神戸ボードゲームの会へようこそ!

平日昼休み 放課後 見学自由
毎月第4日曜に定例会やってます

僕らの夏の夢 byぐれそ

2017年07月17日 18時51分39秒 | 今日の活動報告(昼/放課後/その他)

もうほとんど夏ですね。

嫌になるほど暑い日が続きますが、ふと空を見上げた時見える青空はあぁ夏だなぁと思わせてくるので好きです。

どうも、ぐれそです。

久しぶりにブログ書きたいなぁと思っていたららぎさんが譲って下さいました。

ありがとうございます!

それでは7/14(金)放課後活動の報告です。

 


・モニャイの仮面

びっくりするほど斬新なゲームシステムが魅力のボードゲームです。

曰く、「VRボードゲーム」

スマホをセットしたヘッドマウントディスプレイに映し出される空間の映像を口頭で仲間に伝えて、その情報を元にその空間の地図を作って行くというゲームです。

僕は横から(ふるよにをしつつ)見ていただけではありましたが、もう見るからに楽しそうなボードゲームでした。

ぜひ機会があればやってみたいですね。

 

・桜振る夜に決闘を

通称「ふるよに」

ボドサーの中にも熱狂的な信奉者が存在していることでも有名かもしれません。

ついこの間トクPさんが全国大会に出場してらしてましたね。

1vs1のデッキ構築型カードゲームです。

開始時、それぞれのプレイヤーは二人のメガミと呼ばれるキャラクターを選択します。

そのメガミに付随するカードを合計10枚選んで戦うというシステムです。

各メガミが実に個性的な性能を持っており、その上でゲームシステムが絶妙なバランスで出来上がっている点が素晴らしい。

どのメガミにもほぼ必ず弱点が存在しているので強キャラと相対してもいかにその弱点をつくかに腐心すれば勝てる……はずです。

僕も最近トクPさんから1セット預かりましたので布教に専念してるかもしれません。ぜひやりましょう。

 


さてお題。

なにやら僕を名指しで当てて来ているお題があるような気がしますが、折角なので両方答えときます。

地元のこの夏のおすすめスポット

僕地元は京都ですので、やはり祇園祭は挙げとくべきでしょうか。

山鉾巡行やトンチキチンと奏でるお囃子はぜひ一度楽しんでいただきたいとは思います。

たぶん祇園祭の時分でしか食べられないであろうお菓子に「粽(ちまき)」というのがありまして、甘いお餅を笹の葉でくるんだお菓子なのですが。

笹の葉の香りと独特の触感がクセになります。ぜひご賞味ください。

ですが如何せん人が多い!

つい昨日もボドサーの京都勢の人達と祇園祭を軽く歩いてきましたが、流石に疲れましたね。

夜遅かったのを鑑みるとアレでもまだマシな方なんだろうなぁと思うとちょっと気が引けてきます。

あと、帰りの電車は人の多さ的な意味で割と地獄なので出来ることなら京都に寝床を用意しておくと気が楽です。

 

さてメインディッシュ。

倒錯した愛情についての具体的な妄想

twitterで「倒錯した愛情ほど好きな物はない」とか呟いたのを目ざとく見て下さったのか、お題を残しておいてくださいました。

嬉しいですね。

ブログのせいで僕はやれ変態だのやれ頭がおかしいだのアブノーマルな趣味だの色々と言われていますが、実のところ僕は「倒錯した愛情が好き」なだけなのですよ。

ふつーですふつー。「倒錯した」と「普通」は明らかに矛盾する概念ですけどね。

とはいえ、なかなか難しいお題。

今日はあまり文章が沸き出てこないので軽くだけ語ります。

好きなのを一つ挙げるなら所謂ツンデレもその一つだといえます。

ですがただのツンデレではもはや足りない!

巷にありふれている安直なツンデレも好きといえば好きですが正直食傷気味です。

お前もうツン成分ないやん、っていうツンデレばかりではないでしょうか。

ここはあえてほとんどツンしかないツンデレを推したい。

具体的なキャラクターを上げるなら、終物語の老倉育ですね。

主人公の事が嫌いで嫌いで大嫌いで憎くて仕方がないのに、その実自分自身は「主人公で出来ている」

すばらしい。やはり西尾維新は天才。

 

まぁ僕も結局のところは何か変わったキャラクターが好きなだけなのかもしれませんけどね。

TSとか女装モノとか男の娘とかが好きっていうとだいぶ引かれますけど。

せっかくなのでおすすめの女装モノを紹介しときます。

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件

 ……何かタイトルからして瘴気を発してる気もしなくもないですが、これは面白いですよ。

これは僕が卒業旅行でNZで行ったときに、友人のK(中学時代の小説書きあってた奴)から借りた本でして。

ホームステイ先で心細くなってる僕の心に刺さりまくった一冊です。

この本のおかげで無事僕は日本に帰ってこれたのではないかとさえ思います。

若干女性向きな趣がありますが、ぜひ読んでみたらいいんじゃないですかね(投げやり)

 


では最後に次のお題。

最近はあまり鬼畜お題を出さない傾向があるようなので僕も控え目にしましょうか。

『夏』をテーマに何か語る

細田守監督「サマーウォーズ」を見てから僕は夏が大好きになりました。

なんかてきとうに夏について語ってください。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PPTQ参加記念~リミテ編~ by... | トップ | メイクサムノーーーーーーー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の活動報告(昼/放課後/その他)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。