大会終了後も閑古鳥が鳴くこともなく、荷物置き場も含めて全卓が埋まる時間帯があったり、去年も来てくれた方、さまざまなゲームを遊んでいかれる方もおられたりで全体的に見ても今年の六甲祭は成功に終わったといってもいいと思います。

ゲーム体験会に来ていただいた皆様ありがとうございました。よろしければ来年も是非お越し下さい。

部員の皆さんどうもお疲れ様でした。私は今回ずっと教室に詰めておりましたが、十分に六甲祭を楽しむことができました。皆さんのはたらきのおかげですほんとうにありがとうございます。

最後に、今回の反省点も踏まえて、来年の六甲祭はより良いものになればと思います。来年の六甲祭担当が誰かはわかりませんが期待していますよ~。

いやぁ、楽しかった!!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

六甲祭明け初日・・・ by急須屋

2006年11月13日 22時45分15秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)
ものすごく久しぶりな感じのするブログです。
今日は六甲祭の次の日だけれど、なかなかの人数が来てました。
しかし全員テンションダウン・・・疲れてるんだよう。休みたいんだよう。
ということでみんなゲームはほどほどにして木曜日に行われる予定のむっくがるどのキャラを考えていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六甲祭します!

2006年11月12日 18時00分00秒 | 定例会・公式行事連絡
SF研究会は神戸大学六甲祭に出展します。

日時・概要


日時:2005年11月11日(土) 10:00~17:00  12日(日) 10:00~16:00
場所:神戸大学六甲台キャンパス 第Ⅲ学舎203教室
その他六甲祭については神戸大学六甲祭公式ウェブサイトを参照ください。
内容:ボードゲーム体験会

出展内容


 未経験者を対象にボードゲーム体験会を行います。
「6ニムト」「ノイ」などの簡単なカードゲームを中心に、
要望があれば多少大掛かりなものもやってみる予定です。
所要時間は短いもので10分、長いものでも
1時間程度あれば終わるものでいきます。
 未経験者・初心者も大歓迎です。
ちょっと空き時間ができたとき、歩きつかれて座りたいと思ったとき、
ぜひいらしてください! お子様連れも歓迎です。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2006年六甲祭 初日

2006年11月11日 21時11分59秒 | 定例会・公式行事報告
 初日の今日、前日の深夜の激しい雨と雷程ではないにしてもポツポツと雨が降っていたため、朝のロベルト先輩の酒処予定が来るってしまう事態が発生しました。様々なややこしいことが起こった後、結局午前中にはボードゲームのみを運ぶことになったのですが…。其の時にロベルト先輩宅に集まったメンバーの数は6人(くさの先輩、ロベルト先輩、ゴンタ君、朱雀君、むっく君、ミドリ君)。車の席は5。朱雀君が荷物と一緒に後部座席に乗ることで決まったのですが…。六甲台に到着して本人曰く「犬の散歩してたおばちゃんにめっちゃ驚かれた。口開いてたし。」とのこと。くさの先輩運送有難うございました。

 そんな感じでさえない天気の中スタートしたわけですが、午前中はお客さんも雨と同様ポツポツしか来られずゆっくりの出だしです。そのままゆったりと時が流れ、気づけばはや12時前。残念ながら私は午後は授業のために席をはずしていたので午後の報告はどなたかコメントの方にお願いします。

 その後、酒処ロベルトは雨が上がったので午後から営業は開始できました。流石ロベルト先輩は晴れ男です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加